ヤマト運輸のトラックを見た2歳児 その後のひと言に、母「ただただ可愛い」

5歳と2歳の娘さんを育てる、母親のやまき?し みゆき(yukiyama_27)さん。

やまぎしさんは、外出中にヤマト運輸(通称:クロネコヤマト)のトラックを目にした時の、次女の反応をInstagramに投稿しました。

2歳の娘さんは、特徴的な猫のマークでクロネコヤマトだと気付いたのか、「ヤマトさんだ!」といった後…。

クロネコヤマトの宅急便を、「やまもとタヌキの宅急便」といい間違えてしまいました!

2〜5歳頃は、急激に言葉を覚えていく時期。言葉の意味や表現を理解する途中のため、多くの子供がいい間違いをするといわれています。

例に漏れずいい間違いをしたやまぎしさんの次女には、「動物が変わってしまった!」「もうタヌキでもアライグマでもかわいい」と、多くの人がメロメロに。

クロネコヤマトの宅急便…もとい、やまもとタヌキの宅急便は、今日も人々に荷物を届けるべく、トラックを走らせているのでしょうね!


[文・構成/grape編集部]


出典
yukiyama_27

関連記事(外部サイト)