「柔らかいから」ではなかった! レタスを手でちぎる理由に「知らなかった」

レタスはサラダや付け合わせなど、料理でよく使いますよね。

手で割くイメージがありますが、なぜ包丁で切らないのか、理由を知っていますか。

※写真はイメージ

「柔らかいから、楽をするため手で割いている」と思っている人もいるかもしれませんが、きちんとワケがありました。

ハンバーガー専門店の『フレッシュネスバーガー』は、TikTokにレタスを手で割く理由を投稿しています。

@freshness_1992 料理の基本だけど理由知らないランキング8位 だと思う#フレッシュネスバーガー ? Pythagora Switch Opening Theme - Masami Kurihara

変色を抑え、鮮度を保つために、レタスは手で割いたほうがいいのですね。

さすが、ハンバーガーにレタスを使用しているフレッシュネスバーガーはレタスを熟知しています!

投稿には「知らなかった」と驚く声が上がるほか、「葉物の野菜は金気を嫌うともいいますもんね」という声も。

ステンレスやセラミック以外の包丁だと、物によっては金属の臭いが野菜につくことから、手で割くこともあるようです。

今後レタスを使う際には、理由を思い出しながら手で割いていきたいですね。


[文・構成/grape編集部]


出典
freshness_1992

関連記事(外部サイト)