「ゾゾゾ」の落合さんが語る。“行ってはいけない場所”の裏話

諸君はご存知だろうか? いま、YouTubeチャンネル登録者数なんと39万人〔注:8月3日時点〕を誇る、あらゆる意味で“おばけ番組”と化した、大人気ホラーエンタテインメント番組「ゾゾゾ」が、幅広い視聴者層からウケにウケている。

いわゆる“心霊スポット探訪番組”は数多あれど、ときおり見られるお笑い芸人真っ青の笑いのセンス、卓越した編集技術のクオリティ、なにより登場人物である4人(落合・皆口・内田・長尾)それぞれのキャラクターが、多くの視聴者に愛される理由となっていることは間違いないだろう。

そんな「ゾゾゾ」が、このたび書籍『読むゾゾゾ』(小社刊)として登場! ファーストシーズン(全24回)の中から、選りすぐりの恐怖スポットを紹介しつつ、番組では非公開となった幻のエピソード、それぞれのスポットでの考察、現場でのオフショット写真なども盛り込み、まさにファン垂涎の内容となっている。

もちろん、番組を見たことがない人も、あたかも自分が心霊スポットに訪れているかのような“いやな汗”をかくことになるはずだ……。

▲読むゾゾゾ

ここでは『読むゾゾゾ』出版特別記念として、番組のメインパーソナリティとして、常に身体をはったリポートを続けている“落合さん”こと落合陽平氏に、突撃インタビューを敢行! “行ってはいけない場所”にアタックし続ける男たちの「裏話」を聞いていく。この夏、禁断の恐怖をあなたへ……。

■へえ。「ゾゾゾ」っていう番組なんだ…(笑)

――あらためて、YouTube番組「ゾゾゾ」をはじめた“きっかけ”を教えていただけますか?

落合 そうですね。たしか2017年の終わりころに、皆口くん〔ディレクター・カメラ・編集担当で発起人〕から「サイトを立ち上げたいんだ」という話をされたんですよ。皆口くんはオカルトマニアですから「食べログ」の心霊版を作りたいと言って。

とにかく、その時点では何もわかっていませんでしたし、そもそも僕はオカルトにも心霊にもまったく興味がないんですが、ある日突然、石神井公園(東京都練馬区)に呼ばれて……。行ったらいきなりカメラをまわされたんですけど、そもそもなぜ自分が抜擢されたのか、いまだに謎。その時点ではYouTubeの番組になることさえ知らなかったんですよ〔注:これが第1回「都心の心霊スポット!石神井公園が不気味すぎてヤバい!」(2018年6月公開)となる〕。

で、実際に映像を公開するという段階になって、ようやくいろいろ知ったんです。「へえ。『ゾゾゾ』っていう番組なんだ。そういえば、ゾゾゾポイント〔注:怖さを示す星の数〕とか言わされたしなあ」と(笑)。

▲「ゾゾゾポイント言わされましたね」と語る落合氏

――そんな風に始まったとは。では、まさかYouTubeチャンネル登録者数39万人の超人気番組になるとは、当時は思いもよらなかったわけですね。

落合 もちろんですよ! だって、とにかくカメラをまわされただけで、どんな映像になるのか、まったくわからなかったですからね。本当に、言われたことをやっただけなんです。でも、出来上がった第1回の映像を見て、単純に面白いと思いました。「ちゃんと作ったんだなー」と感心しましたよ。皆口くんの本業はデザイナーですが、動画の編集は初めてだったんじゃないかな? でも、彼はホラー大好き人間ですから、たぶん怖い系の動画に関して、目だけは肥えていたんだと思います。

■内田さんの“愛されるアホ”感が増してきました

――では、はじめて「ゾゾゾ」を知ったという方もいらっしゃると思いますので、それぞれのメンバーについてご紹介いただいてもよろしいですか? ファンであれば、4人の関係性なども気になるところかと思います!

