地球以外の知的生命体が善良な存在であるとは限らない

2019年に惜しまれつつ逝った車椅子の天才宇宙物理学者・ホーキング博士の名言を若田光一さんが読み解き、ホーキング博士の「脳内宇宙」を旅した記録。「宇宙人は、なぜこの地球を選んで来るのか?」と自問した若田さんは、自分の視覚を超えた映像に「現実的ではない」と言ってしまった自分を反省します。人の「傲慢さ」とは、なんでしょうか。

■地球外の知的生命体は地球の資源を狙っている?

仮に、知的生命体がどこかのハビタブルゾーン〔太陽のような恒星とちょうどいい距離にあって、水が液体として存在する温度を保ち、生命が誕生するのに適した領域。〕に位置する地球型惑星にいて、現在、高度な文明を築いていると仮定します。しかし、我々の今の科学技術ではその星へは行けません。

そこで、逆に彼らが宇宙船に乗って地球に来訪するという可能性もなくはないと思いますが、ただ宇宙は広いです。少なくとも、地球の人類が現在知っている物理法則で考える限りは、彼らがいくら知的でも地球まで来るのは難しいのではないかと率直に思います。

もし、彼らが地球人の想像と英知をはるかに超えた科学技術を有しているとしたら、この広大な宇宙を簡単に旅して地球という惑星を訪れ、私たちとコンタクトしてくれる可能性も否定はできないかもしれません。

でも、またそこで私のなかで生まれる疑問は「この数多くある星々の中で、なぜ地球にわざわざ来るのか?」ということです。もしかしたら、文明人がジャングルの奥地で原始的な生活を営む部族を見つけて観察・保護するような目線で来るのかもしれません。または、資源の探査や開発の目的であったりするのでしょうか。

知的生命体が、地球以外のこの宇宙に一つでも存在するということが発見されたら、この宇宙には無数の文明を持った知的生命体がいる可能性が出てきます。そんななかで、彼らが地球を来訪する目的地に選んでくれたとしたら、よっぽどこの星の文明や生命体に興味を示してくれているのでしょう。

ただし、ホーキング博士が警告するのは、その知的生命体が必ずしも地球人にとって善良な存在だとは限らないということです。彼らの進化の過程や考え方、価値観が地球人と違うのかもしれないわけですから。

宇宙の片隅の惑星で生まれ、文明を築いてきた我々地球人は、果たして宇宙で唯一の生命体なのか。この話題は興味が尽きないですが、そう遠くない未来にその答えがわかることを期待しています。

▲地球外の知的生命体は地球の資源を狙っている? イメージ:PIXTA

■人間の五感を基準と考えてはいけない

虫めがねで髪の毛を見ると、
厚みがあることがわかります。
しかし肉眼では、長さはあるものの
次元がひとつしかない一本の線にすぎません。
時空も同じと考えていいでしょう。
人間、原子、そして原子物理学的長さの
スケールにおいても、
時空は四次元でほぼ平坦に見えます。
しかし、きわめて高エネルギーの粒子を使って
非常に短い距離を調べると、
時空は実は十か十一次元であるとわかります。

『ホーキング、未来を語る』より

十次元、十一次元と言われても、イメージするのは難しいものです。けれども、人間の感覚器官がとらえられる情報だけがすべてではない、ということは納得できます。

我々は普段、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚といった、五感から受け取る情報を判断基準にして生活していますが、その情報だけが現実のすべてではないことは確かです。

私がそれを決定的に感じたのは、国際宇宙ステーションでJAXAとNHKが共同開発した4Kカメラを使って地球を撮影したときでした。

4Kカメラは、ハイビジョンの4倍の画素数を擁する高解像度カメラで、約829万画素という高精細の美しい色彩の映像で、地球を撮影することができるのです。夜の地球の光景も、私の肉眼ではとらえられない小さな街の灯まで映し出し、そのあまりの映像の美しさに私は驚きました。

地球に帰還してから番組担当者の方と会ったとき「4Kカメラはすごいけれども、あれは現実的ではないですよ。人間の目だと夜の地球はあんなにきれいに見えません」と思わず言ってしまいました。

ただ、4Kカメラの映像を現実的でないと言ってしまった直後、いや、どちらも現実そのものではなく、どちらも現実を肉眼あるいは4Kカメラという、ある有限の感度のセンサーでとらえたものに過ぎない。つまり、真実の一つの解釈なのだということに気づきました。

あのカメラは一つの見え方を確実にとらえていて、人間の視力以上に真実の有り様に近づいているのだと思い直したわけです。

赤外線や電磁波などは肉眼では感知できませんが、それを感知するセンサーは存在し、私たちは当たり前のようにセンサーを搭載した機器を日常生活で利用しています。センサーというのは、現象のある部分をとらえるための道具と言えますが、人間のセンサーである五感が、一番のセンサーだと思ったら大間違いなわけです。

▲人間の五感を基準と考えてはいけない イメージ:PIXTA

私は「あの4Kカメラの映像は現実的ではないですよ」と言ってしまったとき「自分の目で見えているものが、最も確かな実在である。本物なんだ」と無意識に思っていました。でも、それはあまりにも早計で傲慢な考え方だったと反省しました。

世界の有り様というものは、調べれば調べるほど深く、まだまだよくわからないことが多い。我々がつかみきれていない事象は数多く存在するのです。

※本記事は、若田光一:著『宇宙飛行士、「ホーキング博士の宇宙」を旅する』(日本実業出版社:刊)より、一部を抜粋編集したものです。

関連記事(外部サイト)