都会で暮らす人は腸内細菌が少ない!悪玉菌を増やす食事を見直そう

厚生労働省による日本人の死亡原因でトップとなっているのが「がん」。現代人の偏った食事は腸内環境を悪化させ、活性酸素が発生する原因となっており、星子クリニック院長の星子直美医師に、活性酸素とがんの関係について聞いた。

※本記事は、星子尚美:著『腸のことだけ考える』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■動物性の脂肪やたんぱく質は悪玉菌の大好物p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; text-indent: 11.0px; font: 11.0px 'Hiragino Mincho ProN'}p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; text-indent: 11.0px; font: 11.0px Times; min-height: 13.0px}p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; text-indent: 11.6px; font: 11.0px 'Hiragino Sans'}span.s1 {font: 11.0px Times}span.s2 {font: 11.0px 'Hiragino Sans'}span.s3 {font: 11.0px 'Hiragino Mincho ProN'}

バターや肉の脂身を想像していただくとわかりますが、動物性の脂肪は常温では固まっています。それらを食べると、体温37℃くらいのヒトの体内でなんとか溶けはしますが、サラサラではなくドロっとした状態で留まります。

ヒトの消化器には脂肪の分解を行う酵素もありますが、動物性の脂肪は消化・吸収に時間がかかり、長く腸内に留まるのです。

これら動物性の脂肪やたんぱく質を待ち構えているのが、大腸に棲みついている腸内細菌たち、なかでも大腸菌やウェルシュ菌などのいわゆる悪玉菌たちです。

悪玉菌たちは動物性の脂肪やたんぱく質が大好物なので、それらを食べては増殖し、アンモニア、インドール、スカトール、アミン、硫化水素など、いかにも悪臭がしそうなガ スを生成します。「クサい」だけならまだマシかもしれません。

しかし「クサい」のはこれらの物質の毒性を反映しています。実際、これらのガスは有毒です。これが腸壁から吸収されると血液に乗って全身に運ばれ、細胞を傷つけます。

例えばアンモニアは強いアルカリ性物質であり、柔らかい腸壁の粘膜を傷つけます。アミンは有名な発がん物質です。硫化水素にいたっては、吸い込むと死にいたるという有毒ガスです。

もちろん、日常的な発生量は命に関わるほどではありませんし、ヒトの消化器にはこうした物質の毒性を中和する働きがあります。そして、野菜や豆類、果物など食物繊維やビタミン類が豊富な食べ物を一緒にたくさん食べれば、やはりそれらの毒性は中和されるので、大きな問題にはなりません。

▲食物繊維やビタミン類が豊富な食べ物 イメージ:PIXTA

ただし食事内容や生活習慣によっては、そんな恐ろしい有毒物質が毎日のように発生することになり、それが血液に乗って全身に回ってしまうのです。

■手軽な食事ばかりだと腸内環境は悪くなるp.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; text-indent: 11.0px; font: 11.0px 'Hiragino Mincho ProN'}p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; font: 11.0px 'Hiragino Mincho ProN'}p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; text-indent: 11.6px; font: 11.0px 'Hiragino Sans'}span.s1 {font: 11.0px Times}span.s2 {font: 11.0px 'Hiragino Mincho ProN'}span.s3 {font: 11.0px 'Hiragino Sans'}

腸内細菌や腸内環境に関する注目度は世界的に高くなっています。というのも、今日では日本人だけでなく、先進国全般で食事が肉や乳製品など動物性のものに偏る傾向が強く、腸内環境が悪化しつつあるからです。

テキサス大学の研究で、人類の進化と腸内細菌の変化の相関関係を調べて発表したものがあります。同大学の研究チームは、世界各地の類人猿(チンパンジー、ゴリラ、ボノボ等)とアメリカ人、ヨーロッパ人、ベネズエラの熱帯雨林の原住民、アフリカはマウイ共和国やタンザニアの人などの便を収集し、それぞれの腸内細菌を調べました。

