福島駅“唯一”の立ち飲み屋で味わう小粋なひとり酒

■福島の立ち飲みはソーシャルディスタンス◎

福島にいます。

小さい頃、猪苗代湖に遊びに来た記憶はありますが、大人になってから訪れたのは初めて。いやあ、いいところだなと思いました。まず食事がおいしい。おコメはもちろん、福島牛と呼ばれる銘柄牛もうまかった。桃も有名ですね。

あとは、人がいい。寡黙であまりしゃべらないんだけど、人懐っこい。会う人会う人「どこから来たの? 東京? わざわざありがとうね」と言ってくれるんです。嬉しいじゃないですか。これまで生きてきて、こんなに感謝されたことありません。

フレンドリーだけどシャイ。地元のことが好きだけど、自分で言うのは恥ずかしいみたい。だから私が「福島っていいとこですね」と言うと、ちょっと照れたような笑みを浮かべるのです。福島いいぞー。

▲福島で立ち飲みを探します

閑話休題。私のライフワークである立ち飲みのお話に。

地方に行くと、立ち飲み屋を探してしまいます。すると気付くんです。県庁所在地ともいえる大きな街でも、ほとんど立ち飲みがないことに。土地が多分にあるから、きゅうくつな作りにする必要がないんですよね。「せっかく来たんだから取材でも」とスマホで探したところ、1軒しかヒットしない。おかしいな。この連載の存続に関わる問題に直面しました。

これはアレだな、福島の人はシャイだから、立って飲むことを公言しないんだな。なんて思って駅周辺をブラブラしても、立ち飲みの気配はなし。立っているのは電柱ばかり。

というわけで、たった一軒だけヒットした(私調べ)お店に足を運んだのですが、これがいい意味で予想を裏切る良店だったので、ご紹介したいと思います。

▲東京でも暮らしていたというマスター

『立ち飲みkakato』は福島駅から東に10分ほど歩いた、飲食店が立ち並ぶエリアにあります。外観はすっきりしていて、扉も広くてガラス張りだから中がよく見えますね。これまで行った店と違ってなんだかスタイリッシュだけど、酒を飲みたい気持ちにまっすぐな私は臆することなく扉を開けます。

「いらっしゃい」

最初に入って驚いたのは店の広さです。東京の立ち飲みといえば、まさにうなぎの寝床と形容されることもあるように、狭くて細長い店が一般的。狭い土地を有効活用しようっていう、いじましい気持ちが伝わってくるんですが、やはり福島は土地があるんでしょうな。

▲爽やかなブルーが涼しげ

きれいなブルーで統一された内装は、聞けばマスターが自ら手がけたんだとか。いいね。映画の中にいるみたいだ。置いてある調度品も器も気が利いている。

メニューをながめるとクラフトビールがたくさんあるようですね。散々迷った挙句、メニューの下の方にあったハイボールを頼んで、乾杯します。なぜならハイボールとチューハイは痛風持ちにもやさしいお酒だから。?

▲糖質ゼロが嬉しいハイボール

「お疲れ様でした」

店主がニコッと笑ってくれて会話が始まりました。

■慣れないクラフトビールをグビリ…プハッー!

▲さぁ飲みましょう!

「昔、東京にいたので、立ち飲み屋というスタイルがいいなと思っていたんです。おそらく福島駅周辺で唯一の立ち飲みですよ」

立ち飲み屋のアットホームさを再現したかったという店主が、他のお客さんと話している間に、スマホでお店のことを検索したんですが「立ち飲みっておしゃれ」という口コミを見つけて、私は心底驚きました。

立ち飲み=おしゃれ

だったら私はおしゃれの最先端にいるのでしょうか。おかしいな。どうやら立ち飲みは、ここ福島になかった文化だったようで、スタイリッシュな雰囲気もあいまって、瞬く間に人気店になったようです。

▲「チーズクラッカー」(450円)

?つまみもいいんです。クラフトビールのお店で梅水晶なんか探しちゃいけません。ここは迷わずチーズとソーセージ。チーズの話はまた改めるとして、ソーセージってなんであんなにうまいんでしょう。孫を見るような慈愛に満ちた目で見つめてしまいます。?

▲マスタードをたっぷりつけてどうぞ

「食べてしまいたいくらい好き」という表現がまさにぴったり。目で美しいカーブを愛で、歯で食感を楽しみ、最後に舌で肉のうまみを堪能する。プチッという音とともに、ジュワーとあふれる肉汁。

もし私が人間に生まれ変わったらソーセージの肉汁の産湯につかりたいな。双子だったら、なおいいですね。双生児なんて。あはは。?

▲鉄製のフライパンでジュージュー焼きます

ハンバーガーも人気です。100gもあるパティ。ボリュームたっぷり。最後にこれでしめたいですね。

▲肉々しい食べ応えのハンバーグ(600円)

こうなったらクラフトビールも頼んじゃいましょう。「難しそうだし頼みづらいと思ったら、店の人に聞けばいい」と教えてくれたのは誰だったか。クラフトビール好きは嬉々として教えてくれるんですって。料理に合う酒だって選んでくれる。困ったら頼る。そしたら相手も喜ぶ。日本酒みたいに講釈たれるご老公もいない。クラフトビール屋は、もしかすると酒飲みの理想郷じゃないか。?

▲マスターに相談しながら飲みましょう

外観も内装も店主自身もしゃれているけど、オーダーが入ると、つまみを一生懸命に作ってくれるのが見える。聞けばお酒のことも丁寧に教えてくれる。横文字のクラフトビールが看板でも、手作りのぬくもりがある。だから私はこの店が気に入った。

いやぁ、いい気持ちだ。だから私は勇気を持ってスマホを取り出し、帰りの電車を予約しました。お尻の時間を決めないと、このまま長っちりになっちゃいそうだから。いい店というのは磁石みたいな力をもっているんです。

「もっと飲みたい。でも、帰らなきゃ」

この“ひとり貫一お宮”こそが、酒飲みの真骨頂。後ろ髪を引かれたまま後にするのも悪くないですよ。

「ごちそうさま」

福島から新幹線に乗って東京に帰ります。さて次はどの店に行こうかな。ふらりふらりと次の街へ。

〈店舗情報〉
■立ち飲みkakato
住所:福島県福島市大町9-14
電話:090-7067-6916
営業時間:16:00〜23:00(月〜金)
定休日:日曜・祝日(場合により開店)
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店前にご確認ください。

関連記事(外部サイト)