朝から絶景が拝める車中泊スポットでハマったVANLIFE

最近、テレビなどのメディアでも取り上げられるようになった「VANLIFE(バンライフ)」。車を生活の拠点として旅をしながら暮らす、新しいライフスタイルだ。コロナ渦で生活様式が変わろうとしている今だからこそ、VANLIFEを実践している「えりたく夫婦」にその実態を聞いてみました。

えりたく夫婦としてYouTubeやブログなどで活動しているのが、WEBデザイナーの拓也さんとWEBライターの恵利さん。軽自動車ハスラーで、車中泊しながら日本中を旅するバンライファー(現在はコロナのため旅を中断)。妻の恵利さんはYouTubeの「えりキャン△」チャンネルで、車中泊とキャンプを楽しむ動画も配信中。

■自然にやっていたVANLIFE

―――おふたりはTwitterで知り合い、海外にいた恵利さんが日本に一時帰国した日が初対面だったんですよね。2人でVANLIFEをするようになったキッカケを教えてください。

拓也さん 2人が東京で出会った翌日に、僕が「これから仕事で四国に行くんだけど、せっかくなら車で早めに出発して、ゆっくり色々な場所を周ろうと思ってて。よかったら、一緒に行かない?」と提案しました。歯医者以外に予定がなかった恵利は暇だったので「行く!」と即答して、一緒に旅をすることになったのがキッカケですね。

―――え、そのまま車中泊しながら旅を始めたんですか?

拓也さん いや、最初はゲストハウスなどで寝泊りしていましたが、旅の途中で恵利と付き合うことになって、食事代・宿泊代・観光代をずっと奢っていたので、恵利の方が僕のお財布を心配しはじめて(笑)。そこで「車中泊でも全然いいよ!」と言ってくれて、宿泊費の節約で車中泊にチャレンジしてみました。

恵利さん かなり気前よく出してくれていたので、途中から大丈夫かな〜? と心配していたら、言いづらそうに「旅の資金が底を尽きそうです」って (笑)。

―――恵利さん、いきなりの車中泊旅は大変だったんじゃないですか?

恵利さん 拓也の車(ハスラー)はフルフラットになるので快適に眠れるし、秘密基地のような空間が新鮮で、何より楽しかったんです(笑)。私は元々海外でアドレスホッパーをしていて、キャリーバッグ1つで生活してたんです。それで日本に歯医者に行くために1か月だけ日本に滞在する予定だったんですけど、その時たまたまTwitterの繋がりで出会ったのが拓也で、歯医者以外予定が無くて暇だったし、四国に行ってみたかったんで(笑)。

―――すごい短期間で意気投合しましたね!

恵利さん バックパッカーもやっていたことがあるので、急な旅先変更とか日常茶飯事だったんで慣れてるんですよ。あとは旅好きな人に悪い人はいない!(笑)

拓也さん (笑)。そのあとシェアハウスで、中長期的に滞在しながら転々とする生活もしてみましたが、何か物足りなさがあって……。そんな時に恵利が、栃木の農村体験記事の執筆をすることになって、2人で栃木まで取材に行きました。それがキッカケで「やっぱり車であちこち移動するのが、自分たちに合ってるし楽しい。車中泊で日本一周がしたいね!」という話になり、本格的にVANLIFEがはじまりました。

恵利さん 仕事として車で栃木まで行ったのが、すごく楽しかったんです。旅する視野が広がったっていうか、車で色んなところに行って、仕事を取ってくるなんて楽しいよねって話をしたんです。

▲出会って3日で意気投合!?

―――まさか、車中泊での旅からVANLIFEをすることになるとは、という感じですかね。

恵利さん そうですね、2人で栃木の農村体験の取材を行った後に、地方で仕事を頂くことが結構増えてきて、それをブログに書いていたら、VANLIFEに関して発信しているCarstayさんから取材をされて、実はそこで初めてVANLIFEという言葉を知ったんです。自然に私たちがやっていたことが、どうやら日本で流行り始めているらしいって感じで、憧れてやり始めたというよりは自然にそうなった感じですね。

バンシェア | VANLIFEを楽しめるキャンピングカー・車中泊可能なバンのシェアサービス( https://carstay.jp/ja )

―――VANLIFEを始めたのではなくて、やっていたことがVANLIFEだったということなんですね。ちなみにVANLIFEをやり始めた頃の車は「ハスラー Jスタイル2」なんですよね。?

拓也さん はい、ハスラー Jスタイル2のノンターボを新車で購入(カーリース)したんですが、リッター20キロ以上走るので、車中泊旅にも向いている車ですね。

■えりたく夫婦の車を紹介

▲まあるいフォルムも特徴的なハスラー Jスタイル2のノンターボ

◎車内紹介

▲フルフラットにした車内

ハスラーは、車中泊するとき運転席と助手席を倒す(フルフラット)必要があるとのこと。画像は既にフルフラットにしてある状態。

▲布団などの生活用品は後部に収納

収納は、フルフラットにした時に後部座席の足元に出来るスペース。走行時は、後部座席のみ倒しておいて、そこにマットレスを畳んで収納することが出来る。他の荷物は、後部座席の足元に収納。

▲運転席と助手席上部には便利な収納が!