その結果、類人猿にも人間にも同じ腸内細菌が棲んでいること、しかし細菌の構成比が大きく異なること。そしてヒトでは、先進国の住人とそうでない地域の住人では大きな違いがあることがわかったそうです。

その大きな違いとは、腸内細菌の数です。先進国の住人ほど腸内に棲んでいる細菌の数が少なく、また減少し続けていることがわかりました。しかも都会に住むほど、その傾向は強くなるようです。

ただ腸内細菌は、もちろん善玉菌優位であることが重要ですが、なるべくたくさんの種類の細菌がいるほうがよいのです。腸内細菌の種類が豊富で多彩な仕事をしてくれることが、肥満や糖尿病やがんなどの病気を防ぎ、私たちの健康につながります。

なかには、そうした病気を誘発する細菌もいますが、腸内細菌のバランスが良ければ問題ありません。食生活の違い、そして生活習慣の違いは腸内環境に如実にあらわれます。

やや大ざっぱに言ってしまうと、レトルト食品や加工食品、外食など、楽でお手軽なものやおいしいもの(本当の意味での「おいしさ」ではないですが!)ばかり食べていると 腸内環境は悪化する、ということが全体的な傾向として言えると思います。

▲手軽な食事ばかりだと腸内環境は悪くなる  イメージ:PIXTA

?ちなみに、農薬まみれの食材や抗生物質の乱用も、腸内環境を悪化させます。

■活性酸素が発生しやすい環境で暮らす現代人p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; text-indent: 11.0px; font: 11.0px 'Hiragino Mincho ProN'}p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; text-indent: 11.0px; font: 11.0px Times; min-height: 13.0px}p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; text-indent: 11.6px; font: 11.0px 'Hiragino Sans'}p.p4 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; text-indent: 11.6px; font: 11.0px Helvetica}p.p5 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; text-indent: 10.8px; font: 11.0px 'Hiragino Mincho ProN'}p.p6 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; text-indent: 10.8px; font: 11.0px Times; min-height: 13.0px}p.p7 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; font: 11.0px 'Hiragino Mincho ProN'}span.s1 {font: 11.0px 'Hiragino Sans'}span.s2 {font: 11.0px Times}span.s3 {font: 11.0px Helvetica}span.s4 {font: 11.0px 'Lucida Grande'}

最近では、がんと活性酸素の関係はよく知られていると思います。活性酸素は細胞のがん化、増殖と深く関わっており、がんのあらゆる段階で悪化を促進させています。

がんは、正常な細胞が遺伝子の突然変異によってがん化することで始まります。この遺伝子に傷をつけて配列を狂わせるのが、活性酸素だと考えられています。

と言っても、ある日突如として「活性酸素」という新しい物体が細胞に入り込むわけではありません。もともと細胞内には酸素によってエネルギーをつくり出すミトコンドリアという微小な組織があり、活用する酸素の一部が常に活性酸素に変化しているのです。

しかし、そんな日常的なレベルの「傷」は、普通は体内の除去システム(がん抑制遺伝子、 抗酸化物質)によって修正されます。しかし活性酸素の量が多すぎたり、抗酸化物質の減少、老化などで修正しきれなくなったりすると、細胞ががん化してしまいます。

細胞にはあらかじめ寿命があり、自然死するメカニズムが備わっているのですが、がん 化とともに、そのメカニズムを書き込んだ遺伝子が破壊されると言います。

自然死できない細胞は無限に増殖し、本格的ながん細胞へと変異してしまいます。さらに活性酸素は、細胞壁などを破壊し炎症を引き起こします。炎症が繰り返し起こると修復作業が繰り返されることになり、これも遺伝子の傷、がん化の引き金になります。

なお、体内で活性酸素が発生する原因には、主に次のようなものがあります。

悪玉菌が優勢になる油分の多い食べ物 食品添加物・加工食品 農薬まみれの食材 薬剤 ストレス 紫外線 電磁波 大気汚染 飲酒 喫煙 運動不足・過度の運動

まさに現代人をとりまく生活環境そのものですね。

▲体内で活性酸素が発生する原因 イメージ:PIXTA

関連記事(外部サイト)