調理の幅が広がるかも?!タマネギの輪切りがバラバラにならないちょっとした工夫

ハンバーグを作るならみじん切り、炒め物にするならスライス、煮込むならくし切り、フライにするなら輪切り…。タマネギは、用途や好みに合わせてさまざまな切り方ができます。

中でも、苦労させられるのが輪切りにしたタマネギです。バーベキューで焼いたり、衣をつけて揚げたりするために輪切りにするものの、切ったタマネギはバラバラになってしまいます。

層になった構造ゆえ、やむを得ないことなので、そのまま調理することも少なくありません。

「でも、本当は層になった状態で調理したい!」

そんな時に便利な小技を紹介します。

用意するのは爪楊枝だけ。

タマネギは、縦半分に切っておきましょう。

タマネギに爪楊枝を刺します。

厚めの輪切りにしたい時は、間隔を広めに。細めの輪切りにしたい時は、間隔を狭めに取って爪楊枝を刺しましょう。

この時、真っ直ぐ真下に深く刺すと、カットしやすくなります。

爪楊枝と爪楊枝の間に包丁を入れ、タマネギをカットします。

これでタマネギがバラバラになることはありません!

バーベキューでは焼きやすく、フライの衣はつけやすくなりますね。

食べる時に危ないので、食べる前に爪楊枝を抜いておくと安心です。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)