ドラえもんのように問題を「解決」することが新ビジネスのヒント

テクノロジーの飛躍的な進歩によって、22世紀からきた「ドラえもん」が持っていた「ひみつ道具」が、21世紀の現代でも数々実現されてきています。そして、その「ひみつ道具」を使うことによって、新しいビジネスを始めることができる可能性があります。だけど、そんな簡単に新しいビジネスなんかできるの? と思っている人も多いことでしょう。テックビジネスを成功させた吉角裕一朗氏に、新しいビジネスを創出するヒントを紹介してもらいました。

※本記事は、吉角裕一朗:著『「まだない仕事」で稼ぐ方法』(ワニ・プラス:刊)より一部抜粋編集したものです。

■既成概念に囚われないでアイデアを膨らませる

「お金がないからできない」
「時間がないからできない」
「環境が整っていないからできない」

そんな言い訳は、しないでください。「〇〇がないから△△ができない」という発想は、前時代の価値観です。

22世紀から来たドラえもんの世界を、21世紀に手に入れつつある私たちは、初代ドラえもんの歌のように欲張りな発想を持ち、プロセスなどは飛ばして、望む結果を求めればいいのです。

「〇〇がないから△△ができない」という発想自体、今あるものに囚われている証拠です。目の前の問題に囚われるのではなく、もっと広い視野でアイデアを膨らませてみましょう。

例えば、世界初のドローン医療スタートアップZiplineの取り組みが、まさにそれです。

「アフリカで血液を安全に届けるなんて無理」
「物流だってないし、冷蔵庫もないんだから届けられるわけがない」

そんな概念を吹き飛ばしたのが、凍った血液をドローンで届けるという、現状に囚われないアイデアでした。

未来人の発想を持つには、既成概念やプロセスといった細かなことに囚われず、いくつか抜いて飛ばして考えてみることが大事です。

▲既成概念に囚われないでアイデアを膨らませる イメージ:PIXTA

■「手軽に買い物をしたい」から生まれたネット通販

現代社会に生きていると、あれもこれもやらなければならないと、気忙しく過ごす人がとても多いようです。だからこそ、たとえ非現実的だとしても、もっとラフに、自由な発想を持つべきではないでしょうか。

誰かを幸せにしたいなら、まずは自分が幸せであることです。自分に優しく、もっとラクをしようという発想を持って生きることが、心の豊かさにも繋がるのだと私は思います。

「もっと手軽に買い物をしたい」そんな欲望を具現化したのが、AmazonといったECサイトの登場です。現代はスマホ1つあれば欲しいものがすぐに届くシステムが構築されています。

ですから、同じような発想のもと、銀座久兵衛の寿司が食べたいと思えば、お寿司がすぐに飛んでくる。ハーゲンダッツのアイスが食べたいと思えば、すぐに手もとに届く……。

本来、その間に必要なはずの、お寿司やアイスを作るためにキッチンを用意して、材料を揃えて……といったプロセスやロジックを組み立てる必要はないのです。求める結果があるなら、アプローチはいくらでもある。そういう心構えでいいのです。

この手の想像力を持つのは、頭でっかちな大人のほうが既成概念に囚われがちで難しいものです。それに比べて人生経験は浅いけれども、そのぶん思考の仕方が柔軟な20代や10代、さらには子どものように頭を柔らかくして物事を考えられる大人にあなたもなりましょう。

彼らは、スマホさえあればいい。ネットさえ繋がっていればいい。言わば、物質的な豊かさより、心の豊かさに比重を置いている世代です。

そうした若者のニュートラルな発想こそ、アイデアの宝庫です。テクノロジーの向かう先も、彼らが望む未来にあるべきでしょう。

未だに「起業するなら株式会社にしなければ」「社員は最低でも5人以上は欲しいな」「福利厚生のある会社にしたい」といった前時代の発想の仕方をしていたら、テクノロジーが進化するこの先、スマホ片手に自らの想像力を膨らませ、次々とアイデアを放出していく若者たちに先を越されるのはあっと言う間です。

だからあなたも、形やプロセスに囚われるのではなく「あんなこといいな、できたらいいな」と妄想を膨らませてください。そして視野を広げ、その実現に向けてビッグチャンスの到来に素直に従うことが大切でしょう。

■「発見」した悩みや不満を「解決」する道具

新しいビジネスは、実は今あるものを組み合わせて創出されるものです。ゼロから何かを生み出すという技術やアイデアからの新ビジネスは、きっとこの先も創出されないでしょう。新しいビジネスは、今あるアイデアにほんの少しのスパイスをかけて、ビジネスモデル化されているのです。

では、どういう組み合わせで新しいビジネスを創造したらいいのか。アニメ『ドラえもん』を例に考えてみたいと思います。

のび太がドラえもんの道具を必要とするのは、ジャイアンに殴られたり、テストの点数が悪かったりと、何かしらの問題が生じたときで、それを解決するための道具が、ドラえもんの四次元ポケットから取り出されたはずです。

そして道具は、のび太の「こういうふうにしたい」という“願望”をストレートに叶えるものではなく、“改善”のためのソリューションとして道具が与えられることのほうが多かったはずです。

▲「発見」した悩みや不満を「解決」する道具 イメージ:PIXTA

例えば、ひみつ道具の「アンキパン」は、見た目は普通の食パンであるアンキパンを、ノートや本のページに押しつけるとそのページが写され、その食パンを食べると写された内容を確実に暗記できるというアイテムです。

アンキパンを食べたから教科書をすべて暗記できるのではなく、パン1枚につき約1ページしか暗記できないという制限がある中で、自ら願望を叶えるべく奮闘します。

つまり、ドラえもんは最初から結果が出る道具を与えるのではなく、結果を出すための道具をのび太に与えているのです。このストーリーでは、アンキパンのほかにも食事を食べ過ぎたことで腹を下し、テストの朝になってもう一度最初のページからアンキパンを食べ直すハメになる、というオチで終わります。

この物語とドラえもんのひみつ道具から察するに、誰もが悩みや不満、問題を抱えているなかで求めているのは、その問題を解決に導くための道具です。

私はその道具を開発することが、あるいは発見することが、新たなビジネスの着眼点であり、チャンスだと考えます。

現に、人々の問題から生まれた大ヒット商品に、パナソニック(松下電器産業)の「二股ソケット」があります。

二股ソケットとは、電球を挿すソケットが2つある照明器具です。大正時代は天井からぶら下がったソケットのみが電気の供給源だったため、そこに二股ソケットを付けて、片方にソケットからコンセントに変換するアタッチメントを装着することで、照明と他の電気製品が同時に使えるようになりました。

▲電灯の三股ソケットからタコ足配線した例 出典:『家庭全科』1960年3月号(ウィキメディア・コモンズ)

この二股ソケットの事例のように、不便に思ったことを解決するテクノロジーは、必ず重宝されます。

ですから、新ビジネスを創出したいのであれば、あなたも今ある世間の悩みの数々に着目し、あるものとあるものを組み合わせたり、足して2で割ってみたりしながら、創造してみてはいかがでしょうか。

関連記事(外部サイト)