『TOKYO MER』映画化決定! さらに喜多見たちがかわいい動物キャラクターに…?

2021年7月期に日曜劇場枠で放送された、俳優の鈴木亮平さんが主演のテレビドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(TBS系)。

2022年1月5日、本作の映画化が決定しました!映画の公開は2023年の予定だといいます。

grapeではドラマコラムの連載や、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両『ERカー』を取材してきました。

『TOKYO MER』に関する記事はこちら

『TOKYO MER』という都知事直轄の医療チームは、重大事故・災害・事件の現場に駆け付け負傷者にいち早く救命処置を施す救命救急のプロフェッショナル。

1人も死者を出さないことをミッションに、ドラマではさまざまな事件や事故に立ち向かってきました。

映画でも、鈴木亮平さんが主演を務めます。

医系技官の音羽尚を演じる賀来賢人さんや、循環器外科とMERチームを兼務する研修医・弦巻比奈役の中条あやみさん、さらに菜々緒さんや仲里依紗さん、石田ゆり子さんたちの続投も決定しています。

また、映画化を記念してMERメンバーたちがかわいい動物キャラクターとなって登場するウェブ版ショートアニメの配信も決定!

ドラマの名場面をオマージュした場面設定で、病院あるあるネタなどが描かれるといいます。

ウェブ版ショートアニメは2022年1月5日より、『TVer』『TBS FREE』などで1〜3話まで配信。新エピソードも随時配信されます。

映画も楽しみですが、ショートアニメも見逃せませんね!

■『TOKYO MER』映画化に鈴木亮平は?

【鈴木亮平コメント】

映画化と聞いて、なによりも『MER』メンバーに再び会えると思うと今からとてもワクワクしています。

『TOKYO MER』が描いてきたのは、たった一つしかない命の大切さ。そしてそれを支える医療従事者をはじめ、消防隊、警察など、誰かのために頑張っている人たちの勇気ある心です。

ドラマ放送中は、僕たちも皆様からたくさんの勇気と熱い感想をいただきました。今回そのお気持ちに、映画化という最高の形で恩返しできることが本当にうれしいです。

そして、現実でもまだ予断を許さない状況が続いているからこそ、医療従事者の方々の魂を伝えられる作品を作りたいと思っています。

ドラマの時にも巨大なスケールで描かれた『TOKYO MER』が、映画になるとどうなってしまうのか…僕もまだ想像できていないのですが、間違いなくさらにスケールアップした作品になるでしょう。

責任重大ですね。楽しみですが、少し怖くもあります(笑)。

我々『MER』メンバーもドラマと同じレベルのものをお見せするわけにはいきません。個々のスキルもチームワークもさらにパワーアップして、成長した姿を見ていただきたいです。

劇場版『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』を是非ご期待ください。お楽しみに!

【プロデューサー・八木亜未コメント】

ドラマ時のメンバーの再集結が叶い、新たな物語を、しかも映画という大きな舞台で紡げることに、今からとてもワクワクしています。

ドラマ以上のスケールと感動をお届けすべく、喜多見チーフはじめ、チームMERで頑張りますので、楽しみにお待ちいただければと思います。

また、公開までの期間を皆様に楽しみながらお待ちいただくため、1話2分くらいのショートアニメを作りました。

本日から3月にかけて順次配信していきます。ドラマとは一味違うゆる〜い面白さですので、お気軽にご覧ください!


[文・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)