「美山かやぶきの里」京阪神から“半日で帰って来られる”おすすめスポット

本来は行楽の秋ですが今年はコロナ禍。どこかへ行きたいけれど、泊まりがけで出かけるのはちょっと……。かといって、家でマッタリするのもなんだかもったいない。そんなとき、京阪神から半日で行って帰ってこられる、近場でおもしろそうなスポットをご紹介します。

※本記事は、吉田友和:?著『京阪神発 半日旅』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■美山かやぶきの里(京都)で日本の原風景に出会う

半日旅のときは大抵は電車移動なのだが、この日は珍しく自宅からマイカーで出発した。家族旅行である。

仁和寺の前を通り過ぎ、国道162号線に入った辺りから車窓の風景がドラスティックに変わった。建物などの人工物が減り、代わりに生い茂る樹木の緑色が存在感を強める。スマホが途中圏外のところもあった。都市から山里へ――京都市内を出て北上するコースは初めてかもしれない。

「京都にもこんなところがあるんだねえ……」

ハンドルを握りながら僕がつぶやくと、助手席の妻が目を細めた。京都出身ながら、京都市ではなく長岡京市生まれの彼女にとっては、どこか懐かしさを覚える風景なのかもしれない。京都といっても意外と広く、多様なのだなあと思わされる。

今回目指したのは南丹(なんたん)市である。長岡京市など比較にならないほど不便な場所にある。電車が走っていないから、車で向かったのだ。

時速40キロ規制の田舎道をのんびり走り、いよいよ目的地の美山町へ入った。

この町には数多くのかやぶき民家が残る。中でも有名なのが北集落だ。50戸のうち39戸が、かやぶきの屋根で国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されている。古き良きニッポンを求めて「かやぶきの里」へやってきたわけだ。

お目当ての集落は、走行する車内からでもすぐにそれと分かった。なだらかな山並みをバックに古民家がぎゅっと密集している。『まんが日本昔ばなし』に出てきそうな風景を目にして、到着早々タイムスリップしたかのような気分になった。

▲山里らしい自然に心癒やされ、かやぶき屋根の建物に好奇心を満たされる

車を停め、集落へ突入する。集落の入口にオールドスタイルな筒型のポストが立っており、いきなりなんだかとても絵になる。とりあえずここで記念写真をパチリ。小径をそぞろ歩いているうちに心が浮ついてきた。

水田には紫色をしたレンゲの花が咲き乱れており、流れる水は透き通っている。上空にはトンビが飛び回り、そこかしこからカエルがゲロゲロ鳴く声が聞こえてくるのもまたいい。かやぶき屋根の家々が物珍しいことに加え、里山の風景自体が美しくて心癒やされるのだった。

同じかやぶきの民家でも、建物によって細かなつくりが違うから飽きない。よく見ると五右衛門風呂が置いてある家なんかもあって、そういう些細な発見が楽しい。

庭に大きな葦が植わっている家もあった。関東では「あし」と呼ぶが、関西では「よし」というのだと聞いた。「悪し」だと縁起が悪いから「良し」としたのだとか。

▲民家の前に自生していた背の高い葦。さりげない存在だが、素朴な風景に似合う

■美味しいジェラートや天然酵母のパン屋さんも

似たような集落としては、岐阜県にある白川郷を思い出す。旅ばかりしていると、ついつい以前に行ったことのある類似風景と比較しがちなのだけれど、白川郷と比べると雰囲気は結構違うかな……という感想だ。

まず、こちらのほうが個々の建物のサイズが小さい。また、民家が山の麓の斜面に立ち並んでいるせいで、俯瞰せずとも少し距離を取るだけで集落全体を眺めることができる。おかげで写真も撮りやすい。この日は天気も最高に良く、そのままポストカードにでもなりそうなほど美麗なカットが何枚も撮れた。

集落の中も写真映えする風景のオンパレードで、カメラ好きにとっては被写体の宝庫である。普通の集落で勝手に家の写真を撮っていたら不審者扱いされるところだが、ここではそんな心配も無用なのはうれしい。

▲やはり引き目のアングルが美しい

ついでに書いておくと、駐車場は無料だし、なんとフリーWi-Fiまで導入されている。美味しいジェラートが食べられるカフェや、天然酵母のパン屋さんもある。僕たちは日帰りだが、民宿もあるから宿泊することもできる。

集落全体に観光客を歓迎するムードが漂っており、居心地がいい。欲を言えば、すべての家がかやぶきではない点は残念(それも、集落の最前列の家が普通の瓦屋根だったり)だが、それを言うのは観光客のワガママというものだろう。テーマパークではないのだ。

観光地化されてはいるものの、集落には当然ながら暮らしている人たちがいることを忘れてはならない。集落内にある民俗資料館で話を聞いたら、なおさらそのことを意識してしまった。

▲かやぶきの里について詳しく知りたいなら民俗資料館へ。入館料は300円

「昔は囲炉裏に火を入れていたから、せいぜい40〜50年に1回ふき直しすれば良かったんです。それがいまはエネルギーが変わったでしょう。20年に1回のペースでやらないといけない。火を起こした方がススが出るし、乾燥するから長持ちするんですよ」

屋根のふきかえには莫大な費用がかかる。規模にもよるが、それこそ数百万円単位の出費である。かやぶきの屋根を維持するのは大変なのだ。これは初めて知ったのだが、ふきかえは一度に屋根全体をまるっとやるわけではなく、部分的に行うことが多いのだという。そうすることでコストを抑えることができる。

四面ある屋根のうち北側からふきかえる。日光が当たらないため、早く劣化するからだ。そう言われてから改めて集落内の民家を観察してみると、同じ家の屋根でも面によって色が違うことに気がついた。部分的に新しかったり、古かったりするのだ。

民俗資料館では、農作業の際に使われてきた道具などが展示してあり、集落の暮らしぶりに触れられる。年に2回行われるという一斉放水の写真も気になった。すべての民家には火災に備えて放水銃が設置されている。その点検も兼ねた一斉放水だという。昔ながらの暮らしを営む集落ならではの行事が興味深い。

一斉放水のときには、見物客もたくさんやってくるという。ある種のお祭りのような雰囲気なのだろうか。その日を目がけて行くのも悪くなさそうだ。

▲資料館の屋根裏部屋。この地で使用されていた農耕器具などが展示されている

<美山かやぶきの里>
住所:京都府南丹市美山町北
アクセス:JR日吉駅からバスで45分
※新型コロナウイルスの影響により、営業時間などの情報が変更されている場合がございます。お出かけの際は、出発前にお調べください。
京都美山ナビ: https://miyamanavi.com/sightseeing/kayabuki-no-sato

関連記事(外部サイト)

×