一人旅でも大満足! 美味しく楽しい千葉「道の駅」めぐり旅

8月25日に発売が決定した『渡り鳥とカタツムリ』で、取材協力をお願いしているのが、道の駅・ソフトクリーム評論家としてTV番組にも出演したことのある平賀由希子さん。バイクで1000カ所以上の「道の駅」を回りながら、ご当地ソフトクリームを探求! ここでは都内から行きやすい千葉県のオススメ道の駅を紹介してもらった、withコロナ時代の“新しい旅”の参考になるかもしれない。

編集部注:この取材旅行は2020年3月上旬に行いました。

■気軽に行ける「道の駅」には発見がいっぱい!

はじめまして、ユキコです。趣味はバイクで道の駅を回ること。好きなものはソフトクリーム。今まで1日最高で6個は食べたかな。25歳の時に思い立って大型バイクの免許を取ってから、仕事の休みを使って全国津々浦々にある道の駅を回ってるんです。30歳までに日本全県回ったのは、私の自慢です!

▲自慢の大型バイクに乗って「道の駅」を回ります

そもそも何で道の駅かというと、バイクに乗るようになって、あちこちツーリングに行くようになると、休憩する時に道の駅を使うことが増えていって……。それこそ最初は私も「サービスエリアみたいなところ?」くらいにしか思ってなかったし、道の駅を知らない人も多かったと思う。今はテレビで特集されていたり、道の駅を目的地として行く人も増えてきたから、みんな1度は行ったことのある場所なんじゃないかな。

そんな道の駅にハマった理由が、まずひとつがスタンプラリー。各駅にオリジナルのスタンプが置いてあって、地域ごとにスタンプラリーをやっていて、それをやり始めたら全部集めるまで、止まらなくなっちゃいました(笑)。しかも全部押すと、完走認定証がもらえるんです。

▲ハマった理由のひとつ、「道の駅」スタンプラリー

もうひとつがソフトクリームとご当地グルメ。学生時代からずっと飲食の仕事しかしないくらい、もともと食べることが大好きな私。道の駅では、全国の郷土料理やご当地グルメをいろいろ知れるし、食べられるのがすごく楽しい。ソフトクリームも特産の食材で作ったいろんなご当地ソフトがあるんです。食べたことないものは、なんでも食べてみたい性格(笑)。

そうやって全国の道の駅を回っていくうちに、道の駅スペシャリストとして『Drive Nippon!』で道の駅のコラムを書かせてもらったり、いくつかテレビ番組にも出演したり。そして高津マコト先生の『渡り鳥とカタツムリ』の連載が決まった時に、道の駅の部分に関してお手伝いすることになったんです。

渡り鳥とカタツムリ | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/category/comic-002 )

この「道の駅」バイクで一筆めぐり旅では、つぐみさんと雲平くん〔『渡り鳥とカタツムリ』のキャラクター〕が出会った千葉県にある道の駅を紹介したいと思います。

■都内から1時間半で行ける千葉はオススメ

▲第1話の舞台は千葉県九十九里(『渡り鳥とカタツムリ』より)

千葉県はツーリングでよく行く場所。その中でも特によく行くのが南房総で、アクアラインから館山自動車道を使えば都内から1時間半くらいとアクセスもしやすいし、冬でもツーリングできるし、あと南房総の海岸沿いの道が良いんですよね。山の景色が1番好きだけど、実は海も好き。見ると気分がグッと上がって「わーっ!!!」とか「おーっ!!!」とか、心の中で叫んでたりしちゃいます(笑)。

道の駅を回る時は、朝ご飯抜きで家を出ることが多いんです。それはなぜかというと、道の駅には美味しいものがたくさんあるから。この千葉の道の駅に行った時も、もちろん朝ごはん抜きで出発。実は、この日は絶対に食べようと思ってたものがありまして……。

その前に。

最初の道の駅に行く道中、館山自動車道を使えばあっという間に行けるんだけど、それじゃあ全然面白くないなと、君津で高速降りて下道を行くことにしたの。今はバイクにもカーナビを取り付けたり、スマホの地図でナビをする人も多いけど、私はナビが壊れてから基本的に地図メインでツーリングへ。細かいところはGoogle mapを頼りにするけど、家で綿密にルートを考えて、あとは地図を見ながら走るんです。

この日も途中、富津市にある「もみじロード」という道を走ろうと考えていたのだけど、うっかり曲がる所を一つ間違え、違う道に入ってしまったんです。もみじロードは何度も走ったことのある道だから、なんとなく景色は覚えていたけど、なんか全然知らない景色。だいぶ走ってからようやく間違いに気づくという(泣)。

最終的には同じ道に出るから、このまま進めばいいやと走ったけど、ナビがないと、ちょいちょいこうゆうミスが起こるんですよね。まぁそれも、アナログ旅ならではと思えば良いのだけど。これが後々に響くわけです……。

■待っても食べたい! 行列必至の「ビンゴバーガー」

そんなミスはあったけど、無事1つ目の道の駅に到着。「道の駅 三芳村鄙の里」ここは南房総の中でも私のおすすめの道の駅。ツーリングで南房総へ来ると必ずと言っていいほど立ち寄るかな。

何がおすすめかって?

ここはハンバーガーとソフトクリームがおすすめ。敷地内で営業してる「ビンゴバーガー」のハンバーガーを食べるために来たというわけです。

土日は家族連れからライダーやサイクリストで、大行列ができる人気店。混雑必至なのはわかっていたので、お昼前には到着しようと計算して家を出たのだけど、ルートのミスや、思っていた以上に時間がかかって、ちょうどお昼時の到着になっちゃいました。おかげで、大行列に並ぶことになり、注文まで30分待ち。ハンバーガーができるまで更に10分。お腹もペコペコで、待ってる間、時間が長く感じます(笑)。

▲ド派手な看板が目印の「ビンゴバーバー」

パティはビーフ100%で200gのビッグサイズのハンバーガー。そこにトマト、レタス、刻み玉ねぎ、ピクルス、チーズが入っていて、手で持つとずっしり。これ1つでほんと満腹。この日は、待ったぶん奮発してチーズバーガーを注文。肉肉しいパティと、あの食べ応え。これを書きながら思い出していたら、また食べたくなってきました…。

▲はみ出るチーズが食欲をそそります

通常のハンバーガーでもかなりのボリュームなんですけど、いつか1度チャレンジしてみたいメニューがあって。その名も「スーパービンゴバーガー」。200gのパティが2枚(400g!)と、更にベーコンまで入った超ビッグサイズ。雲平くんにはぜひチャレンジしてもらいたいメニュー。きっとぺろっと食べちゃうんだろうなぁ。

YUKIKOの「道の駅訪問記」 | Drive! NIPPON | 国内観光情報ウェブマガジン( http://www.drivenippon.com/column2/# )

道の駅三芳村 鄙の里 -千葉県南房総市-( https://hinanosato.jp/ )

〈平賀 由希子〉

関連記事(外部サイト)