歩くが最強。テレワークで疲れた身体と脳をリフレッシュ

「なぜかボーっとしてしまう」「集中力が続かない」という仕事のパフォーマンスダウンは、身体に残った疲れに直結しています。そういった状態では、脳を働かせるクリエイティブな仕事に支障がでてしまうことになります。トップアスリートのトレーナーを務める木村匡宏氏と田邊大吾氏は、凝り固まってしまった疲れた身体は“歩くこと”で、ベストパフォーマンスを出せるように改善できるといいます。

※本記事は、木村匡宏/田邊大吾:著『24時間疲れない!最強の身体づくり』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■歩くことでクリエイティブ思考はアップする

「脳を働かせたいのであればウォーキングしなさい」という研究成果があるのをご存じでしょうか。

2014年4月に米国心理学会誌に掲載された論文であり、発表したのは米カリフォルニア州サンタクララ大学のマリリィ・オプァツォ氏です。

発表内容を要約すると、

屋内のランニングマシン上をウォーキング 屋外でウォーキング 屋内で椅子に座る 屋外で車椅子に乗り、押してもらって移動する

という4種類の動作をしながら、クリエイティブな能力が必要な作業をするという実験です。

結果は、2.の屋外でウォーキングしているときが、もっともクリエイティブな思考ができました。数値化すると、3.の屋内で椅子に座ったときに比べ181%になったというから驚きです。

ちなみに、もっとも効果が高かったのが2.の屋外でのウォーキングでしたが、ランニングマシンや部屋の中を歩き回るだけでも、効果があったとのことです。ほかにもウォーキングしたグループと、椅子に座っているグループで思考力をはかる実験をしたところ、やはりウォーキングをしたグループの方が成績がよかったのだそうです。

歩くことでクリエイティブ思考はアップする イメージ:PIXTA

ウォーキングをすると、脳のパフォーマンスが向上することまで証明されているのですから、これはもうやらない手はありませんよね。

■30分歩けばストレス解消にもなる

実験ではあくまでも「歩きながら作業をする」ということなので、歩きながらアイデアを出したり、歩きながら勉強をすると効率が上がるということです。

確かに、ふとアイデアが思いつくのは、机にかじりついているときより、気晴らしの散歩の途中だったり、通勤中だったり思いがけない瞬間であることが多いのも納得です。

この結果が重視されれば、もしかすると近い将来「ウォーキング会議室」というものができて、参加者全員で歩きながら会議することになるかもしれません。

なぜ歩きながら考えると、よいアイデアが浮かぶのでしょうか。それは脳に送られる酸素の量にあります。研究によると、歩いているときは脳への血流が増え、その結果、平常時より3割から5割アップの酸素が送り込まれています。それにより脳は活性化されているのです。

この歩いているときの血流アップは、下半身に仕掛けがあります。人間の筋肉の3分の2は、腰から下の下半身に集中しています。ウォーキングすると、筋肉がポンプの役割を果たし、重力に逆らって下から上へと脳への血流を促進していきます。

特にふくらはぎのポンプは能力が高く「第2の心臓」と呼ばれています。そのような仕組みが備わっているということは、人間の身体は、歩くことを前提に設計されていると言えるでしょう。

歩くことによって、脳をはじめ全身への血流が飛躍的にアップし、活性化されるのです。それであれば「基本仕様」に準じて、もっともっと歩かなければ、人間の持つ本来の性能が発揮されないのかもしれません。

▲30分歩けばストレス解消にもなる イメージ:PIXTA

「脳とウォーキング」の関係で言えば、メンタル面でのリラックス効果も大いに期待されています。20分くらい歩くと、脳内から幸せ物質といわれるドーパミンやβーエンドルフィンが分泌されます。研究によるとβーエンドルフィンの効果は、運動後3〜5時間も続くため、気持ちが向上されるというわけです。ウォーキングのハッピー効果はさらにあります。

さらにもう少し時間をかけて30分くらい歩き続けると、脳内にセロトニンという物質が分泌されます。リズム運動などで分泌されることで知られているセロトニンですが、幸福感をもたらす作用があり、リラックス効果も高く、興奮しすぎた脳を抑制してくれます。セロトニンが不足するとうつ病のリスクが高まるとも言われています。

これらの幸福感をもたらすホルモンは、ストレスから脳を守ってくれます。朝歩くもよし、夜歩くもよし。幸せな気持ちにさせてくれるというウォーキングは、最強の運動ともいえます。

関連記事(外部サイト)

×