今さら聞けない! 漫画のセリフにはなぜマル「。」がないのか?

■ケータイ小説、漫画にマル「。」がない理由

LINEのチャットからマル「。」が消えつつある、という話を以前にしました。そうしたチャットアプリでの句読点の省略については、批判的な声が多く、とにかく句点があるのは当たり前だ、という意見が一般的なようです。

しかし、本当にずっとそうだったのか? 句点が使われないのはLINEだけなのか? 日本での「。」の使われ方が気になって、さらに調べをすすめました。その結果、LINE以外でも、句点が使われないケースが意外に多いことが分かりました。

例えば、2000年代に流行っていたケータイ小説〔携帯電話の画面で読む電子書籍化された小説で、ガラケー時代に流行した〕でも、句点を打たないのが普通でした。

▲ガラケー時代に流行っていたケータイ小説 イメージ:PIXTA

2007年の朝日新聞の記事には、ケータイ小説についてこんな言及があります。

「一般の小説好きからすればケータイ小説は、かなり読みにくい。情景描写が少なく、会話と心情描写が中心。文末は句点でなく「…」や「☆」「(ハート)」といった記号、はては顔文字までも使われる。頻繁な改行に加え、数行ごとにかなりの空白もとられている。」
出典:朝日新聞 2007年8月12日「(ケータイが変える変わる 選択のとき)メール感覚、小説『発信』」

さらに、次のような専門家のコメントにも「なるほど」と思わされました。

「1日に何十通とやりとりする女子中高生にとって、メールはおしゃべりよりも重要なコミュニケーション。『文章で気持ちを伝えるメールでは、語尾が句点で終わるのは相手に冷たい印象を与え、改行なしの文章は手抜きと思われる』」
出典:同上

少なくとも女子中高生の間では、文末の「。」が冷たいという意識が、2000年代に既に固まっていたのです。

お気付きでしょうか、LINEで「。」を使わないのと同じ発想ですね。ケータイ小説の第1次ブームは2002年〜とされているので、今のチャットアプリより10年ほど早い〔※LINEとMessengerがリリースされたのは2011年〕ということですね。

さらに、漫画に目を向けてみると、ほとんどの場合は句点がついていないことが分かります。例えば、1950-60年代の『鉄腕アトム』を取っても、近年の漫画を取っても、一般的には句点が出てきません。

▲ビックリマークや、はてなマークはつくがマルは原則使わない 『渡り鳥とカタツムリ』(小社刊)より

小説の会話文も「」の中に句点がない場合が多いです。

句読点全体の定義を見てみると「文章における各部の切れ続きを示して、論理的関係を明らかにしたり、調子や口調を整えたりするために、文字とともに用いる符号」とされています。[出典:『国史大辞典』吉川弘文館]

実際に「?」や「!」は、それぞれ「疑問」「感動・驚き」といった感情を表すので、付加的情報として文章を正しく理解するために必要です。読点も、文の意味の切れ目を示すには重要な存在です。読点一つで、文の意味が変わる例も有名です。

「警察官が、自転車に乗って逃げる泥棒を追いかける」 「警察官が自転車に乗って、逃げる泥棒を追いかける」

自転車に乗っている人が、警察官か泥棒か、読点の位置によって変わります。

それに対して、句点は文の終わりを示しているだけで、特にセリフの場合は文の終わりがはっきりしているので、省かれても問題ないですね。

こうして見ると、漫画の吹き出しや小説の会話文など、セリフ形式の文章は、句点が付かない傾向が強いです。ただ、例外もあります。

絵本や教科書といった子どもを対象にした書物は、しっかり「。」を打つことが多いようです。漫画の中でも、小学館の漫画は、子どもが読む前提で作られているためか、必ず句点が入ります。

■昔は新聞にもマル「。」がなかった!

そもそも、日本での句読点の使用に関するルールは歴史が浅く、現行の句読法は明治20年代以降に、西洋の影響で用いられるようになりました。

明治20年代以降に用いられるようになったといっても、分野や書物によって、かなり遅れているものもあります。井上ひさし氏は『私家版 日本語文法』で、日本での句点と読点について興味深く語っていますが「新聞が句読点の全面実施に踏み切るのは、昭和二十五年以降のこと」だそうです。

例えば、1950年の読売新聞はこんな感じでした。

▲文末に句点が付いていない 出典:読売新聞(1950年11月28日朝刊 3面)

読点「、」の方は、長文を区切るのに活用されていますが、文末の句点は付いていませんね。

そもそも、句読点が導入されたのは「誰でも読めるような、分かりやすい文章にしよう」という発想からでした。ですので、戦前ぐらいまでは、手紙などで句読点を使うのは子ども向けなもの、特に目上の人に対して使うのは失礼とされていました。この慣習は、今でも賞状や年賀状に受け継がれていると言えます。誰かに敬意を込める文章では句点をつけないのがマナーとされているのです。ちなみに筆者は、そんな慣習はつゆ知らず、年賀状に毎年マル「。」を真面目につけてきました?

▲年賀状 イメージ:PIXTA

少なくとも戦前までは、句読点をつけない方が多かったことが分かりましたが、現在は句読点のつけ方はどう決められているのでしょうか。

現行の句読法は「くぎり符号の使ひ方〈句読法〉(案)」(1946年3月 文部省国語調査室)に基づいていますが、この案のまえがきには、こんな説明がありました。

「くぎり符号の適用は一種の修辞でもあるから、文の論理的なすぢみちを乱さない範囲内で自由に加減し、あるひはこの案を参考として更に他の符号を使つてもよい」
[出典: https://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joho/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf ]

つまり、この「くぎり符号の使ひ方」は一つの案にすぎず、正書法として確立していないとも言えます。井上ひさしの言葉を借りると「句読点に関するはっきりした約束事は、現在でも存在しておらず、したがって句点と読点の使い方は各人各様、日本人の数だけ規則がある、といってもいいぐらいである」ということなのです。

日本の正書法は本当に緩やかですね!  私の母国語のロシア語なんかは、正書法が厳しくて、句読点に関して細かいルールが決まっています。句読点を打ち忘れたり、打つ箇所を間違ったりすると、ミスと判断されてしまいます。

絶対的なルールを設けず、場面に合わせて細かく使い分けるのは、日本らしいところですね。

日本での句点について、ざっと見てきました。LINEに限らず、年賀状や漫画、小説など、句点が使われない場面はいくらでもあることが分かりました。歴史を振り返っても、最近の若者がLINEなどのチャットアプリでマル「。」を使わないのは、そんなに珍しいことではないように思えてきましたが、いかがでしょうか?

LINEでマル「。」を打つのはオジさん説 | 絵文字進化論 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/1025 )

関連記事(外部サイト)