切り花を長く楽しむには水の量がポイント!

暖かくなり、通勤や通学途中にキレイな花々が咲いているのを見かけ、生花店のショーケースにも色とりどりの花が並びます。

何でもない日常でも「花を飾ってみようかな」という気になり、ガーベラを購入してみました。

皆さんは花を買ったとき、花瓶にどのくらいの水を入れていますか。

「生花だからたっぷり水をいれてあげよう」と花瓶の半分くらいまで入れている人もいるかもしれません。

でも実はガーベラなどの茎が長くて葉がない生花の場合、水の量はほんの少しで十分なのです。

茎の切り口からでしか水を吸い上げられないので、写真の通り、切り口の部分にさえ水があればOKです。

ただこの場合、1日に1回程度は水の量が減っていないかチェックする必要があります。

ですので、ガラスの花瓶だとわかりやすくちょうどいいかもしれません。

この方法は、私が習い事で通っている華道の先生から教わった方法で、「草木は水につけると腐るでしょう。だから少しで十分なのです」とのことでした。

この方法を教わって以来、ガーベラ・チューリップ・ひまわりなど、葉が少なく、茎と花の部分を飾る場合に必ず実践しています。

花瓶の水替えの際には、茎の部分がぬるぬるせず、水もにごっていないので、生花が痛んで腐ることを防げると思います。

食卓テーブルに花があると華やかです。

せっかく買った花を少しでも長持ちさせて、花のある生活を楽しんでみてください。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)