「きみ…誰?」 朝起きたら、隣で寝ていた犬 よく見ると愛犬ではなく…

「きみ…誰?」 朝起きたら、隣で寝ていた犬 よく見ると愛犬ではなく…

Julie Thornton Johnson

犬を飼っている家なら「朝起きた時に、愛犬が自分のベッドで寝ていた」ということは、珍しくないでしょう。

アメリカのジョージア州で3匹の犬と暮らす、ジュリー・ジョンソンさんの家でも、犬たちが彼女のベッドにもぐりこんでくることは日常的にあります。

■隣に寝ていた犬を見てびっくり!

ある日の夜中、ジュリーさんがふと目を覚ますと、彼女のベッドに犬が寝ていました。

その時、部屋の中は真っ暗。彼女は、特に気にせずに再び眠りに入ります。

そして朝になり、外が明るくなってきた頃、目覚めたジュリーさんはあることに気付きます。

彼女の隣で気持ちよさそうに寝ていたのは、知らない犬だったのです!

ウェブメディア『The Dodo』によると、ジュリーさんと夫は、初めはその犬を見てびっくりしたそう。

しかし、犬がリラックスしていて、人懐っこかったので、彼女はそのまま犬に寄り添ってハグをしてあげました。

前日の夜、強い嵐がこの地域を通過していたため、犬は避難場所を探していたのでしょう。

ジュリーさんたちは、裏口のドアをうっかり閉め忘れていたそうで、犬はそこから家の中に入ってきたようです。

彼女はその犬の写真を撮り「知らない犬と添い寝をしていました。この子はあなたの犬ですか?」とSNSに投稿。

するとまもなく、飼い主が見つかったのです!

犬の名前はナラ。ジュリーさんの家から3kmほど離れた場所で、前日の散歩中に迷子になったのだとか。

その日のうちに飼い主が迎えに来て、ナラは無事に家に帰ることができました。

ユーモアあふれるジュリーさんの投稿には、多くの人が大笑い!

そして、ナラと飼い主が再会できたことに、たくさんの喜びの声が寄せられました。

この出来事をきっかけに、ジュリーさんとナラの飼い主さんたちは友達になり、4匹の犬たちもすっかり仲よくなったのだそう。

ナラの飼い主さんは初め「ジュリーさんが怒っているのではないか」と心配していました。

ところが、彼女は怒るどころか「ナラのおかげで新しい友情が生まれたことに感謝している」といいます。

ジュリーさんが体験した、このハプニングは、人間と犬にとって最高の結末になったようです!


[文・構成/grape編集部]


出典
Julie Thornton Johnson/The Dodo

関連記事(外部サイト)