【今夜】2021年7月の満月は土星との天体ショーが楽しめる

7月の満月『バクムーン』に注目 今年は土星との"天体ショー"も楽しめる

記事まとめ

  • 7月の満月はオスのシカを意味する『バクムーン』という名前がついている
  • 2021年で『バクムーン』が見られるのは、7月24日となっている
  • 24日の夜から25日の明け方は月と土星が接近し、満月と土星の天体ショーが見られる

【今夜】2021年7月の満月は土星との天体ショーが楽しめる

【今夜】2021年7月の満月は土星との天体ショーが楽しめる

※写真はイメージ

4月の『ピンクムーン』や6月の『ストロベリームーン』など、各月の満月にはそれぞれ名前がついています。

7月の満月は、オスのシカを意味する『バクムーン』。この時期になると、オスのシカのツノが生え変わることから、『バクムーン』という名前がついたといわれています。

そんな『バクムーン』が見られるのは、2021年7月24日。この日の夜空は、美しい7月の満月が輝きます。

■2021年7月24日は、土星との天体ショーも

7月の『バクムーン』は、4月や6月の華やかな名前の満月と比べると、インパクトに欠けがちです。

しかし、『バクムーン』が見られる同月24日の夜から25日の明け方には、月と土星が接近。満月と土星の天体ショーを見ることができます!

土星は、ほかの星と比べると比較的明るく、満月の近くであるという目印が分かっていれば、すぐに見つけられることでしょう。

また、24日は全国的に晴れ間も広がっているため、九州・四国の一部地域をのぞき、観測にもぴったりの好条件!

冷たい飲み物とアイスを手に、ゆっくり夜空を見れば、きっと夏の暑さも忘れられるはずです。夏の天体ショーをお見逃しなく!


[文・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)