『TOKYO MER』に稲森いずみが出演 物語のカギを握る刑事役

TBSで放送中のテレビドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』に、俳優の稲森いずみさんが出演することが発表されました。

救命救急のプロフェッショナルチーム『TOKYO MER』を舞台に繰り広げられる、医療ドラマである同作。

『MER』のチーフ・喜多見を演じる鈴木亮平さんを筆頭に、賀来賢人さん、中条あやみさん、菜々緒さんら、新旧の豪華俳優陣が集結しています。

■『TOKYO MER』第7話から、新章突入

これまで喜多見の秘密として伏せられてきた、彼の経歴の『空白の1年』に一体何があったのかが明かされる第7話。

『空白の1年』を追う新章のキーパーソンとして公安の刑事・月島が登場し、物語は一気に加速し展開します。

月島を演じるのは、俳優の稲森いずみさん。胸の奥にはどんな手段を使っても国民の安心・安全を守るという強い使命感を抱いている、という難役を演じます。

■稲森いずみ コメント

私が演じる月島しずかは警視庁公安部キャリアで80人の精鋭を率いている女性課長。

クールな刑事ですが、とても使命感が強く、国民の安心・安全に全力を注ぎ、そのためには手段をも問わないハードボイルドな一面もあります。

「国民を守ること」それが自分の使命だと思い、役に臨んでいきたいと思います。

鈴木亮平さんとは初共演になりますが本当にヒーローのようでした!喜多見先生のような医師や救命救急チームが本当にいたら素晴らしいですよね。

この物語の新しい展開となる、喜多見の空白の1年を知る人物として、どのように対峙して、どういう揺さぶりをみせるのか、その闘いを是非楽しみにしていただきたいです。

喜多見の空白の1年を巡り、大きく揺れる『TOKYO MER』。稲盛さん演じる公安刑事・月島が物語にどのような影響を与えるのか、ますます今後の展開から目が離せません。

TOKYO MER/TBS系で毎週日曜・夜9時〜放送

過去のTOKYO MERドラマコラムはコチラから


[文・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)