【TGS2021レポ】パワポケ10年ぶりの新作は戦車バトルも!? 山本拓Pのコメントも紹介【パワプロクンポケットR】

2021年9月30日〜10月3日、千葉県千葉市の幕張メッセで行われた『東京ゲームショウ』。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、一般向けのオンラインと、プレスやインフルエンサーを対象にした会場の2つに分けての開催となりました。

KONAMI(コナミ)ブースでは、同年11月25日に発売されるNintendo Switch用ソフト『パワプロクンポケットR』などのブースを設置。

『パワプロクンポケット(以下、パワポケ)』は10年ぶりの新作ということで、盛り上がりを見せています!

■『パワプロクンポケットR』は、野球…だけでなく、戦車でワイワイ!?

『パワポケ』シリーズは、1999年から2011年まで携帯ゲーム機で発売していた、野球ゲーム『パワフルプロ野球』シリーズの姉妹作品です。

そんな『パワポケ』の新作で搭載される新育成モードは『サイバーバル』というもの。

なんとこのモードでは、野球で戦う…のではなく、戦車を操ってバトルをすることができるのです!

同作品のブースでは、コンパニオンたちと協力して4人で『サイバーバル』モードを遊ぶことが可能。

用意された戦車型の椅子に座れば、心の準備も万端。テレビを囲み、大盛り上がりで楽しむことができます!

コナミカラーの衣装を着たコンパニオン
戦車に乗って4人で協力!

『サイバーバル』モードでは、それぞれ特徴が異なる戦車に加え、装備やサポートキャラを選択。

顔を合わせた状態での協力プレイの場合、ここで戦闘での役割分担をすると、より強力な部隊を組むことができそうです!

今回はエリア1を試遊

基本的なシステムは、たくさんの敵が出てくるステージを勝ち抜き、ステージを進んでいきます。

さらに、各ステージで表示される「同時に〇体の敵を撃破」や「HPが〇%以上でクリア」といったミッションをクリアすると、育成ボーナスがつきます。

体力がゼロになったプレイヤーが出ると「今助けに行くね!」と声をかけ合ったり、全体がピンチになると「回復ポイントに集まって!」と呼びかけたり、強力な『SPスキル』を発動するタイミングを相談したりと、凄まじい一体感!

敵を全滅させればクリア
ゲージが溜まると発動できる『SPスキル』
ボス戦はチームの連帯感が重要に!

家族や友人との協力プレイはもちろんのこと、『Nintendo Switch Online』に加入すればオンラインプレイも可能。

モードによって、いろいろな楽しみ方ができそうです!

モード選択画面

■山本拓Pから、シリーズファンへのコメント

ブースには、『パワプロクンポケットR』のプロデューサーである山本拓さんの姿も。

10年ぶりの新作発売を前に、シリーズファンへのコメントをいただきました!

今回は10年ぶりの『パワポケ』ということで。

シリーズファンのみな様には、Nintendo Switchで遊ぶグラフィックが進化した『パワポケ』で、本格派野球や、時代に合わせながらも従来のテイストが味わえるストーリーを楽しんでもらいたいです。

新要素である『サイバーバル』のアクションも、ぜひ楽しんでいただければと思います!

原点である『サクセス』のリメイクに加え、2006年にゲームボーイアドバンスで発売された『パワポケダッシュ』を移植したDLCが早期購入特典としてついてくるなど、シリーズファンにはたまらない内容となっている今作。

もちろんシリーズファンだけでなく、『パワポケ』を知らない人でも『サイバーバル』などでワイワイ楽しむことができます。

早期購入特典は2022年5月26日いっぱいまで。なくなり次第終了のため、要チェックです!

【パワプロクンポケットR】

発売日:2021年11月25日
対応ハード:Nintendo Switch
プレイ人数:テレビモード&テーブルモードは1〜4人(プレイヤー1人につき、Joy-Con1本が必要)、携帯モードは1人
価格:5995円(税込)

©Konami Digital Entertainment


[文・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)