パンケーキとホットケーキの違いとは? ピッタリなトッピングも紹介

ほんのり甘くてふわふわしているパンケーキやホットケーキは、おやつや食事に最適な食べ物です。

しかし、パンケーキとホットケーキの違いが分からず、日常での使い分け方に悩んでいる人も少なくありません。

そこでこの記事では、パンケーキとホットケーキの違いや、使い分け方についてご紹介します。

パンケーキやホットケーキのレシピやトッピングについてもご紹介しますので、参考にしておいしいパンケーキやホットケーキを作りましょう!

■『パンケーキ』と『ホットケーキ』の違い

『パンケーキ』と『ホットケーキ』には下記の材料が使用されており、両者ともに主要な材料は共通しています。

・小麦粉

・牛乳

・卵

・ベーキングパウダー

・砂糖

パンケーキとホットケーキの違いについて、絶対的な基準ではありませんが世間一般では下記のような認識が持たれています。

・パンケーキ:甘くなく、食事に合う

・ホットケーキ:甘くて、厚みがある

パンケーキとホットケーキの具体的な違いは、下記の通りです。

■パンケーキとは

パンケーキとは、底が平らなフライパンや鍋で焼いたケーキ全般をいいます。

パンケーキは英語で『pancake』であり、『パン(pan)』はフライパンなどの底が平らな鍋のことです。

パンケーキ生地は薄く甘さが控えめなことが特徴であるため、トッピングによってはスイーツとしても食事としても食べることができます。

また、お好み焼きやクレープ生地なども、平らな鍋で薄く作り甘さが控えめなことから、パンケーキに分類されます。

■ホットケーキとは

ホットケーキは、海外で食べられていたパンケーキを、明治時代に『薄餅』と和訳されて日本に伝わりました。

薄餅は『ハットケーキ』の名称でデパートの食堂に売り出されることとなりましたが、その後はホットケーキの名称で定着しました。

ホットケーキは分厚く甘みがあるため、スイーツとして食べられることが多いです。

市販のホットケーキミックスには砂糖が入っているため、一般的にホットケーキは甘いものという認識があります。

パンケーキとホットケーキの厳格な違いはありませんが、世界的にはパンケーキの名称が使われることが多い傾向です。

ホットケーキは英語で『hotcake』と書きますが、『hot』が『話題の、人気のある』という意味になるため、海外では『大人気のケーキ』という意味で伝わる可能性があります。

