道路に犬を捨てた人を責めなかった、保護施設の職員 理由に「涙が出た」

道路に犬を捨てた人を責めなかった、保護施設の職員 理由に「涙が出た」

Kylie Rose Engelhardt

アメリカのウィスコンシン州に住むカイリー・エンゲルハートさんは、自宅のそばで1匹の犬を見かけました。

犬は住宅街の真ん中にある消火栓につながれていて、まるで誰かを待っているように大人しく座っていました。

その犬をかわいそうに感じたカイリーさんは、犬のそばに座り、一緒に飼い主が戻って来るのを待つことにします。

しかし、1時間経っても誰も現れなかったため、カイリーさんは犬のそばに置かれたバッグの中身を確認。

すると、中にはその犬が大好きだという、おやつやおもちゃと、飼い主からの手紙が入っていたのです。

そこには、飼い主が健康上の問題や生活における困難を抱えていて、愛犬の世話ができなくなった事情が記されていました。

この犬が捨てられたことが分かったカイリーさんは心を痛め、犬を動物保護施設に連れて行きました。

■「この犬の飼い主さんへ」メッセージに心が痛む

そのメス犬の名前は、ベイビーガールといい、犬を保護した『ウィスコンシン・ヒューメイン・ソサエティ』はFacebookに、どこかで見ているかもしれない飼い主に向けてメッセージをつづりました。

何よりもまず、あなたが親友と別れなければならなかったことを気の毒に思います。あなたがどれだけ彼女を愛していたかは明らかで、あなた自身の健康問題や人生の難題にもがきながら、最善を尽くしたことが分かります。

彼女の好きなものを丁寧に詰め込んだバッグから、あなたの愛が見えます。

彼女が車に轢かれないように、しっかりとつないでいたことに愛が見えます。

すぐに見つけてもらえる場所に彼女を置いていったことに、愛が見えます。

あなたが、愛犬のために行った思いやりに感謝します。

彼女は安全な状態にあり、まもなく次の家族を見つける手順に入りますので、ご安心ください。

Wisconsin Humane Society ーより一部引用(和訳)

施設のスタッフは、飼い主のことを責めませんでした。

ベイビーガールがいた状況から、彼女がどれほど飼い主に愛されていたのかが分かったからです。

この投稿には「心が痛む」「涙が出た」「悲しいね」など、さまざまな声が寄せられています。

後日のカイリーさんの投稿によると、ベイビーガールの新しい里親が決まったということです。

ペットを保護施設に引き取ってもらうには、手数料がかかる場合があります。

ベイビーガールの飼い主はおそらく、その手数料が払えずに、愛犬をこのような形で手放したのでしょう。

ペットを道路などに放棄する行為は、決して許されることではありません。

しかし、元の飼い主を責めるのではなく、事情を汲み、寄り添った施設のスタッフの言葉に、多くの人が胸を打たれたようです。


[文・構成/grape編集部]


出典
Kylie Rose Engelhardt/Wisconsin Humane Society

関連記事(外部サイト)