運転席と助手席の上部には、車中泊時や作業中に使用する物を収納できるラックを設置。必要な時にすぐ取り出せるようになっている。

▲木目がオシャレな作業テーブル

ラゲッジスペースには、車内でのリモートワークや作業用に一枚板のテーブルをDIY。

―――車内のスペースを無駄なく使用してますね! とても秘密基地感がします。でも2人で暮らすとなると狭く感じたりしないですか? 着替えたりとかも2人だと結構難しそうですけど。

恵利さん 暮らすというよりは「移動と寝る」場所なので、そこまで窮屈さを感じるようなことは無かったですね。お風呂は温泉に行ったり、仕事をする時はもちろん車でもしますけど、カフェでやったりもするので、意外と外にいることが多かったりしますね。着替えは拓也は半分横になりながら(笑)ですけど、私は小さい頃からダンスをやっていたので、舞台袖の暗くて狭い所で着替えたりするのが慣れていて「車の中でどうやって着替えてるの?」ってよく言われるんですけど、逆に何が難しいんだろう? みたいな感じですね(笑)。

拓也さん いやいや、それは参考にならないよ(笑)。

―――(笑)なるほど。意外と車内にずっといるという感じではないんですね。

拓也さん そうですね。ちなみに1日&1週間でのスケジュールは、こんな感じです。

▲えりたく夫婦のとある1日の過ごし方

拓也さん 起床時に当日のスケジュールを決めますね。どこに観光に行くか、どのくらい仕事をするかなど。リモートワークだったりYouTubeやブログの更新作業は、車内もしくはカフェで2〜3時間ほどパソコンでします。

恵利さん 散歩もすごく好きなんです。旅先だと見える景色がいつも違うので、楽しいんですよね。だからいつもすごい歩いちゃいます。当日のスケジュールで、ここに観光しに行こうと決めると、それに向かって仕事を頑張ろうみたいな。

―――確かにそれは頑張れちゃいますね。移動の運転はどちらがするんでしょうか?

拓也さん 2人で交代しながらですね。30分から1時間くらい運転したら、道の駅などで休憩をしています。

―――旅をしながらのランチだと、色々なところで美味しいものを食べれそうですね。

拓也さん いつも恵利が、おしゃれなお店をインスタなどで調べてくれます(笑)。あとは道中に有名な観光地などがあれば立ち寄ったりとか。銭湯に行ったりとかも。

―――うわー! 仕事をしながら観光いいですね、羨ましいです(笑)。銭湯に移動ってのもいいですね。運転の疲れがとれそうです。

拓也さん そうですね。夫婦ともにサウナが好きなので、サウナがある銭湯に行きます。車中泊が可能な入浴施設もあるので、事前に車中泊可能かも調べます。

恵利さん サウナが好きすぎて、1〜2時間は入ってますね。時間があれば4時間ぐらいは(笑)。

―――よ、4時間! お風呂に入ってすぐ寝れるって幸せですよね。

拓也さん ですよね! あとは日によってですが、作業が多かった場合は直ぐに寝てしまう。元気な時は2人で映画を観てから就寝します。1週間のスケジュールはこんな感じです。

◎1週間の日程(※コロナ自粛期間前の2月頃)

(月)長野で取材1日目

(火)長野で取材2日目→終了後、岐阜で車中泊

(水)大阪で取材1日目

(木)大阪で取材2日目→終了後、京都で車中泊

(金)茨城で取材1日目

(土)茨城で取材2日目

(日)埼玉の拓也実家へ。(取材に行くと、2人では消費しきれないほど、たくさんの名産品を頂けたりすることが多いので、大量のお土産を持って帰ることもあります。)

―――わ! かなり移動がハードですね。

拓也さん はい。今の仕事のスタイルが、仕事のある場所へと移動する形なので、割と移動が多くなってハードになってますね。振り返ってみると思った以上に働いてますね(笑)。

恵利さん 仕事が詰まっている時は、気が付いたら1日中スタバにいることもありますね。途中気分転換にコメダに行くみたいな(笑)。

拓也さん もうちょっと働き方をシフトしていきたいなと、コロナ自粛中に考えていて、色々と頑張るのもですけど、ブログなりYouTubeなり自分たちの活動を頑張っていければと考えてますね。

■逃げ場が無くなる夫婦喧嘩!?

―――夫婦でVANLIFEのメリットなどはありますでしょうか?

拓也さん 洗濯・整理整頓・食事の用意などの家事を、自然と2人で協力してやるようになるので、どちらかに負担が多いとか不満になることがありませんね。長距離の移動があっても「疲れてないか?」気づかいながら運転を交代して進めますし、お互い単独でVANLIFEをした経験もあるのですが、2人でいると「寂しいな」と思うこともありません。トイレや歯磨きに行くために外に出る時、暗い夜道で女性1人だと結構怖いですが、夫婦で一緒なら安心です。“熊出没注意”の看板が立っていた車中泊スポットに行った時は、特に1人じゃなくて良かったと思いました(笑)。

▲常に一緒にいるからこそ、お互いを気遣うことが大事

―――“熊出没注意”(笑)、たしかに1人だと怖すぎますね。逆に夫婦でVANLIFEのデメリットなんてあったりしますか?