パンケーキやホットケーキのことを海外で話す際は、ホットケーキではなくパンケーキといいましょう。

■『パンケーキ』と『ホットケーキ』の使い分け方

パンケーキとホットケーキは、主な材料が同じであり、実質的にはほとんど一緒の食べ物です。

しかし、一般的にはパンケーキとホットケーキの名前を区別して使っています。

ここでは、パンケーキとホットケーキの歴史を踏まえて、両者の使い分け方を解説します。

■トレンドのおしゃれスイーツ『パンケーキ』

2006年頃、ニューヨークなどで人気のパンケーキがメディアで取り上げられ、パンケーキの存在が広く知られるようになりました。

2010年頃には、若者の街『原宿』などで、次々とパンケーキ専門店がオープンしたことにより、若者のおしゃれスイーツとして人気を集めるようになります。

東京からはじまったパンケーキの流行はすぐに全国各地へ広がり、パンケーキ店は競い合うようにトッピングを大量にのせたり、進化系パンケーキを開発したりしました。

ほかのパンケーキ店との差別化を図るお店が相次いだ結果、パンケーキブームが長く続き、今や定番スイーツとなっています。

海外から来たことや豊富なトッピングにより、ホットケーキよりもパンケーキのほうがおしゃれなイメージを持っている人が多いようです

■親しみやすい日本のスイーツ『ホットケーキ』

パンケーキがホットケーキとして日本に伝わった1884年には、どら焼きと同様の食べ物として認識されていました。

1931年になると、『温かいケーキ』という意味のホットケーキと名付けられ、ホットケーキミックスが発売されます。

ホットケーキミックスの発売当初は、一般家庭では手が出せない高級品でした。

しかし、はじめは高級品であったホットケーキミックスも徐々に価格が下がり、家庭の味として親しまれるようになりました。

ホットケーキとしてお店に売り出しているのは、カフェよりも『昭和風の喫茶店』であることが多い傾向です。

また、パンケーキよりもホットケーキのほうが、シンプルでレトロなイメージです。

■『パンケーキ』や『ホットケーキ』のおいしい作り方

ふわふわのパンケーキやホットケーキの作り方は、下記の通りです。

■材料1人分

【手作りホットケーキミックスの材料】

・小麦粉:大さじ3+小さじ2

・砂糖:大さじ1

・ベーキングパウダー:小さじ1/2

・塩:少々

【メレンゲの材料】

・砂糖:適量

・卵白:2個

【そのほかの材料】

・牛乳:20g

・卵黄:2個

■(1)メレンゲ以外の材料を混ぜる

※写真はイメージ

手作りホットケーキミックスの材料をすべてボウルに入れ、泡だて器でよく混ぜます。

手作りホットケーキミックスができたら牛乳と卵黄を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜましょう。

■(2)メレンゲを作る

※写真はイメージ

卵白を、水滴や汚れがついていないきれいなボウルに入れます。

卵白に砂糖を加え、ハンドミキサーで角が立つまで、かくはんします。

つぶれにくいメレンゲを作るためには、冷えた卵白を使うことがポイントです。

■(3)メレンゲを加えて混ぜる

※写真はイメージ

メレンゲ以外の材料を混ぜたボウルに、メレンゲの1/3を加えてさっくりと混ぜます。

続いて残りのメレンゲを2回に分けて加えます。

メレンゲの泡をつぶさないために、生地をすくい上げるように混ぜましょう。

■(4)蒸し焼きにする

※写真はイメージ

弱めの中火で熱したフライパンに、油を薄く塗ります。

温まったフライパンに生地を置きます。

薄く焼き色がついたら、ひっくり返して蓋をしましょう。

5分蒸し焼きにすれば、ふわふわのパンケーキやホットケーキの完成です。

■『パンケーキ』や『ホットケーキ』に合うおいしいトッピング

パンケーキやホットケーキに合うおいしいトッピングは、下記の通りです。

■生クリーム

生クリームは、パンケーキやホットケーキのトッピングの定番です。

通常の生クリームだけではなくチョコレートやいちごの生クリームをトッピングすることで、アレンジの幅が広がります。

■フルーツ

イチゴやバナナ、マンゴーなどのフルーツと組み合わせましょう。

甘酸っぱいフルーツのおかげで、甘いパンケーキでも最後まで飽きずに食べることが可能です。

■あんこ

パンケーキやホットケーキを和風にアレンジするためには、あんこをトッピングします。

あんこにバターをのせると、甘じょっぱさがクセになるスイーツになります。

■スクランブルエッグ

スクランブルエッグを組み合わせると、満足感のある食べ物に変化します。

スクランブルエッグは手軽に調理できるため、さっと作りたい朝食時にも、しっかり食べたい昼食時にもオススメです。

■チーズ

塩気のあるチーズを、ほんのり甘いパンケーキやホットケーキにのせましょう。

徐々に溶けていくチーズと、ふわっとしたパンケーキやホットケーキの組み合わせを堪能できます。

■ツナ

食事系クレープとしても定番の具材であるツナは、パンケーキやホットケーキにもよく合います。

ツナにマヨネーズを加えたりサラダと食べたりすることで、ボリュームのあるごはんにすることが可能です。

■まとめ

パンケーキとは、フライパンや鍋などで焼いたケーキを指します。

一方でホットケーキとは、海外で食べられていたパンケーキが日本に伝わり進化したものです。

パンケーキとホットケーキに明確な違いはありません。

ただ、パンケーキはおしゃれなカフェのスイーツとして、ホットケーキはレトロな喫茶店でみられるスイーツとして認識されていることが一般的です。

おいしいパンケーキやホットケーキは、家庭でも簡単に作ることができます。

『生クリーム』『フルーツ』『あんこ』『スクランブルエッグ』『チーズ』『ツナ』などをトッピングし、こだわりのあるパンケーキやホットケーキを作りましょう。


[文・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?