「養老渓谷」東京から“半日で帰って来られる”おすすめスポット

ど本来は行楽の秋ですが今年はコロナ禍。どこかへ行きたいけれど、泊まりがけで出かけるのはちょっと……。かといって、家でマッタリするのもなんだかもったいない。そんなとき、東京から半日で行って帰って来られる、近場でおもしろそうなスポットをご紹介します。

※本記事は、吉田友和:?著『東京発半日旅』(ワニブックス新書:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■養老渓谷(千葉県)で自然散策→温泉→名物列車

「養老」と聞くと岐阜県にある「養老の滝」が真っ先に思い浮かぶのだが、千葉県にも「養老渓谷」という似た地名の場所がある。房総半島の内陸部、市原市と大多喜町にまたがる渓流沿いにハイキングコースが整備されている。

秋の紅葉がとくに有名だが、新緑の季節も美しいと聞いて、お弁当持参で半日旅に出かけた。

この手の自然散策系スポットへは、車がないと行きにくかったりするものだが、養老渓谷は列車でもアクセス可能な点は特筆すべきだろう。というより、むしろ列車の旅人向けと言っていいかもしれない。ハイキングコースが列車を降りてすぐの駅前から始まっているからだ。

また、最寄りの養老渓谷駅は、小湊鐵道というローカル線の駅であることにも注目したい。小湊鐵道では「里山トロッコ」と名付けられたトロッコ列車を運行しており、鉄道ファンの間で注目を集めている。つまりトロッコ列車の旅と渓谷散策を同時に楽しめ、一石二鳥というわけだ。

JR内房線を五井駅で降り、小湊鐵道に乗り換える。

養老渓谷駅に到着すると、駅舎にハイキングマップが置かれていたのでありがたく一枚頂戴した。「養老渓谷温泉郷」のサイトにてPDFで公開されているのと同じマップのようだ。僕が調べた限りでは、養老渓谷でハイキングをするならこのマップが最も分かりやすい。スマホが普及し、どこでもネットに接続できる時代になったが、山歩きなどをする際にはまだこうした紙の地図のほうが心強い。

▲養老渓谷駅。次の上総中野駅でいすみ鉄道に乗り継いで外房へ抜けられる

マップで紹介されている三種類のコースのうち「バンガロー村・弘文洞跡コース」を歩いてみることにした。総歩行距離は約7.4キロと比較的手頃で、主要な見どころを押さえられる入門者向けのコースだ。

同じ列車に乗ってきた人たちもみなハイキングが目的のようで、一斉に同じ方角へと歩き始めたのがなんだかおかしい。

駅の裏側へ回り込むようにして、小湊鐵道の単線の線路を渡ると、のどかな田舎道へ出た。歩道と車道の区別がない。車が滅多に通らないのをいいことに、ど真ん中を堂々と歩くのが爽快だ。

やがて川にかけられた橋が現れて、これを渡ったところで別のハイキングコース「大福山・梅ヶ瀬コース」との分岐点になった。そちらへ行くと「もみじ谷」という紅葉スポットなどがあるというので、秋の旅ならこっちのほうがいいかもしれない。

分岐点を過ぎると、緩やかな上り坂が続いた。といっても、周囲は木々の緑に溢れており、全然苦ではない。背の高い杉の木がずらりと並ぶ岨道をゆっくり進む。駅から離れるにつれ、人の姿も見かけなくなってきた。マイナスイオンを浴びながらのそぞろ歩きに心が癒される。

「右の道はハイキングコースではありません。左の下り坂のほうへお進み下さい」

こんな立て看板がところどころに出ていたりしてなんだかとても親切だ。随時マップでも確認しつつ歩を進めていけば迷わずに済む。

見晴らしのいい高台に、木で設えられたベンチがポツンと置かれていたので、お弁当を食べていくことにした。なんてことはない普通のおにぎりや唐揚げも、自然の中でいただくと何割増しにも美味しく感じられる。

■美しい鏡張りの水面に吸い込まれそうになる

このハイキングコースはバンガロー村を通過するのが特徴となっている。その名の通り、バンガローが立ち並ぶキャンプ場のようなところで、派手さはないもののなかなかいい雰囲気だ。

子連れで泊まっていると思しき家族の姿が目立ったから、ファミリー向けのキャンプ施設なのかもしれない。実は我が家ではキャンプは夏の定番だったりする。次回は泊まりで来ようと心に誓った。

バンガロー村を後にすると、再び車通りのある舗装路に出た。ここをしばらく歩いて進んで、やがて現れる川沿いの散策路へ入ると、これぞまさに養老渓谷とでも言えそうな勢いのある景色に変わった。マップを見ると「中瀬遊歩道」と名付けられている。ハイキングコースのハイライトと言っていいだろう。

予想外だったのは、渓流という割には川の流れがそれほど激しくなかったことだ。ところどころ流れがほとんどない巨大な水たまりのような場所があって、水面に樹木の葉叢が写り込んでいる様も美しい。ウユニ塩湖に代表される鏡張りの絶景のような感じで、写真に撮るととても絵になる。

▲中瀬遊歩道をてくてく進む。美しい鏡張りの水面に吸い込まれそうになる

遊歩道には「マムシに注意」などという看板も立てかけられていた。川の中に膝まで入って釣りを楽しんでいるワイルドな人をちらほら見かけたりもした。養老渓谷へは初めて訪れたのだが、元千葉県民としてはこんなに自然が豊富な場所が県内にもあったのだなあと、いまさらながらに感心させられたのだった。

渓谷沿いの遊歩道が終わると景色は一変して、空が開けた。大きな車道沿いに建物が点在する。

「温泉」と書かれた幟が風にはためいているのを見て、僕は目の色を変えた。「おおおお、おんせんっ!」と無意識のうちに叫んでしまった。たっぷり歩いて汗もいっぱいかいた身としては、お風呂がこのうえなくありがたいものに思える。

養老渓谷周辺は房総随一の温泉郷なのだそうだ。それも普通の温泉ではなく「黒湯」と呼ばれるユニークなお湯で知られる。トロトロとした肌触りの、いわゆる美肌の湯である。

「喜代元」という旅館で日帰り入浴ができると聞いて立ち寄った。ここまで来ればハイキングコースももうゴールが間近で、あとは駅まで帰るだけだから、最後にひとっ風呂浴びていくとちょうどいい。

▲養老渓谷駅にも足湯が併設されている。鉄道に乗る場合は無料で利用可能

出発したときより身も心もサッパリしながら養老渓谷駅へ帰還。まだまだ日も高い時間帯だから、湯冷めする心配もない。

小湊鐵道の復路はタイミング良く里山トロッコの時間に合わせることができた。

乗車券のほかに500円の着席整理券を購入して乗り込む。トロッコ列車は窓がないオープンエア仕様の車両を連結しているので、風を浴びながらの走行がしみじみ心地いい。自然散策をたっぷり楽しみ、温泉にも浸かって、さらには名物列車にも揺られる。盛りだくさんの半日旅になった。

▲ついでに小湊鐵道の「里山トロッコ」で帰路につくというオマケ付き

<養老渓谷>
住所:千葉県市原市/夷隅郡大多喜町
アクセス:小湊鐵道養老渓谷駅から徒歩で
※新型コロナウイルスの影響により、営業時間などの情報が変更されている場合がございます。お出かけの際は、出発前にお調べください。
養老渓谷観光協会: http://www.youroukeikoku.com/

関連記事(外部サイト)