愛犬の散歩に出たら、『家族』が増えた!? 「最高の展開」「ありがとう」

愛犬の散歩に出たら、『家族』が増えた!? 「最高の展開」「ありがとう」

reycaquias

犬は散歩中にいろいろなところの匂いを嗅いだり、興味を示したりします。

何かが気になってその場から動かない犬に向かって、「ほら、行くよ!」と飼い主がリードを引っ張る光景は珍しくないですよね。

■愛犬が何かを発見!そこにいたのは…

プエルトリコに住むレイ・カキアスさんが、愛犬のティアゴと自宅近くを散歩していた時のことです。

途中でティアゴが何かに気を取られて、前に進まなくなりました。

ウェブメディア『The Dodo』によると、レイさんが呼んでもティアゴは彼を無視して、森のほうへ行こうとしたのだとか。

レイさんが「おかしいな」と思った直後、どこからか小さな鳴き声が聞こえます。

気になった彼がティアゴの後をついていくと、木の根元に隠れるように1匹の子犬がいたのです。

@reycaquias #dalmata ? sonido original - Rey

レイさんはその子犬を捕まえようとして、怯えた子犬に手を噛まれてしまいます。

それでも彼はあきらめず、段ボール箱を見つけてきて、なんとか子犬を保護しました。

子犬はガリガリに痩せていて、人を怖がっていましたが、レイさんを信頼するまでに時間はかからなかったそう。

まるで我が子のように、ティアゴが子犬に優しく接したことも、子犬が彼らに心を開く手助けになったのでしょう。

今では子犬はすっかりレイさんの家族の一員となり、元気いっぱいに過ごしています。

@reycaquias Responder a @piabernaolag ? Rockin - Chris Alan Lee

これらの動画には「ティアゴはヒーローだ」「最高の展開」「子犬を助けてくれてありがとう」などの声が寄せられています。

子犬が見つかった状況から判断すると、誰かがあの場所に捨てた可能性が高いとのこと。

もしあのまま誰にも見つけられなかったら、水も食べ物もない場所で子犬は生き延びられなかったはずです。

レイさんは「ティアゴはとても優しい犬です。彼が子犬を見つけてくれたことに感謝しています」と話しています。

ティアゴとレイさんに見つけてもらえた幸運な子犬は、これからずっと幸せに生きていけることでしょう。


[文・構成/grape編集部]


出典
reycaquias/The Dodo

関連記事(外部サイト)