あやうく命とり!? ウーバー配達員が運ばされた「激ヤバのブツ」

2018年の1月からウーバーイーツの自転車配達員を初めた私ですが、昨年の2020年は、とても特殊な年でした。コロナの影響で3月頃から注文依頼が急速に増えたかと思ったら、ゴールデンウイーク中に配達員が激増したために依頼数が激減。

さらに、新しくウーバーイーツの配達サービスを利用する店が増え、路地やビルの中にあるテナントを探すのには一苦労しました。そのなかには少しでも売り上げを伸ばそうと、ビル全体が休業にもかかわらず厨房を稼働させ、ウーバーイーツでのテイクアウトだけ営業している飲食店もあり、配達員用のアプリに「ビル休館中につき、業務用の入口前でお待ちください」なんて指示を受けたことも。

一方、配達員にとって、ウーバーイーツ新規参入店は恐怖でしかありません。というのも「持ち帰り用の容器だったら何でもいいだろ」くらいの感覚で、フタがユルユルの容器に汁物を入れる店が続出したのです。そんなわけで今回は、新たにウーバーイーツを始めたお店で体験した、ヤバいブツをいくつか紹介します。

■焼き立てのパンの香りが台無しに・・・

▲クサイ料理にご用心 イメージ:PIXTA

地味にヤバいのは、カレーやニンニク系の炒め物など、ニオイの強い料理。こういった料理は温かいものが多いので、水蒸気を逃すための小さな穴が蓋の上の部分にあります。料理が冷めてはいけないので、リュックの中は密閉状態。すると、必然的にカレーやニンニクの匂いが充満します。

もちろん、これだけなら別に問題ないのですが、この配達の直後に焼きたてのクロワッサンやパンケーキを運ぶ依頼が入ると悲惨。昨年、焼きたての食パンが人気の店からの配達の後にBAD評価を受けたのは、おそらくカレー風味の食パンを配達したからに違いありません。

また、早朝の配達もいちいち危険を伴います。東京都内では、ウーバーイーツの注文が朝7時から始まる店が多いのですが、朝7時から9時ぐらいまでに入ってくるカフェからの注文がマジでヤバい。

ご存知の方も多いと思いますが、ウーバーイーツの自転車配達員は。大きなリュックに商品を入れ、自転車を漕いで運びます。各配達員は、自前で仕切り板を用意して商品が倒れないようにしたり、支給されるリュックとは別に小さな保温バッグを購入して、配達中の振動やリュックの傾きで飲み物がこぼれたり、商品が容器から飛び出してしまわないよう、個人で工夫して運んでいます。

▲見た目がオシャレなのはいいものの…… イメージ:PIXTA

ところが、朝、営業しているカフェの中には、オシャレにものすごく力を入れているところがあります。そういうお店では、持ち帰り用の容器にもこだわりがある。それはそれで結構なことなのですが、経験上、こだわった容器ほど、運んでいる時にフタがパカっと取れてしまうことが多い。そんな容器に「素敵な朝をお迎えください」のような、お客様へのメッセージカードを添えられていたら超激ヤバ。

以前、メッセージカード付きのホットサンドを運んだとき、カードがチーズまみれになったことがありました。ユルいフタにセロハンテープでちょこんと止められただけのカードなんて……もちろんお客様より「商品が破損していた」との理由でBAD評価を受けました。

ちなみに、スターバックスさんなどの大手チェーンも、ウーバーイーツのサービスを始めた当初と比べて、包装の技術が格段に上がっているので、オシャレなお店も今後は、こだわりをキープしつつ、こぼれない容器を考案されるだろうと思います。

■果たして生ガキの配達は合法なのか?

▲お腹を壊すぐらいではすまされない イメージ:PIXTA

私は指示されたものを指定の場所へと運ぶだけの仕事なので、食品の衛生管理についてまったく知識がないのですが、生ガキを運んだときにはドキドキ、いやヒヤヒヤしました。

季節は秋になっていた頃でしたが、居酒屋の店頭で渡されたものをえっちらおっちらと自転車で30分かけて運び、置き配という、お客様の家のドアの前に商品を置いておく方式で、殻つきの生ガキを運んだことがあります。

スーパーでも生食用のカキは売っていますし、スーパーで買ったものは保冷剤を使わずに家まで持って帰って食べますから、同じような感覚なのかもしれません。でも、万が一「配達に時間がかかりすぎたのが原因」とか「置き配の際に、ちゃんと配達を終えたことを連絡せず、長時間玄関前にさらされたカキを食べて食中毒を引き起こした」なんて報道されたりしたらたまりません。2〜3日はモヤモヤとした気分を送ることになりました。

酒屋さんからの配達依頼でも、ヤバいブツだなと感じることが多いですね。ワインのボトルや日本酒の一升瓶を届けることも多いのですが、あのバッグにワインのボトル2〜3本を入れて運ぶと、ちょっとした段差を通過するたびに、リュックの中からガランガランと瓶がぶつかる音が響いて「割れるんじゃないか」と恐怖に怯えます。

お店によっては、発泡スチロール製の緩衝材を瓶に巻いてくれるところもあるのですが、酒屋さんはウーバーイーツによる配達を始めてから日の浅いところが多いので、ちょっと怖いですね。スパークリングワインなんて、届けてからすぐに開栓したらアウトの状況だと思います。餅は餅屋ではないですが、お酒は酒屋さんに配達してもらうのがベターのような気がします。

他にも、少し傾くと商品が一気に寄ってしまう、お持ち帰り寿司の大皿セットや、コンビニへ取りに行ったあの商品など、ヤバいな……と感じながら運んだものはいろいろありますが、そのあたりのお話はまた別の機会に。

〈Uber Eats配達員W〉

関連記事(外部サイト)