ドン・キホーテの一押し! 超激安チリワイン『CHILANO』を飲み比べ! 赤ワイン編!

少し前から、気になっていた『CHILANO』ブランドの激安チリワイン。

これまで、総合ディスカウントストア『ドン・キホーテ』以外の店で見たことがないので手を出さずにいましたが、『家飲み』が続いていることもあって、ついに購入しました。

ちなみに、この『CHILANO』には2タイプの価格帯があります。

せっかくなので、各価格帯から好きなブドウ品種を選んで飲み比べることに…。

『CHILANO/シラー』
・価格 398円(税抜)
・アルコール度数 12.5%
※店舗によって、価格は異なる場合があります。

『CHILANO/レゼルヴァエスペシャル カルメネール』
・価格 598円(税抜)
・アルコール度数 13%
※店舗によって、価格は異なる場合があります。

レゼルヴァの方が200円高くなりますが、いずれにせよ、ワインとしてはかなりリーズナブルです。

赤ワインでメジャーどころの品種といえば、『カベルネソーヴィニヨン』ですが、チリのワインには、時に『インク臭』と呼ばれるかなり強いピーマンのような香りがあります。

「実は、この香りが苦手で…」という人も、案外、少なくないようです。

この『シラー』と『カルメネール』は、そんな人にオススメしたいブドウ品種。スパイシーで力強く、とても濃い色が特徴の『シラー』は、オーストラリアでは『シラーズ』と呼ばれています。

一方、『カルメネール』は、『カベルネソーヴィニヨン』と比べて、渋みがまろやか。

単独品種で使用される場合は完熟させるため、スパイスやダークチョコレートの香りがあるいわれています。

この2種類で、品種のほかに大きく違うのが、香り付けされる『樽(オーク)』。『シラー』は、アメリカンオーク、『カルメネール』は、フレンチオークが使用されています。

早速、『シラー』を飲んでみると…。

色はそれほど濃くない赤紫で、『シラー』にしては、かなりさっぱりした味わいでした。

『デイリーワイン』によく感じられるアメリカンオーク独特の化粧っぽい、やや人工的な香りも…翌日になると、だいぶ香りは落ち着いてきました。

『カルメネール』は、『シラー』よりややガーネットがかった色で、かなり柔らかく滑らかな味わい。

ブラックチェリーやリキュールのような香りがしました。

飲み比べてみると、しっかり「200円の差はある」という印象です。

とはいえ、どちらも『ニューワールド』の赤ワインにしてはアルコール度数が低く、料理の邪魔をしないので、デイリーにはピッタリ。

このほか、『CHILANO』の赤ワインには、『ピノノワール』と『カベルネソーヴィニヨン(レゼルヴァ)』があります。

ぜひ飲んでみてくださいね。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)