【実録】ウーバーイーツ運んでみたらえらいこっちゃ

■“一回戦終了後”のカップルに届けた焼き肉弁当

▲労働意欲がそがれる梅雨が到来しました イメージ:PIXTA

配達員にとって、地獄の季節がやってきましたね。ジメジメとした梅雨の季節は憂鬱です。雨の日の運転は集中力が必要ですので、精神的にも疲れますし、スピードを出せないから配達数も稼げません。無理をして、マンホールにタイヤを取られて転んでケガなんてした日には、治療費すら稼ぐこともできないかもしれません。

一方、梅雨が明けると気温がグングン上がり、30℃を超える真夏日、35℃を超える猛暑日となる日が増えますので、熱中症を避けるためにも太陽が出ている時間帯の配達は注意が必要です。というか、クーラーのきいた部屋でグターっとだれてしまいます。自然と収入が激減しますが、かといって無理して働くと命が危ない。いやぁ、我々にとっては試練の季節です。

……申し遅れました。私、ウーバーイーツの配達員をしながらライターもやっているWです。毎回、導入部でグチが長くて恐縮です。 今回は私が経験した、変わったスポットへの配達について書いていこうと思います。

お昼の時間帯はオフィスへ、夕方以降の時間帯はお客様のお宅や、宿泊先のホテルに届けるというのが一般的なパターンのウーバーイーツ配達。ですが2年半も配達していると、こちらが予想しないような場所への配達指示をもらうことがありまして……。

▲一人でラブホテルの敷地内に入る不自然 イメージ:PIXTA

配達員を始めたばかりの2017年の注文で驚いたのは、都内某ラブホテルへの配達です。

当時のウーバーイーツは、知る人ぞ知るといった存在で、配達員も渋谷や六本木以外のエリアでは、ほとんど見ることがありませんでした。 現在のようにサービス提供時間も決まっておらず、深夜3時とか早朝5時に配達の依頼が来ることもしばしば。辺りもまだ真っ暗の午前4時に依頼を受け、深夜営業の焼肉店で弁当を受け取り、配達開始のボタンを押すと、指示された場所はホテル外のど真ん中だったのです。ご丁寧にホテルの名前と部屋番号まで記されています。  

えっちらおっちらと自転車を漕ぎホテル街に突入した私は、駐車場の入り口にあるワカメのようなのれんをくぐり、駐車場に自転車を止めてホテルの中へ。ちょっとした背徳感を味わいながら指定された部屋へ行こうとしたところ……さすがにフロントで止められてしまいました。宿泊されているお二人のお顔が見れず、残念です! まぁ、部屋まで行ったところで、扉のところには男性の方しか出てこないんでしょうけど、ちょっとしたドギマギを経験した配達ではありました。

■膝枕のコスプレ美女に「こんにちは」

▲荷物チェックは大きなタイムロスになる イメージ:PIXTA

港区、品川区辺りを配達しているとたまにあるのが、大使館への配達です。大使館は、繁華街から少し外れた地域にあるケースが多く、ランチが不便だそう。だからなのでしょう。意外と注文があるんです。大きい大使館だと、建物の前で注文者さんに料理を渡すことが多いのですが、オフィスビルのワンフロアだけが大使館というケースでは、そのまま館内に入って直接渡すこともあります。

そんな大使館への配達で一番面倒だったのが、某超大国の大使館への配達。配達指示に「商品を直接渡す」と書いてあったので大使館の中に入ってみると、セキュリティーチェックが厳重で、門を通ってからお渡しするまで15分ほどかかってしまいました。きっと注文をした大使館のスタッフも、チェックを受けるのが面倒で「商品を直接渡す」という指示をしたのでしょうね。その分、私は配達する料理まで調べられて、大変な目に遭いました。

一方、コロナ前に夜22時以降の注文でよく届けていたのが病院です。宿直のお医者さんたちも体力勝負なのでしょう、すた丼などのガッツリしたメニューを頼むことが多く、病院によっては医局の中の先生のいる場所まで直接届けることもありました。我々の命を守るため緊急事態に備える先生に食事を届けると、自分も少しは世の中の役に立てていると思えて嬉しかったのですが、コロナの影響なのか、春以降、病院への配達はなくなってしまいましたね。

秋葉原のちょっと怪しいお店にデリバリー イメージ:PIXTA

最後に、2年半の配達生活で一番驚いた配達の話をしましょう。都内のカフェでサンドイッチとドリンクのセットを受け取り、注文先を確認すると、アプリに示されたのは、とある秋葉原の雑居ビルの住所でした。自転車を漕ぐこと十数分。ビルの前に停めてエレベーターに乗り、指示された階のボタンを押してから、その階にどんなテナントが入っているかを確認して一瞬ポカン、としてしまいました。

フロアに着きエレベーターの扉が開くと、そこには「●●リフレ●●●秋葉原店」の受付カウンターが。おそるおそるお店の人に尋ねると「あ、それなら4号室で」と言われ、指示された部屋に入ると、制服を着た女の子に膝枕をされている男性の姿が。側室の部屋に夜伽に来ているお殿様に夜食をもっていく小姓の気分です。

こちらは商品を渡したら任務完了なので、膝枕されている男性にカフェで受け取った商品を渡して、そのまま店を出たのですが、制服を着た女の子といちゃいちゃするプレイ中にウーバーイーツを利用するとは思いませんでした。ちょっとした羞恥プレイの一種だったのでしょうか?

それにしてもみなさん、いろんな使い方をしているのですね。また変わった場所に届ける機会がありましたら、みなさんにお話ししますのでお楽しみに。

〈Uber Eats配達員W〉

関連記事(外部サイト)