▲落合・内田・皆口・スペシャルゲストの長尾の4人を中心に活動

落合 皆口くんは、番組のディレクターとカメラ、編集を担当しつつ、いまのエピソードでもおわかりかと思いますが「ゾゾゾ」はすべて彼の意向で動いています。彼の作品と言ってもいいかもしれない。同じ会社なので、まあ、仕事仲間ともいえるかもしれませんね。彼はこだわりが強くて、少々の気難しさもあって、なんだろう……変な人(笑)。で、先ほども言った通り、オカルトマニアです。僕なりにいえば「ホラーを一番知っているアマチュア」といったところかな? もう、番組はすべて彼に委ねていますね。

で、まーくん(内田)は皆口くんの友達で、僕は第2回の撮影時に初めて会ったんです。彼はねえ、抜けているんですよ。僕の勝手なイメージでいえば“愛されるアホ”(笑)。しかも、撮影を重ねるにつれて、その“愛されるアホ”感が増していきました。で、彼もホラー好きなので、皆口くんとは話が合うんですよ。

――愛されるアホ……(笑)。確かに愛すべきキャラクターですよね。では、長尾さんについてはいかがですか? もうメンバーと言ってもいいように思いますが、なぜ、いまでも“スベシャルゲスト”なんでしょう。

落合 スペシャルゲストについては、僕もなぜかはわからないんです。まあ、皆口くんのこだわりでしょうね。しょうちゃん(長尾)を最初に見たときは、言葉は悪いですけど「地元のヤンキー」的な(笑)。怖いというか、ちょっと“ヤバい”雰囲気はありましたよね。でも、それは見た目の話であって、本人はいたって丁寧で物腰も柔らかい。動画のなかでも、僕とは違った目線からコメントをしてくれるので、助かっています。

▲キャラ濃いめの仲間を語る表情は楽しそうだ

――なるほど。みなさんキャラ立ちしているので、見ていて楽しいです。ファンの間では『水曜どうでしょう』の心霊版などと言われることもあるようですが、その点についてはどう思われていますか?

落合 よく言われるんですが、僕もディレクターの皆口くんも『水曜どうでしょう』を見たことがないんですよ。まーくんとしょうちゃんは『水曜どうでしょう』が好きらしいのですが、彼らも「うーん?」といった感じで……。おそらく、ディレクターがいて出演者がいてという“キャラ構成”が似ているのかな、と話していました。

■これは見てほしい「ゾゾゾ」ベスト3!

――では、はじめて「ゾゾゾ」を見る人に、落合さん的ベスト3を教えてください!

落合 岳集落〔注:第5&6回「SIREN(サイレン)羽生蛇村の岳集落・廃村に潜入スペシャル![前後編]」〕は、とにかく怖かったですよ。入り口で不気味に佇む地蔵たちにも引きましたし、見てもらえたらわかりますけど、とにかく想像のできないことが起きていますから。あそこは外せないでしょう……。

▲入り口で佇む地蔵が不気味すぎる

それから、個人的に好きなのは明野劇場〔注:第13回「絶叫!廃ストリップ劇場で肝試し!恐怖の発見物で現場騒然!」〕でしょうか。ぜひ、衝撃のラストに注目してほしいです。

▲衝撃のラストだった廃墟ストリップの回

で、最後は霊障大作戦〔注:第21回「そろそろ呪われたい!番組の名誉を懸けた落合霊障大作戦!」〕かな?  僕は現場で、いろいろな怪異に遭いつつも、あいかわらず霊的なものには懐疑的なんです。「そういう世界もあるのかなあ」と思うこともあれば「気のせいかもしれない」と感じることもしばしば。そんな僕でもはたして呪われることがあるのか、ぜひ見てほしいです。

▲大作戦の結果はいかに…

――実際に起きた事件の現場でもある「ホテル活魚」や、最恐心霊スポットとして名高い「武尊神社」も怖かったですよね。

落合 ありえない写真も撮れましたしね……。ぜひ映像と本、両方を見比べて楽しんでみてください!

▲映像と本の違いは…読んでからのお楽しみ

■おばけは怖くないけど、シカは怖い?

