優先席付近に立っていた妊婦 「座りたい」と思いつつ我慢していると

2021年11月に、第1子を出産した、しろぺんき(shiropen_nikki)さん。

自身が妊婦だった頃、一番つらかったのは、『電車やバスを利用すること』でした。

乗客が多い時は、優先席付近に立っていたとしても、なかなか座れないことがあります。

ある日、電車の揺れに耐えながら、優先席付近に立っていた、しろぺんきさんの目の前に現れたのは…。

■『むちゃくちゃ願った話』

しろぺんきさんが揺れに耐えながら立っていることに気付き、声をかけてきたのは、花束を持った1人の男性でした。

さりげなく自分が座っていた席を譲り、ドアの前に立つ男性に対し、しろぺんきさんはこう願ったのです。

「絶対、一生幸せになれ〜!」

何気ない日常で、ふとした優しさや小さな親切を受けると、その日1日がハッピーな気持ちで過ごせることがあります。

見知らぬ誰かにとって、自分がそういう存在になり、世の中全体で相手の幸せを願い合う瞬間が増えたら、素敵ですね。


[文・構成/grape編集部]


出典
shiropen_nikki

関連記事(外部サイト)