パトロール中の警察官の肩に乗っているのは? 「いい写真」「ありがとう」

パトロール中の警察官の肩に乗っているのは? 「いい写真」「ありがとう」

New York State Police

日々、地域の人たちが安全に生活できるように、あらゆる事態に対応している警察官たち。

そんな彼らにとって『地域の住民』とは、人間だけではないようです。

■道路の真ん中でウロウロしていた『赤ちゃん』たち

アメリカのニューヨーク州警察の警察官であるラボンテ・リーさんが、郊外の町をパトロールしていた時のこと。

彼は交通量の多い道路の真ん中に、何かがいるのを見つけました。

近付いてよく見ると…それはリスの赤ちゃん!しかも2匹もいたのです。

そのままにしておいたら、車に轢かれてしまうのは時間の問題です。

ラボンテさんはパトカーを降りて、リスたちを捕まえました。

野生のリスは、人間を見ると怖がって逃げることがよくあります。

ところがこのリスたちはラボンテさんを怖がるどころか、彼の肩に乗ってきたのです。

その姿は、まるでお父さんに甘える子供たちのよう!

実はこの日は4月22日で、地球や環境のことを考えて行動する『アースデー』でした。

『ニューヨーク州警察』はFacebookで「どうやら彼はアースデーに新しい友達を作ったようです!」とラボンテさんの写真を投稿。

すると、7千回近くシェアされ、温かいコメントがたくさん寄せられました。

・この小さなリスたちを助けてくれてありがとう!

・彼は優しい人に違いない。リスはめったにこんな風に人に懐かないからね。

・いい写真だね。リスたちが彼のことを大好きなのが分かる。

ウェブメディア『The Dodo』によると、ラボンテさんはこの後、近くの木にあったリスの巣らしきものに2匹のリスを戻してあげたそうです。

こんなに小さなリスたちが車道にいたとしても、気付かずに通り過ぎてしまう人も多いはず。

一瞬でラボンテさんに懐いたリスたちはきっと、「警察のお兄さん、助けてくれてありがとう!」と感謝していることでしょう!


[文・構成/grape編集部]


出典
New York State Police/The Dodo

関連記事(外部サイト)