見知らぬ男性に「フリスビーを投げて!」と近寄った犬 無視されたワケは?

見知らぬ男性に「フリスビーを投げて!」と近寄った犬 無視されたワケは?

※写真はイメージ

1歳になるボーダーコリーのノヴァは、フリスビーで遊ぶのが大好き。

ノヴァは飼い主さん以外でも、一緒に遊んでくれそうな人を見つけると、フリスビーを持って駆け寄るのだそうです。

■絶対にフリスビーを投げてくれない『相手』とは?

この日、散歩中にベンチに座っている男性を見かけたノヴァは、「ねえ、遊ぼう!これ投げて!」とフリスビーをくわえて近付きました。

ところがその男性は、ノヴァのフリスビーを受け取ってくれません。

こんなにかわいい犬の『遊んでアピール』を無視できるなんて、一体どんな人なのでしょうか。答えはこちらです。

…これは仕方ない!

ノヴァが遊んでほしがっているのは、第16代アメリカ合衆国大統領であるエイブラハム・リンカーンの像!

飼い主さんは「エイブラハムは冷たい眼差しで、ノヴァを無視し続けました」と動画を投稿。

すると、ノヴァにたくさんの同情の声が寄せられました。

・なんてかわいいんだ!この犬をハグしてあげたい。

・よく粘ったね。でも、リンカーンさんは大統領だから忙しくて遊べないんだよ。

・かわいそうに。ちょっとリンカーンさん、この子と遊んであげてよ!

何度かアピールした後で、「ママ、このおじさん遊んでくれないよ」と素直にあきらめたノヴァがいじらしいですね。

おそらく普段は多くの人が、フリスビーを投げてくれるのでしょう。

残念ながらリンカーンの像は遊んでくれませんでしたが、こんなに愛らしい犬を無視できる人のほうが少ないはず。

「次に出会った人はきっと投げてくれるよ!」と、ノヴァを抱きしめてあげたくなりますね!


[文・構成/grape編集部]


出典
Abe Lincoln Won't Throw Frisbee for Perky Pup || ViralHog

関連記事(外部サイト)