男性の悩みに効く!? 江戸時代の秘薬を再現して飲んでみた

■江戸の男が気にしていた「腎虚」に効く飲み薬

365日春画を観る春画ールです。趣味で古典籍を蒐集して秘薬を再現したり、色事にまつわる記事を書いたりしています。

今回は、ある秘薬を和本で見つけたので、それを再現し自分で飲むことにしました。そのある秘薬とは、腎虚(じんきょ)に効く飲み薬です。

腎虚(じんきょ)とは?

セックスのしすぎにより精液を出し果たし、最終的には憔悴して死に至る恐ろしい病。江戸期には、男性が一生の間に放出できる精液の量は決まっていると考えられており、使い切ると身体が衰えると考えられていた。

わたしが江戸時代を生きる男性であれば、精液の量が決まっていて、しかも使い切ると衰弱する、と聞くと恐ろしく感じると思います。「なるべく節約して使わない」といけないと焦ることでしょう。

そこで私は、江戸時代を生きる男性になりきり、これはなんとか解決策を考えないといけないと思い、必死に江戸期の性典物を読み漁りました。

▲『和合淫質録』に希望の光が

腎虚の薬は、いろいろとありましたが、現代で手に入らない材料が多く、腎虚の薬を作ることは難しいかと思いましたが、文政八年(1825年)ごろ刊行された『和合淫質録(わごういんしつろく)』という本に希望の光がありました。

▲本の中にレシピが書いてあった!

腎虚(じんきょ)して、労症のごとく、わづらふものあり。
しかれどもその事を、医者に告げがたく思ふ心あらバ、左にしるす所の薬を用ひよ。
こハ俗法にあらず。

衛生易簡方(えいせいゑきかんはう) といふ書に出て功能更にうたがひなし。

破故紙(はこし) 百目 細末とす
胡桃肉(くるみのにく) 二百目 皮を去り研る(する)

右の二味、密にまぜて、飴のごとくに、ねりあげ、毎朝、温めたる酒のなかへ
かきまぜ、空腹(すきはら)に飲みて、その後、食事すべし。
永く、もちゆれバ、腎源(じんげん)を補ひ、労症(ろうしょう)を治すこと、
うたがひなし。

腎虚は都市伝説的な病気ではなく、実際に存在する病だと考えられていました。

そのため、たとえ体調を崩し「自分…腎虚かもしれん…」と心当たりがあっても、医者にかかることが恥ずかしい男性もいたようです。その場合、どうにか自分で治したいと考えた男性には、この本のレシピはありがたかったでしょう。

さすがに200年ほど前の本に記載されているものを再現して、パートナーに飲ませることはできないので(そもそも腎虚じゃない)、もちろん自分で試します。

■それでは「腎虚」に効く秘薬を作ってみます

<用意するもの>
・破故紙(はこし)
・胡桃(くるみ)
・はちみつ
・酒

▲左が破故紙、右が胡桃

左の黒ゴマのような粒が破故紙で、右が胡桃です。

破故紙は、マメ科のオランダヒユと呼ばれる植物の種子です。

食感は、湿気った大きめの黒ゴマのようですが、味は苦く、鼻から抜ける香りは、病院で処方される甘い漢方のような独特な香りです。頻尿やインポテンツ。足腰の冷えに有効とされている漢方です。

ちなみに史料には、胡桃を二百目、破故紙を百目を用意すると書かれていたのですが、百目は約375グラムと知り、そんなに大量の腎虚の秘薬が使い切れる訳がないので、2:1の割合で少量を用意しました。

▲今回は少量を作ってみます

破故紙と胡桃をすりつぶします。ここへ、はちみつを投入し練り上げたものがこちら。

▲野沢菜の刻みっぽくも見えます

うーん、かなり食欲がわかない見た目です。人に食べさせるにはハードルが高すぎるので、やはり自分で食べます。

▲少量をお酒に投入

小さなスプーン一杯程度を、温めた酒に投入します。

▲ぐるぐるぐる…

ぐるぐるかき混ぜます。

▲完成!見た目は悪くないが…

きなこミルクのような見た目の腎虚の薬の完成です。江戸時代の腎虚にかかった男性の気分で有難くいただきます。

▲はちみつの甘みがなければ厳しい味

はちみつで練ることにより、胡桃の油分と破故紙が馴染んでいるのですが、噛むたびに破故紙の独特な苦みで「ウエッ」となりそうになります。はちみつの甘みが無ければ、わたしには腎虚でも飲みたくない味と風味といえるでしょう。

この胡桃と破故紙の薬は、古代中国から伝来している薬で、この二つの組み合わせでないと効果が無いとされていたようです。

腎虚の秘薬レシピは他にも存在し「地黄丸」という名前で、実際に販売されていた記録もあります。

このような性に関して回数の制限があるのは男性だけで、女性はそのような記載がされている書物は見たことがありません。

▲性のハウツー本『閨中紀聞/枕文庫』

渓斎英泉が書いた性のハウツー本『閨中紀聞/枕文庫』には、30歳以下の男性は血気に任せて交合をするため、女性がオルガズムに達する前に先に気がいってしまうことや、30歳以上の男性は惚れた女性に情が移りやすいことが書かれています。

そのため全ての男性に「むだまらをおやすな」つまり「ムダな勃起と射精は慎むこと」が重要であることが書かれています。

真面目な男性は交わる回数をしっかり守り、最終手段として薬を用いたのかもしれませんね。

ちなみにお酒が飲めないわたしは、この薬を飲んで休日の朝からへべれけになっただけでした。

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/1253)

関連記事(外部サイト)