“幸せ”ってなんだろう? 甘えん坊マルチーズとおばあちゃんの話

こんにちは、獣医師の北澤功です。僕は、毎日さまざまな動物と触れ合い、多くの飼い主さんとお話を交わします。明るいお話、楽しいお話、そして時には、つらいお話もしなければいけません。数多くの動物たちと一緒にいると忘れてしまいがちですが、人間・犬・猫……命の数だけそれぞれの人生があります。

今回は、少し数奇な人生を送ったマルチーズのエリーちゃんのお話をご紹介します。

■エリーちゃんは“隠れ”甘えん坊さん

ある日のこと。犬の手術を終え緊張から解放された僕は、お気に入りのイスに座りコーヒーを飲みながら一息ついていました。

少しまったりしていると、“スタスタ”とゆっくりこちらに近づいてくる足音が聞えます。その足音の方に顔を向けると、そこには、ずっと寝ていたマルチーズのエリーちゃんの姿が。

僕は膝をついて、エリーちゃんがこちらに来るのを待ちます。近くまで来ると、僕の膝を脚でそっとツンツン。彼女はいつも、レントゲン室にあるお気に入りの座布団で寝ていて、日中は他の動物が僕に甘えているのを遠くから見ているだけ。

でも診療が終わって、みんなが入院室に入り病院内の音がラジオだけになると、レントゲン室からひょこひょこと出てきて甘えにくる。それがなんとも可愛らしいんです。

そんなエリーちゃんですが、最近は歩くのが遅くなり、転ぶ回数も増えてきたのが気になります。この日はいつもよりさらに遅いような……。

僕のことをツンツンしてくるのは、抱っこの合図。痩せて骨ばった彼女の体をそっと持ちあげ、膝にのせました。……また体重が軽くなっている。僕は精いっぱい愛情をこめて彼女の頭を優しく撫でます。すると、あっという間に丸まってウトウトしはじめました。

▲動物の寝ている姿って、なんとも可愛らしい イメージ:PIXTA

少ししてコーヒーを飲み終えた僕は、膝からそっと彼女をおろします。普段はめったに声を出さないのに、このときは珍しいことに小さく消え入りそうな声で“ウワン”と鳴いたかと思うと、ゆったりとした足取りでレントゲン室へ戻っていきました。

その後、先ほど手術を終えた犬の様子を見にいくと、麻酔から覚めてしっぽを振っていました。元気いっぱいのようです。

「よし、これでもうひと安心」そう思った僕は、術着を脱いで帰り支度をはじめます。着替えを終えて、バックを背負い、ひと通り動物たちの様子を確認。最後は、レントゲン室にいるエリーちゃんに「おやすみ!」と声を掛けました。

エリーちゃんは起きていたようで、頭をあげ僕を見つめて、“ウワン ウワン”と声を発します。その時、僕はなぜだかわからないけど、無性にもう一度、頭を撫でてあげたくなりました。いま思えば、僕も彼女もこれまでとは違う“なにか”を感じていたのかもしれません。

■また来るから、早く元気になってね

エリーちゃんの年齢は推定18歳。僕の病院に来たのは昨年の冬のこと。飼い主のおばあちゃんが入院するということで、預かることになったのが始まりです。

あとで知ったことなのですが、このときすでに、おばあちゃんの具合は今後の目途がつかないほど悪い状態だったそう。またエリーちゃん自身も、体調が悪く痩せこけた状態でしたが、栄養剤の点滴で彼女の状態は無事に回復しました。

病院にきて2か月が過ぎたころ、おばあちゃんが一時退院したという話を聞き、僕はエリーちゃんを連れて会いに行きました。

部屋に入ると、バッグから顔を出しキョロキョロと部屋を見回します。ベッドで寝ているおばあちゃんを見つけると、嬉しそうに声をあげるエリーちゃん。

バッグから出してあげると、軽快な足取りでベッドに飛び乗っておばあちゃんの顔の横に。いつもはほとんど感情を出さない彼女ですが、そのときはすっかり毛が抜けてウインナーのようになった短い尻尾を精一杯フリフリしながら、おばあちゃんの顔を何度もなめました。おばあちゃんはそれに応えるように、優しい笑顔でエリーちゃんの頭を撫でます。