拓也さん 常に一緒にいるので、夫婦喧嘩をしたときは逃げ場がなくて、息が詰まってしまいます。そんな時には、モールや大きな道の駅などの商業施設は超優秀です(笑)。2人で別行動して、自分の見たいものを見るために歩きながら、一旦頭を冷やします。冷静になったころに、連絡をとりあって再会。同じ建物内にいるので、合流しやすくて便利です。

―――一旦距離を取るのが重要ですね〜。夫婦でVANLIFEのたまらない瞬間などは?

拓也さん VANLIFEを始めたての頃、道の駅「伊東マリンタウン」で車中泊して、早朝に目が覚めて、すぐ見えたのが太平洋から、今まさに朝日が登っている景色だったんです。椰子の木や港に止まっているボートとのコントラストが、また美しくて! この感動を分かち合える人がすぐ隣にいることが幸せでした。その高揚感がたまらなくて「朝から絶景が拝める車中泊スポット」を2人で探して、積極的に行くようになりましたね。VANLIFEしてて良かった! と思える気持ちいい朝を味わえます。

伊東の道の駅・観光施設なら|道の駅伊東マリンタウン( https://ito-marinetown.co.jp/ )

―――車ならではの楽しみですよね! VANLIFEを始めて、夫婦の関係で変わった所などはありますか?

拓也さん 会社など外の世界で培われる大きなコミュニティよりも、もっと小さな単位で「夫婦」というコミュニティを大切にしたいという想いから、私たちはVANLIFEを選びました。何よりも夫婦の関係を第一優先に考えるようにしていますね。狭い空間を共にして、逃げ場がないからこそ、一つ一つ解決して乗り越えなくてはいけませんでしたし。仲良くなるほど、ぶつかることも増えてきましたが、嘘をつかない・隠し事はしない・本音を話すということを徹底すると決めたので、お互い変に気を使わなくなりました。だけど、家事など協力することが多いというのもあって、思いやりは忘れずに心がけるようにしています。

―――一緒に旅をしているからこそ、お互いを思いやることが重要なんですね。最後に今から夫婦でVANLIFEを始めようかな? と思っている方へメッセージをお願いします。

拓也さん 恵理さん VANLIFEは旅行代を節約したり、アウトドアを楽しめる、というメリットもありますが、“夫婦で向き合う時間”を作れることが一番の変化をもたらします。いつもより夫婦2人の時間を、ぎゅーっと凝縮して多く過ごすことになるので、お互いの良い面も悪い面も、新たに発見していく思います。もしかしたら数年後、数十年後の課題になっていたかもしれないことに、直面するかもしれません。そんな時こそ、思いやり力が試されるし、夫婦でどう向き合うか? を考えるキッカケにもなります。バンライフは不便なことも多いけど、夫婦の絆を深め合いながら、色々な景色を共有できるって、本当に最高です。日本中にはたくさんの楽しいドライブスポット、絶景車中泊スポットがあります。ぜひたくさんの場所を巡って、たくさんの思い出をつくってください!

▲2人のYouTubeチャンネルも是非チェック!

―――拓也さん、恵利さんありがとうございました! VANLIFEという新しいライフスタイルで、夫婦の絆がさらに深まった、えりたく夫婦さんから今後も目が離せません。気になる2人の活動はYouTubeなどでチェックしてみてください!

<取材後記>
8月1日には、えりたく夫婦・拓也さん主催のバンライフフェスが、LivingAnywhereCommons八ヶ岳にて行われました。ポータブル電源を使い、一泊二日のバンライフ・キャンプ体験や車中泊仕様車の展示、バンライファーとの交流会などバンライフに興味がある人にはたまらないイベント。ニュースクランチで連載中のクルマ旅漫画『渡り鳥とカタツムリ』も、このバンライフイベントに複製原画や高津マコト先生直筆のイラストなどを飾った「わたカタブース」として、飛び入り参加させてもらいました!

渡り鳥とカタツムリ | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/category/comic-002 )

えりたく夫婦( https://www.youtube.com/channel/UCKFoVm359LdtrYFW3t7m20w )

えりキャン△( https://www.youtube.com/channel/UCPaUo_cRvDFxrg1ArOVEqcA )

■プロフィール

菅原 拓也・恵利(えりたく夫婦)

デュアルライフ(ニ拠点生活)を送る夫・拓也と、海外でアドレスホッパーをする妻・恵利は、Twitterで知り合い、恵利が日本に一時帰国した日に初対面する。「旅好きのフリーランス」という共通点で意気投合し、出会った翌月に婚約。拓也はデザイナー、恵利はライターとして、リモートワークしながら車で日本全国を旅する生活を送っている。

関連記事(外部サイト)