やついいちろうがハマったサウナ以上に心身が整うBARの効能

■オトナがBARに通うワケ

BARが好きです。

▲こういった雰囲気が好みです

最近たくさん食べられなくなってきた。というか、昔からそんなに食べられなかったのかもしれない。少年マンガの主人公はだいたい大食いなので、憧れ、自分もいけると思い込んでいたが、そもそも普通の量しか食べれなかったところに、年月が重なって今に至る。

そうなって分かったのは「〇〇放題」は損って事。そんなところに行こうものなら、食べ放題を謳歌している人達を尻目に、劣等感と損した気持ちしか感じない。

たくさん食べてこその食べ放題。たくさん飲んでこその飲み放題。

僕には向いてない。ならば、おいしいものを適量食べたり飲んだりしたいという事になる。ここで僕の人生に現れたのがBARだった。

▲ BARが人を選ぶのかもしれない

最初、先輩に連れて行かれた時は、まだ若いのもあいまって「こんな高いビール飲んでられないよ」との感情しか沸かなかった。それからBARとはすっかり疎遠になっていたが、歳と共にしっくりくるようになった。

おいしいお酒を適量楽しむ。そしたら飲み食べ放題で払っていたお金より、安く楽しめる事に気付いたのだ。

最初に連れて行ってもらったBARがいけなかったのか、合わなかったのか、BAR飯はおいしくないという印象だったが、それからの修行で美味い飯を出すBARがたくさんある事も知った。

こうして僕は、すっかりBARにハマってしまった。

▲本編とは関係ありませんが、ベトナムの街並みです

ここまで読んでもらえて嬉しいです。やついいちろうと言います。

エレキコミックというコンビでコントをやったりしています。谷井と書いて「たにい」ではなく「やつい」と読みます。同じ読みの苗字の人に今まで会った事がありません。

あるテレビで、鶴瓶師匠から「漢字だと読めへんから、変えた方がええ」と言われて平仮名にしました。

どうでも良い話でしたね。

最近は1人でBARを訪れ、まったりと過ごす時間が気に入っています。お酒を大事に作ってくれる、あの感じが好きなのかもしれません。所作の美しさにおいしさは宿ると気付いたからかもしれません。こんなご時世ではありますが、今までお世話になったきた飲食店を応援したい気持ちがあります。

そんなわけで僕の思うBARの魅力について書かせていただこうと思っています。

■実はBARの飯はうまい

僕は仕事で知らない街に訪れたら、良さそうなBARに入ってみることにしている。

趣味の温泉やサウナ銭湯巡りと似たものを感じる。自分の家の近くでBARを見つけようと思って入ったのがこのお店。

『バー イリュージョン』

▲ピントがボケていますね。すみません。 村上龍が訳したリチャード・バックの『イリュージョン』という小説から名前を取ったそうだ

階段を降りてドアを開けると煙草の匂いがした。

▲秘密の入り口に誘われ…

ドアを開けたら、左に思っていたより広い空間が広がっていた。店内は思ったより明るい。あまりカッコ付けないで良い雰囲気。値段もリーズナブルで、バーテンダーも比較的若い。?

▲ゴージャス感も漂っています

右側にカウンター。左側はテーブル席。

記憶に残ってないくらいのボリュームで、アコースティックギターの音楽がかかっていた。カウンターに座る。隣の隣のお客さんは葉巻を吸っている。

ビールはハイネケンの生。サーバーが可愛い。?

▲ビールの真後ろにあるのがサーバーです

注がれるサーバーがこういうものだと、よりおいしく感じてしまう。

ここのBAR飯どれもおいしいけど、やはり名物のナポリタンで決まりでしょう?。

▲喫茶店のナポリタンとはまた一味違うおいしさ

トマトソースには、チーズが入っていて濃厚。生麺を使っているので、麺がしっとりしている。具は大きめにカットされたハムと、甘く炒められた玉ねぎにマッシュルーム。

ビールと一緒だと、こんな言葉があるのか知らないけど、食がすすむすすむ。

▲濃厚かつクリーミーな味わい

ボリューム満点ながら、1人でもペロリと食べてしまう。これだけランチでも良いくらい。〆に養命酒の会社が出しているジンをもらった。

▲今日は2杯で〆とします

最近クラフトジンが、どこのBARでも流行っている。複雑なハーブの香りがしておいしい。なんだか健康になった気分。知らないお酒を飲めるのもBARの良いところ。

そして、他のお客さんの会話が聞こえるのも楽しい。この日は、近くに引越してきたばかりで知り合いを作ろうとフラッと入ったという青年が、バーテンダーと大きな声で喋っていて面白い。

アメリカから引越してきたそうだ。常連らしい男の人が会話の相手になり、いろいろ身の上話を聞き出している。隣の隣のお客さんがまた新しい葉巻に火をつけた。

ずっと聞いていたいけど、長くなりそうだったので、この辺でお会計を済ます。お腹も気分も満たされて、サウナに入った後のように疲れが取れるのを感じた。

?【店舗情報】
■バーイリュージョン
住所:東京都中野区中野2-12-11 飯尾ビルB1F
電話:03-3384-7598
営業時間:18:00〜翌4:00(月〜土)、18:00〜翌2:00(日・連休時の月)
新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

関連記事(外部サイト)

×