ATMにいた先客 なかなか出てこず見に行くと「紛らわしいわ!」

ATMにいた先客 なかなか出てこず見に行くと「紛らわしいわ!」

ATMにいた先客 なかなか出てこず見に行くと「紛らわしいわ!」の画像

高齢者などをターゲットに、電話を介して特定の口座にお金を振り込ませる『振り込め詐欺』。

警察庁の調べによると、振り込め詐欺を含む特殊詐欺の認知件数は、2020年度の1年間で1万3550件にのぼったといいます。

被害を少しでも減らすため、ATM周辺には、振り込め詐欺撲滅の啓蒙ポスターや看板が設置されていますよね。

被害に遭いそうになった時、「もしかして振り込め詐欺では…」と抑止力を期待できるものです。

■ATMの場所にいた先客の正体

齊藤晋作(appleshinsaku)さんは、ATMを利用しようとしたところ、1人の先客がいることに気付きました。

車の中で待ち続けること7分。なかなか空かないことに違和感を抱いた齊藤さんが、様子を見に行くと…。

@appleshinsaku HAIR MAKE APPLE!福井をカラフルに!福井の美容師ですよ。 #派手髪#ヘアサロン#ヘアカラー ? Future - Official Sound Studio

ATMが入った建物の中にいたのは、人ではなく振り込め詐欺の撲滅を啓蒙している看板だったのです!

外からだと、ATMを操作中の人がいるかのように見える看板。

齊藤さんが見間違えてしまったのも、無理はないかもしれませんね。

この看板に対し、「ややこしくて笑った」といったコメントが寄せられています。

・「だまされていませんか?」があおっているみたいで笑った。

・外で待ってしまうのも納得だわ…。ちょっと移動させてほしい。

・後ろ姿にだまされた…。紛らわしいわ!

ATMを利用している人のように見える看板。

目立っていることを考えれば、役割は果たせている…といえそうです!


[文・構成/grape編集部]


出典
appleshinsaku/警察庁特殊詐欺対策

関連記事(外部サイト)