ミスター・デンジャーはこれからもステーキを焼き続ける!

コロナの感染拡大により、特にダメージが大きいのは飲食業界だろう。そんな状況下の中でいかに生き残っていくべきか? 元プロレスラーで、墨田区立花で人気ステーキハウス『ミスターデンジャー』を経営する松永光弘さん。ここではプロレスファンなら涙する、知られざるエピソードを紹介しよう。

■家賃が安かったのでコロナ禍も乗り越えられた

――プロレスラーというか、スポーツ選手がセカンドキャリアとして飲食店経営に乗り出すケースは少なくありませんが、成功するケースは決して多いとは言えません。その中で『ミスターデンジャー』がオープンから24年目に突入した、というのは驚異的な話です!

松永 まさか、こんなに続くとは自分でも思っていなかったですよ。みなさん『東あずま駅』と言ってもピンと来ないですよね?

――失礼ながら、そうですね。『ミスターデンジャー』の最寄り駅なんですが、この店に来るまで知りませんでした。

松永 普通、スポーツ選手が店を出すとなったら、新宿とか六本木のような華やかな街じゃないですか? 「俺だけ、こんな誰も知らないような場所でカッコ悪いな」とも最初は思ったし、人通りもそんなに多くないので「本当に商売が成り立つのかな」という不安もありました。でも、今回のコロナショックで「あぁ、この場所でよかったんだ」と改めて思いましたね。

――どういう意味でですか?

松永 ニュースを見ていると、繁華街でお店をやっている人たちが「店を閉めても家賃は払わなくちゃいけないからキツい」と話している映像が流れている。その金額がそれこそ100万円単位なんですよね。そりゃ、厳しいですよ。ウチは家賃が安くて助かった。立地は良くないかもしれないけど、家賃の面では救われましたね。

▲決して恵まれた立地条件ではないが、それを逆手に取った戦術も

――先月末に発売された新刊〔『デスマッチよりも危険な飲食店経営の真実』(小社刊)〕では、その家賃の金額まで赤裸々に書かれています。いや、本当にびっくりするぐらい、いろんな金額が明確に書かれていますよね。

松永 別にワニブックスさんから「すべて赤裸々に書いてくれ!」とは頼まれていないのに、勝手に書いてしまいました(笑)。別に隠すことでもないと思うし「これから飲食ビジネスをやろうと考えている人も、この本を読むかもしれない」と言われたので。変にボカして書いたら、なんの参考にもならないじゃないですか?

――出版社としてはありがたい話です! でも、飲食店をやりたいと思っているプロレスラーの方から直接、相談を受けたりもするんじゃないですか?

松永 いや、それがそんなにないんですよ。ひょっとしたら、そういう相談をするために店にやってきたけれども、言い出せなくて、そのままステーキだけ食べて帰ったレスラーの方もいるかもしれないですね。私が働いている姿を見たら「あぁ、これはできないな」と思った人も多いんじゃないかな。

――黙々と立ちっぱなしでステーキを焼き続ける姿は、たしかにスポットライトを浴びてきた人間にとっては地味に映ります。それを何時間も、そして毎日やり続けると考えたら、たしかに躊躇してしまうかもしれませんね。

■プロレスファンは今でも私の人生を応援してくれる

松永 ただ自分からアドバイスしたケースはあります。コンバット豊田選手〔1996年に引退〕が焼き肉屋を開業(2013年)するというときには、私の失敗してきた経験から、いろいろとアドバイスしましたね。こうしたほうがいいよ、というよりも「これをしたらダメだよ」という感じで。

――コンバット豊田さんは、兵庫県尼崎市で焼き肉とホルモンの店『いこら』を経営しています。彼女は、まさに松永さんと同じ時代にFMWでファイトしていて、世界で初めて女子プロレスラーで電流爆破デスマッチを敢行して、話題を呼びました。どんなアドバイスをされたんですか?

炭火焼肉ホルモン いこら(焼肉・韓国料理) | まいぷれ[尼崎市]( https://amagasaki.mypl.net/shop/00000338263/ )

松永 とにかく「サイレントオープン」しなさい、と。私の場合、オープンのときに近所の団地に大量のチラシを配ったら、初日からたくさんのお客さんが詰めかけて、もうパニックになってしまった。そんな状態になって、満足のいくサービスが提供できなかったら、その日のお客さんはリピーターにはなってくれない。だから「最初は焦らず、大々的に宣伝しないで、ひっそりとスタートしたほうがいいよ」と。あと「可能であれば、開店祝いのお花は断りなさい」とも言いましたね。

――えっ、それはなんでですか?

松永 気持ちはもちろん有難いのですが、本当に扱いに困るんですよ。店の前に出す花輪だったら、まだいいんですが、困るのは店の中に置く小さい花。狭い店だと、まず置くところがないじゃないですか? だからといって捨てるわけにもいかないし、花屋さんに引き取ってもらうとしても、場合によってはお金がかかってしまう。だから知人や友人に開店の報告をするときには「お祝いの花は固辞します」ということを強く伝えたほうがいい。

――なるほど!

松永 だから私は、お祝いにお金を贈ったんですよ。さすがにコンバット豊田もびっくりしたみたいで、すぐに連絡がきたんですけど「花より団子って言うだろ? そういうことだよ。花をもらって困ることはあっても、お金はいくらもらったって困る人はいないんだから」と言いました。

――いやぁ、いい話ですねぇ~。コンバット豊田さんの店は、地元で愛される人気店になって、関西のメディアではよく取り上げられているそうです。

松永 ただ、今は肉、特に牛肉を扱う店は、昔のように儲からない状況になっているんですよ。変な話、誰の目から見ても「繁盛店だな」というぐらいにならないと、経営は厳しいんですよね。同業者として、そこはすごく気になるし、彼女とは年齢も近いし、現役時代から体の悪い部分も知っているので、いろいろと心配にはなります。とにかく頑張ってほしいですね。

▲ハンバーグも『ミスターデンジャー』を繁盛店に導いた人気商品だ

――ちょっとほっこりしました。あの時代のプロレスを知る者にとって、こういうエピソードはグッとくると思います。

松永 私はもう「元プロレスラー」ですけど、プロレスファンの方たちは、引退したあとの人生もずっと追ってくれているんですよね。コロナ騒動のときも、全国のプロレスファンのみなさんが、お店のことをすごく心配してくださったんですよ。だから私は「引退してもみっともない姿を見せることができないな」と思いますし、これからもしっかりと「ミスターデンジャー」の厨房に立ち続けたいですね、できるだけ長く。

<店舗情報>
■ステーキハウス『ミスターデンジャー』
立花本店
住所:東京都墨田区立花3-2-12 田中ビル1F
TEL:03-3614-8929
営業時間:PM5:00~PM10:00(ラストオーダーPM9:30)
定休日:水曜日
※暫くの間、営業時間が変動いたします。詳しくはホームページ( https://www.mrdanger.jp/ )をご覧下さい。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?