スマホの便利さを知ったうえで「アーミッシュ」となる子どもたち

アーミッシュに魅了された山中麻葉氏はその実態を探るべく何度も現地に渡り、丁寧に取材を重ねてきた。アーミッシュは幼児洗礼を認めない再洗礼派に属するので、若者たちは自らの意思によって洗礼を受けることになるのですが、洗礼前は意外にも普通の若者と同じような生活を過ごしているようです。

※本記事は、山中麻葉:著『アーミッシュカントリーの美しい暮らし』(エムジェイブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■子どもたちは正式なメンバーではない

世の中の「便利なもの」に対して一定の距離を置くアーミッシュですが、その厳しいルールに従うか否かの判断は、実は個人に委ねられています。その判断は、アーミッシュの教区内で洗礼を受けるか否かの判断と同義です。

アーミッシュの家庭で生まれた子どもたちは、まだ正式なメンバーではありません。大人になって洗礼を受けて初めて、正規メンバーとして認められます。アーミッシュは幼児洗礼を認めない再洗礼派に属するので、自らの意思による洗礼は、重要なアイデンティティの一つでもあります。

子どもの頃からアーミッシュの習慣や文化の中で育てられますが、その生き方を選ぶか否かは、誰かから強制されることではなく、自分の意思で選びとることなのです。

▲アーミッシュの子どもたちも学校で学ぶ

アーミッシュの子どもたちは学校で初めて英語を学び、スピーキングや読み書きを習得します。 英語や算数、美術も学びますが、理科や体育の授業はありません。また、 子どもには「家庭の手伝い」という大事な役割があるため、宿題が出ることもないそうです。?

▲どの家も、大きな家庭菜園を持っている

アーミッシュの女性は無地のロング丈ワンピース、男性は襟つきシャツにデニムの吊りズボン、正装はプラスベストというスタイルがアーミッシュの一般的な服装です。

服のディテールのデザインは、エリアやグループによって異なります。 また、 生地の色にも差があります。 ペンシルヴァニア州ランカスターのアーミッシュでは、紫や濃い青の生地が一般的で、袖のギャザーがたっぷりと入ったデザインのワンピースを着ています。

オハイオ州のアーミッシュはギャザーが最小限で、Iラインのシルエットになるようなデザイン。さまざまなアーミッシュの服のデザインを観察することは、私の個人的な楽しみでもあります。

▲機能的で美しいアーミッシュの服

■学校を卒業後、車やスマホを持つ若者もいる

さて、洗礼の決断は簡単なことではありません。学校を卒業してすぐに決断する人もいれば、それぞれの理由で30代くらいまで決断しない人もいます。

洗礼を受けるまで正式なメンバーではないため、ルールを破っても、とがめられることはありません。アーミッシュグループによっては、車やスマホを持つようなライフスタイルが許容されることもあるのです。

実際、洗礼を受ける前に免許を取って、自分の車を持つ若者は少なくありません。アーミッシュの若者が、学校を卒業して洗礼を受けるまでの期間を「ラムシュプリンガ」と言います。

ラムシュプリンガ期間の過ごし方は人によってまちまち。ドラッグやパーティーに明け暮れるアーミッシュの若者を取り上げる映画やドラマがありますが、これはごく一部の若者をセンセーショナルに描いているだけで、実際は、おとなしくラムシュプリンガを過ごすアーミッシュが大半だと思います。

洗礼を受ける前の若者は、同じ世代の若者が集まるグループに属するそうです。このグループは、バレーボールを楽しんだり歌の会を開いたりして男女で交流します。日本で言うところの大学サークルのようなイメージでしょうか。

日本のサークルと同じように、グループごとに特徴があります。アーミッシュの伝統的な服のまま健全な遊びをするグループもあれば、アメリカ人の若者と同じ服を着てタバコをふかし、お酒を飲むようなグループもあります。

属するグループによって「遊び方」が異なるので、アーミッシュの親たちは自分の子どもが、どんなタイプのグループに属しているかを気にかけるようです。

■自らの決断で「アーミッシュ」になる

洗札を受ける前は、普通の若者と同じような生活も許されるわけですが、アーミッシュの親たちは、その姿にいちいち目くじらを立てることはありません。なぜなら、ほとんどの親が同じような経験を経てきているからです。

車に乗って映画を観に行ったり、ラジオを買って夜な夜な聴き、アーミッシュの服を脱ぎ捨てて流行のファッションに身を包んだり……。

「自分も若いときはそうだった」という、おおらかな気持ちで子どもを見守るそうです。驚きなのは、ラムシュプリンガを経たのち、約9割に近い若者が、アーミッシュになることを選ぶことです。つまり、アーミッシュの若者は、文明社会の便利さや楽しさを味わったうえでなお、それらを手放すことを決意するということです。

洗礼を決断する背景にある葛藤の多さは、想像にかたくありません。普通の服を着て車を乗り回し、スマホを常に手にしながら数年間過ごしたあとに、これらを手放すことが果たして自分にできるかどうか……。

私の場合、答えは否です。だからこそ、私は彼らの生き方・選択に対して尊敬の気持ちが堪えません。アーミッシュの人たち、一人一人と出会うたび、話すたびに、確固たる信念のある雰囲気を感じるのは、このような「洗礼の決断」を誰しもが経ているからなのでしょうか。

迷いのない言葉、地に足のついた行動を共通に感じるのは、ただの偶然ではないような気がしています。

▲家庭菜園の人参を引っこ抜いて、井戸で洗って、そのまま食べる

関連記事(外部サイト)