『半沢直樹』と『ポツンと一軒家』が見せてくれる正反対の幸せ

TBS系のドラマ『半沢直樹』が絶好調だ。第1話から第4話まで視聴率22%以上を記録し「面白い!」「顔芸の応酬は現代の歌舞伎だ!」などと賛辞があふれている。しかし、その暑苦しい世界観は“おひとり”達人には受け付けられない。一方、前の時間帯にやっている『ポツンと一軒家』には共感を覚えるのだ。

■絶好調の第2シーズンに漂う「少年ジャンプ感」

『半沢直樹』は2013年放送の前シリーズの頃から、しばしば『水戸黄門』に例えられ「経済を使った時代劇」とも呼ばれてきたドラマだ。

悪代官のような上司をやっつける勧善懲悪のストーリー。「この印籠が目に入らぬか!」と同じように飛び出す「倍返しだ!」の決めゼリフ。時折はさまる由美かおるの入浴シーンのような、壇蜜のセクシーショット。

確かに『半沢直樹』は、平成の水戸黄門だった。

しかし、現在放送されている続編は微妙にテイストが違う。悪役のキャラの濃さや、勧善懲悪のカタルシスは健在ながら「倍返し」の決めゼリフはあまり出てこないし、今田美桜のセクシーショットもない。

今シリーズは水戸黄門というよりも、かつて「友情・努力・勝利」の3原則で全盛期を築いた1990年代の『少年ジャンプ』の漫画を見ているような感想を抱く。特に友情やチームプレーの要素が前作よりも強調され、スーパーサラリーマン『半沢直樹』の個人の復讐の物語ではなくなっている。

▲絶好調の第2シーズンに漂う「少年ジャンプ感」 イメージ:PIXTA

ちなみに演出の福澤克雄ディレクターは、元ラグビーの選手としても知られるが、ラグビーの精神を表す有名な言葉「ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン」を今作に当てはめると、しっくりくる。「半沢はみんなのために。みんなは半沢のために」これが描かれるのが前作との違いだ。

■『半沢直樹』に感情移入できない“おひとり”体質

ただ、おひとり達人の目線で『半沢直樹』を見ると、いまひとつ感情移入できない。どうしても、あの組織のドロドロした人間関係や裏切り、出世欲に上昇志向、権謀術数これらすべてに嫌悪感をおぼえる。

イヤなヤツがたくさん出てきて、汚い足の引っ張り合いが当たり前で、それが企業社会の厳しさであり、ビジネスマンは日々そんな現場で戦わなければならないんだ、ということを肯定しているかのような前提は好きになれない。

おひとり体質のはぐれザルは、基本的に人間関係が苦手だ。派閥とか裏切りという群れにおける立ち回りは、この世で最大級に嫌っている要素であり、できれば避けて通りたい。

結論を急ぐなら『半沢直樹』を観て「うんうん。仲間と協力して、嫌な上司をぎゃふんと言わせるなんて最高だ!」と感じる人は、企業社会で生きていけるだろうし、おひとり道も歩まない。

反対に『半沢直樹』を観て「あー。ヤだ、ヤだ。こんな人間関係が当たり前だったら、オレは一生ひとりでいいし、会社でも出世と関係ない部署でいいや」と思う人が、おひとり道を歩む。

もちろん、ドラマをエンターテインメントとして楽しむことは別の話だから、これは作品のディスりではありません。

主人公の敵役・大和田を演じる香川照之も、自身のSNSで「猿之助さんとの親戚漫才をお楽しみ下さい!」というメッセージを発しているくらいだから、あの過剰なまでの演出と、顔面ひん曲げ歌舞伎演技の応酬を、笑いながら楽しむ見方は公認されている。『半沢直樹』は半分コメディとして観るのが正しいのかも知れない。

■対照的な『ポツンと一軒家』の世界観

それでも、ふと浮かぶ疑問がある。

日曜21時からの『半沢直樹』の直前。日曜20時から朝日放送系でオンエアされている、もうひとつの超高視聴率番組『ポツンと一軒家』との関係性だ。

この2つの人気プログラムは、対極の方向を指し示しているように思えてならない。正反対の価値観を提示してくる。

いったい視聴者はどっちが好きなのか。両方とも好きなんてことがあリ得るのか。それとも視聴者の層は分かれるのか。

『ポツンと一軒家』は、日本各地の人里離れた場所にポツンと存在する一軒家を探して、衛星写真を手がかりに訪ねていく番組だ。そこにはどんな人物が、どんな理由で暮らしているのか。

一軒家に住む人はさまざまだ。定年退職した後、のんびり暮らすために電気も通ってない場所に引っ越してきた人もいれば、仕事のために山奥に住んでいる人もいる。子どもの頃から家族で住んでいたのが、時間の経過によって、一人になったおばあちゃんもいる。

共通するのは、人間関係のストレスのなさだ。ポツンと一軒家に一人か、せいぜい家族と二人なんだから、ストレスなんかないに決まっている。

厳密には少し離れた集落の人たちとの付き合いがあったり、年老いた親の世話をしているケースもあるから、ストレスフリーではないにしても、少なくとも『半沢直樹』のようなねじれた人間関係とは無縁。顔を近づけて、圧をかけてくる面倒な上司もいない。

毎日、自分の好きなこと、やりたいことを、自分の決めたスケジュールに沿って実行しながら、人里離れた土地で暮らしている。そんな人たちの生き方がクローズアップされる。

▲対照的な『ポツンと一軒家』の世界観 イメージ:PIXTA

このドキュメンタリーを見て、湧き上がるのは「人間の幸福とはなんぞや」「人が幸せになるのに本当に友人や家族は必要なのか」「働くことなんか人生の一部分でしかないよね」といった、こちらの日常を揺るがしかねない大きな問いかけであり、私の場合には「ああ、自分と同じ種類の人が、日本のいろんな場所で生きている。良かった」という安堵でもある。

おひとり体質の人間は、ポツンと一軒家に暮らすことに抵抗はない。寂しそうという感情よりも、気楽で自由で楽しそうという共感が先に立つ。

世の中の『半沢直樹』に夢中な人たちは、『ポツンと一軒家』をどんな目で見ているのだろうか? 

逆に『ポツンと一軒家』に夢中な人たちは『半沢直樹』を楽しめているのだろうか? 

私にはその辺がよくわからない。だって2つの番組が見せてくれる幸せや、たどりつく人生の楽園は、まったく正反対じゃないですか、と。

山奥の一軒家に住む人はおそらく、出世にも、復讐にも興味がない。もし過去にはあったとしても、そんな過去を切り離したから、今がある。

順序としては『半沢直樹』の高血圧な争いにぐったりした後に、ポツンと一軒家の癒やしを得たい。だから私はいつも録画をして、その順番で見ている。

そうでもしないと、香川照之や市川猿之助の顔芸の残像を、解毒できないからである。

関連記事(外部サイト)