「実物を初めて肉眼で見た」 飛行船に『新スーパードライ』の文字があったワケ

・何か空に飛んでる!一瞬、UFOかと思って焦ったけど違った。

・めっちゃ目撃情報があるけど、今って何かやっているのかな?

・実在するんだ…。実物を初めて肉眼で見た。感動。

2022年4月22日に、東京都の上空で飛行船の目撃が相次ぎ、「懐かしい」「かわいい」などの声がSNSに続々と投稿されました。

飛行船といえば、日本では広告で使用されてきた歴史がありますが、昨今ではほとんど見かけません。

レアな飛行船が出現した理由…それは、あるイベントと関係がありました。

■豪華ゲストが発表会に集結!注目のプロモーションも

同日、東京都港区の六本木にある複合商業施設『東京ミッドタウン』で行われたのは、アサヒビールのイベント。

主力ブランドである、アサヒスーパードライ(以下、スーパードライ)のフルリニューアルに合わせて開始した、プロモーションの発表会です!

イベントにはゲストとして、YouTuberのHIKAKINさんや、アイドルグループ『Sexy Zone』の中島健人さんと菊池風磨さんが登場しました。

左から順に塩澤社長、菊池さん、中島さん、HIKAKINさん

『新スーパードライ』に掛けたトークセッションの後、新テレビCMに出演している中島さんと菊池さんが、ビールサーバーを使って注ぎ方を競い合い、会場の笑いを誘います。

イベントにはアサヒビールの塩澤賢一社長も登壇し、発売以来36年目で初となるフルリニューアルの反響について述べました。

『新スーパードライ』の缶容器は、2022年3月の販売数量が前年比141%※1となり好調に推移しています。

購入者は、2021年末の1,961万人※2から2022年3月には2,036万人※3となりました。

『新スーパードライ』は、早くも多くの人に愛飲されているようですね。

また、『新スーパードライ』の販売に合わせ、各種プロモーションを大々的に展開しているとか。

その内の1つとして「六本木の上空に飛行船が来ている」というので、早速見に行ってみました!

■話題になった飛行船の正体

スーパードライが発売された翌年の1988年に、広告塔として話題となった飛行船『スーパードライ号』が、2022年3月31日に復活。

『新スーパードライ号』として、本当に六本木の上空に来ていました。多くの人が目撃した飛行船は、これだったのですね!

飛行船は、2022年3月31日から5月30日までの約2か月をかけて、北海道から北九州までの日本列島の空を周遊します。六本木の後は、仙台エリアや石川エリアなどにも行くそうですよ。

飛行船の運行情報をチェックする

さらに、移動式イベントカー『スーパードライミュージアムカー』も全国キャラバンを実施しています。

仮想現実(VR)専用のゴーグルを着用して、ビール工業見学の疑似体験ができるほか、スーパードライの製造工程・歴史の展示もあります。

選ばれし注ぎ手が監修した、工場でき立ての『新スーパードライ』を味わうことも可能!

『東京ミッドタウン』では、移動式イベントカーの内容を網羅した、期間限定のイベント会場も設けられていたため、そちらでもプロが注いだ『新スーパードライ』を多くの人が味わっていました。

『新スーパードライ』の味はまさに、スーパードライの辛口を磨き上げた『新・辛口』

飲んだ瞬間の『飲みごたえ』と、直後に来るキレのよさがウケ、アサヒビールが実施した調査※2『新スーパードライ』の飲用後に「満足」と答えた人が92.8%と、高い水準になっています!

東京ミッドタウンでのイベントは2022年4月26日で終了ですが、『スーパードライミュージアムカー』は同年3月23日から10月まで全国主要都市を巡る予定。

プロが注いだ『新スーパードライ』を味わいたい人は、『スーパードライミュージアムカー』の移動スケジュールをチェックしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、「今すぐに飲みたくなった」という人は、缶の『新スーパードライ』を買って自宅でも楽しんでくださいね。


※1 アサヒビール出荷実績。

※2 インテージSCI ビール缶市場 2021年1月〜2021年12月(12ヵ月間)購入者数。

※3 インテージSCI ビール缶市場 2021年4月〜2022年3月(12ヵ月間)購入者数。

※4 アサヒビール調べ、2022年3月実施(n=1,500)。


[文・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)