――これは、ぜひお聞きしたいのですが、ここだけのオフレコ話と申しますか、撮影中の裏話などはありますか? 確か、内田さんはお祓いに行かれていましたよね……。

落合 彼は、憑かれやすいですからね。一時期、まーくんが異様に怖がっている時期があって、メンバーで本気で心配したことがありました。塩を必死に舐めている姿をみて、尋常じゃないと思いましたよ。お祓いにいったときは、視える人に「憑いている」と言われたらしいです。僕は相変わらず、まったくそういうことは起きないんですけどね。

あっ、強いていえば、金比羅橋〔注:第4回「激ヤバスポット!金比羅橋&新井さん家に突撃ドライブ!」〕に行ったとき、めちゃくちゃ細い山道で、野生のイノシシに遭遇したことがあって。5メートルほど先に、結構大きい大人のイノシシが立ちはだかったんです。で、後から調べたら(威嚇されたと思うため)絶対にやってはいけないことらしいんですけど、車のクラクションを鳴らしたんですね。それでもダメで、しばらく睨み合いましたよ。あれは怖かったなあ。あと、野生のシカにも遭いましたね。

▲おばけは怖くないけど、シカは怖い?

――野生の動物は、確かに怖いですね……。では、“おばけ”が怖くない落合さんが、この世で一番怖いものって、なんですか?

落合 クモです……(笑)。心霊スポットって、結構クモがいるんですよ。しかもハンパない大きさなんです。カメラがまわっているときにクモに気づいて思わず驚いてしまい、ディレクターの皆口くんから怒られることもありました。まあ、野生の動物も怖いですけど、やはりクモですよね……。

――「ゾゾゾ」の撮影は大変なことが多いと思いますが、ファーストシーズンで楽しかった思い出ってありますか?

落合 えー……なんかあったかな……。撮影の終わった後に、全員でごはんを食べに行くんですけど、疲れてるから誰もしゃべらないんですよ。だから、忘年会ですかね。あのときは怖かったね、とか。みんなお酒は好きなので、飲みながら思い出話をするのは楽しいです!

――では、最後に「ゾゾゾ」のファンの皆さん、そして本ではじめて「ゾゾゾ」に遭遇する皆さんに、落合さんからメッセージをお願いします!

落合?『読むゾゾゾ』は、とにかく選りすぐりの恐怖をぎゅっとまとめているので、怖いもの好きな方には本当にオススメです。なにより臨場感を大事にしているので、心霊スポットに行かずして、心霊スポットを“体験”することができるはず。ぜひ、本で“体験”して欲しいですね。

それと、YouTubeの番組の方はセカンドシーズンが始まっていますけれど、とにかく“ヤバい”場所を皆口くんが用意しているらしいので、ご期待いただければと思います。相変わらず、行き先については現地に到着してから告げられるスタイルが続いているので、僕もどこに行くか知らないんです(笑)。どうやら、全国の有名スポットは、一通り網羅するらしいですよ。楽しみに待っていてくださいね!

▲これからも“行ってはいけない場所”へのアタックは続く

「『ゾゾゾ』は“知る人ぞ知る”くらいの番組になればいいと考えていた」と語る、落合氏。いまや、押しも押されもせぬ“心霊系”YouTubeチャンネルとしての地位を確固たるものとした、4人の“行ってはいけない場所”へのアタックは、これからもさらに多くのファンを巻き込みつつ、続いていくことだろう。

この夏、見る「ゾゾゾ」&読む「ゾゾゾ」で、背筋の凍る涼しいひとときを過ごしてみてはいかがだろうか?

※本記事は、WANI BOOKOUT[特集]話題本ピックアップ (2020年7月27日)「この夏はおうちでゾゾゾ! 登録者数38万人!! 心霊系YouTube人気No.1番組「ゾゾゾ」の落合さんにインタビュー!」を加筆編集したものです。

◆ゾゾゾとは
2018年6月よりYouTubeで配信を開始したホラーエンタテイメント番組。
落合・内田・皆口・スペシャルゲストの長尾の4人を中心に、心霊スポットや恐怖ゾーンといった日本全国のゾゾゾスポットをレポートして、ホラーポータルサイトを作るという壮大な目標を掲げて活動する。投稿される動画のエンタメ性、クオリティの高さから「怖いけれど面白い」と話題に。ファーストシーズンとして計24回の動画を投稿後、2020年1月からはセカンドシーズンがはじまり、さらに注目を集めている。
チャンネル登録者数34万人超、総再生回数4000万回超(2020年6月時点)。

関連記事(外部サイト)