YouTubeチャンネルの作成方法 スムースな動画投稿のポイントも解説

YouTubeをビジネスに活用したい人や、個人でYouTube動画を配信して収益化したいと考える人は少なくありません。

YouTubeは、身近な娯楽の1つとして定着している一方で、ただ視聴する場合とは違い、自分でチャンネルを開設する場合は難しく感じるのではないでしょうか。

しかし、実際はGoogleアカウントがあればチャンネル開設は簡単です。

いくつかの注意点を事前に理解しておけば、スムースに動画投稿ができるでしょう。

当記事では、YouTubeチャンネルの詳しい作成方法と、動画投稿のポイントを解説します。

■YouTubeで動画投稿を始めるにはチャンネル作成が必須!

※写真はイメージ

YouTubeにログインせず、動画視聴するだけの場合は、特別な手続きは必要ありません。

一方で、チャンネル登録や評価などのさまざまな機能を使いたい場合は、YouTubeにログインする必要があり、Googleアカウントの取得を求められます。

さらに、YouTubeに動画を投稿したいと考える場合は、Googleアカウントの取得以外にチャンネルの作成が必要。

チャンネルを作成すれば、動画投稿のほか、配信動画の管理、コメントなどが可能です。

YouTubeのアカウントには、自動で作成される個人アカウントと、ブランドアカウントの2種類があります。

個人アカウント

Googleアカウントを作成した時に、自動で作成されるYouTubeのアカウントです。

そのため、Googleアカウントをすでに1つ持っている人は、YouTubeのアカウントも1つ持っていることに。

この場合のYouTubeアカウントは、Googleアカウントと同じユーザーネームとアイコンが使用されます。

ブランドアカウント

個人アカウントとは別に、任意のアカウント名とアイコン画像で作ることができるYouTubeアカウントです。

アカウント取得に費用はかかりません。

ブランドのためのアカウントであるため、複数人が各自のGoogleアカウントで管理できます。

ブランドアカウントと個人アカウントとの関係は公開されず、視聴者に名前などの情報を知られずに済むという点もブランドアカウントのメリットです。

また、1つのGoogleアカウントで複数のブランドアカウントを管理することもできます。

ブランドアカウントは個人アカウントよりもメリットが多いため、これからYouTubeチャンネルを運営する人は、ブランドアカウントを選ぶとよいでしょう

ここからは、ブランドアカウントを作成することを前提に解説します。

■YouTubeチャンネルを作成する方法

※写真はイメージ

YouTubeでチャンネルを作成する方法は簡単です。

Googleアカウントを持っていれば初心者でも簡単に、無料でチャンネル作成が可能。

パソコンでもスマホでもチャンネル作成は可能ですが、『YouTubeアプリ』からはチャンネルの作成ができません。

スマホを使う場合は、『Google Chrome』などのブラウザで作業しましょう。

ここでは、チャンネルを作成する手順をご説明します。

■YouTubeにログインする

YouTube スクリーンショット

チャンネルを作成するには、まずYouTubeにログインしましょう。

YouTubeにログインする際に、Googleアカウントが求められるため、持っていない場合は取得が必要です。

YouTube用のGoogleアカウントを新しく取得することも可能

Googleアカウントをすでに持っている場合は、YouTubeのログイン画面からログインします。

■チャンネルを作成する

YouTube スクリーンショット

YouTubeにログインしたら、アカウントのアイコンをクリック。

表示された中から『設定』をクリックしましょう。設定画面に切り替わったら『チャンネルを作成する』をクリックします。

YouTube スクリーンショット
YouTube スクリーンショット

次に、チャンネル名を決めて入力します。チャンネル名は、チャンネルの特徴を表現した分かりやすいものにすることがポイントです。

YouTube スクリーンショット
YouTube スクリーンショット

ほかのチャンネルと名前が同じ、もしくは、似た名前は、先に開設しているチャンネルのほうが表示されやすく、再生回数が伸びない可能性があります。

同じようなチャンネル名がないか、事前にチェックしましょう。

なお、チャンネル名は後から変更できますが、ファンになってくれた視聴者を離さないためにも、なるべくチャンネル名を変更しないことをおすすめします。

■チャンネルをカスタマイズする

※写真はイメージ

チャンネルのトップページは、初期状態では装飾や説明がないため、魅力的に見えるようにカスタマイズをしましょう。

チャンネルカスタマイズは以下の3点を行います。

・アイコンの設定

・概要欄の設定

・バナーの設定

それぞれ詳しく解説します。

アイコンの設定

アイコンは、チャンネルを印象付ける重要なものであるため、視聴者にどのようなイメージを持たれたいか考え、関連性のあるものやインパクトのあるものを選ぶとよいでしょう。

設定方法は、まず、YouTubeアイコンをクリックして『チャンネル』を選択。

次に、歯車の形の設定マークをクリックして、好きな画像を登録します。

YouTube スクリーンショット

概要欄の設定

チャンネル概要欄は、チャンネルに興味を持ってくれた視聴者が、どのような人(企業)が動画配信しているのかを知るために見る場所です。

自身(自社)のアピールや、ウェブサイトへの誘導も可能なため、内容をよく検討してから作成しましょう。

設定方法は、『チャンネル設定』画面から『説明』の欄に入力。

入力したら『概要』ボタンから確認します。

チャンネルのコンセプトを決めておく

チャンネルに一貫した方向性があると、固定ファンが付きやすいため、チャンネル登録者数も増加するでしょう。

『何について伝えるチャンネルなのか』『誰に向けたチャンネルなのか』ということを明確にした上で、投稿動画や配信内容を決めましょう。

投稿する動画テーマを決めておく

チャンネルを成長させてファンを獲得するには、定期的な動画投稿が欠かせません。

テーマが思い付かず、動画コンテンツの配信が滞ってしまうことを避けるために、動画のテーマは始めに思い付く限り書き出しておくのがよいでしょう。

まずは20テーマほど考えると安心。

YouTubeのチャンネルはただ作成するだけでなく、便利な機能をフル活用したり、コンセプトや投稿内容などをしっかり決めたりすることも重要です。

■YouTubeで動画投稿を始めよう!

※写真はイメージ

チャンネルの作成と設定が完了したら、YouTubeで動画投稿を始めましょう。

動画を投稿するには、アプリを開き、上部のビデオカメラのマークをタップします。

『アクセス許可』が表示されたら、アクセスを許可してください。

一覧に表示された中からすでに撮影した動画を選ぶか、『録画』をタップして動画撮影をスタート。

次に、動画のタイトルとその下に動画内容を説明する文章を入れてください。

動画をアップロードする際には、子供向けか、成人の視聴者に制限するかなどの質問に回答

アップロードのボタンをタップすると投稿完了までの残り時間が表示されます。

動画アップロードが完了したら、再生できるかを確認しましょう。

■まとめ

※写真はイメージ

YouTubeでのチャンネル作成は、Googleアカウントがあれば簡単です。

YouTubeアカウントには、Googleアカウント作成時に自動的に作成される『個人アカウント』のほか、任意に名称を決められる『ブランドアカウント』が存在します。

これからチャンネルを運営する人は、メリットの多いブランドアカウントを選択しましょう。

チャンネルを作成する際には、コンセプトを決めたり、あらかじめ複数のテーマを用意したりすることが必要です。

アカウント制限の解除も忘れずに行いましょう。

YouTubeのチャンネルを育てるには定期的な動画投稿が欠かせません。

注意点をふまえてスムースに動画を投稿しましょう!


[文・構成/grape編集部]


出典
YouTube

関連記事(外部サイト)