新しく飼い始めた犬が、毎朝向かう『場所』に号泣 「悲しいけれど、感動した」

新しく飼い始めた犬が、毎朝向かう『場所』に号泣 「悲しいけれど、感動した」

Michelle Buckley

大切な家族であるペットとの別れは、言葉にならないほどつらいものです。

ミシェル・バックリーさんの家の愛犬であるバーレイは、2021年8月に天国へと旅立ちました。

@michellebuckley8 ##dogsofttiktok #goldenoldies #fyp #rip #everlastinglove ? Ghost - Unchained Melody - The City of Prague Philharmonic Orchestra

17年間一緒に過ごしたバーレイがいなくなり、ミシェルさんは悲しみに打ちひしがれていました。

それから約8か月後、彼女の家に新しい犬が仲間入りします。

ドギーと名付けられた子犬は元気いっぱいで、ミシェルさんの家族に笑顔をもたらす存在になりました。

そんなドギーの『ある行動』に気付いた彼女は、驚きが隠せませんでした。

毎朝、庭に出て行き、決まった場所へ向かうドギー。その場所とは…。

@michellebuckley8 Dougie lies here every morning without fail?? next to where our beautiful burleigh is buried #puppiesoftiktok #cockerspaniel #beautiful #love#fyp ? Only Love Can Hurt Like This (Slowed Down Version) - Paloma Faith

広い庭の隅のほうで、横たわるドギー。

実はこの場所は、バーレイが眠っているお墓なのです。

誰が教えたわけでもないのに、ドギーは毎朝必ずここに来るのだそう。

この動画を見た人の中には、ミシェルさんと同じように涙を流した人もいたようです。

・涙があふれた。この子は優しい犬だね。

・とても悲しいけれど、感動した。

・きっとドギーは「みんな元気だよ」って、バーレイに報告しているんだよ。

ドギーはバーレイが亡くなってから生まれたので、バーレイのことは知りません。

それだけに、ドギーが毎朝、バーレイのお墓に寄り添っているのは不思議ですね。

ミシェルさんは、バーレイを失った悲しみは、決して癒えることはないと思っていたのだそう。

しかし、ドギーを迎えたことによって、ようやく彼女の心は癒されたといいます。

ミシェルさんの家の庭はとても広く、ドギーが遊べる場所はいくらでもあるのだそう。

それでもドギーはなぜか、バーレイのお墓に静かに寄り添っているのです。

もしかしたら、ドギーは毎朝ここで、天国のバーレイといろいろな話をしているのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]


出典
Michelle Buckley/michellebuckley8

関連記事(外部サイト)