1時間ほど、おばあちゃんの家で過ごしたあと、僕はエリーちゃんを抱きあげバッグに入れて、帰りの準備をします。「また来るから、早く元気になってね」と僕が言うと、声が出ないおばあちゃんは、僕とエリーちゃんを見ながら、手を合わせて感謝を伝えてくれました。その目にはうっすらと光る涙が。

その翌日、おばあちゃんが亡くなったとの報せが届きました。エリーちゃんと最後に触れ合うために神様が少し時間をくれたのかな……。

■紆余曲折を経てたどり着いた安住の場所

エリーちゃんは、おばあちゃんのところへ保護犬としてやってきました。いつどこで生まれたのか誰も知らない。

おばあちゃんのところに来る前も、飼い主さんが何人も変わったとのこと。聞くところによると、東北で暮らしていたこともあったそうです。紆余曲折を経て、やっとたどり着いて安住の場所。しかし、おばあちゃんも亡くなってしまったため、僕が預かることに。

エリーちゃんはけっして声を出しません。他の犬に追いかけられても、吠えられても、隅っこに隠れるだけ。いつも静かに、誰にも迷惑をかけないようひっそりと過ごし、存在を消しているように見えました。

大好きな座布団に誰かが座ったときも、怒るわけでもなく部屋の隅っこで固く冷たい床に丸まっています。他の動物たちのように、いつでももっともっと甘えてくれればいいのに……。

次々に変わる飼い主の顔色をうかがって暮らすなか、静かにしていること、できるだけ気配を消すことで、彼女は生きていく術を身につけたのかもしれません。診療が終わった夜の、僕へのツンツンだけが彼女の精一杯の甘えでした。

翌朝、手術明けということもあり、少しゆっくりと準備をしていた僕に、看護師さんから一本の電話がありました。電話を取ると開口一番「先生、エリーちゃんが……」との声が耳に入ります。僕は慌てて病院に向かいます。

病院に到着すると、エリーちゃんはお気に入りの座布団の上で、いつも通り丸くなっていました。いつもと違うのは、眠ったまま二度と頭を上げることはなかったということ。

飼い主さんがどんどん変わって、住む環境も変わっていくという数奇な人生を送ったエリーちゃん。病院での生活はどうだっただろう? 少しでも幸せな気持ちになってくれたかな……。

天国でおばあちゃんに再会して、思いっきり駆け回って遊んでいてくれると嬉しいです。

▲天国で元気な姿で駆け回っていてほしいな イメージ:PIXTA

エリーちゃんが亡くなって2週間がたちました。

「あれ、エリーちゃんは?」
「この服、エリーちゃんに似合うかと思って持ってきたんだけど、いないの?」

たくさんの人に尋ねられます。僕が思っていた以上に、エリーちゃんはみんなに愛されていたみたい。今も毎日、たくさんの犬や猫、さまざまな動物たちが僕の足元でじゃれて甘えてきますが、あの遠慮がちなツンツンが無性に恋しくなります。

“第三の目“がある? 摩訶不思議な機能を持つ動物の神秘 | スーパー獣医 Dr.北澤のどうぶつ事件簿 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/1642 )

<病院情報>
十三次どうぶつ病院
〒143-0012
東京都大田区大森東1-5-2
電話番号:03-3761-5676
病院の診療時間:午前9:00〜12:00/午後13:00〜19:30
※日曜日は午後17:00までとなります。  
休診日:月曜日
※新型コロナウイルス感染拡大により、診療時間が記載と異なる場合がございます。ご来院前にホームページにてご確認ください。
ホームページ: https://53tsugi.com/

関連記事(外部サイト)