優しすぎる! 猛暑の中、ケガをした野良犬を保護した警察官 その数日後?

優しすぎる! 猛暑の中、ケガをした野良犬を保護した警察官 その数日後?

Tennessee Highway Patrol

2022年6月中旬、アメリカのテネシー州では、熱波の影響で記録的な暑さとなりました。

そんな灼熱の日に高速道路を運転していたケイ・フィオレッロさんは、道路の脇から1匹の犬が顔を出しているのを発見。

ウェブメディア『The Dodo』によると、その犬を放っておけなかった彼女は、近くに停まっていたハイウェイ・パトロールに知らせることにします。

■野良犬を保護した警察官が?

警察官のチューダーズさんは、ケイさんと一緒に犬がいる場所へ車を走らせます。

犬は最初、2人を見て怯えていましたが、チューダーズさんが水と食べ物をもって近付くと、おいしそうに水を飲み始めました。

そして、チューダーズさんは地元の動物保護施設に電話。

施設の人が到着するまでの間、彼はただ何もせずに待っていることはできませんでした。

パトカーから大きな傘をもってきて、暑さで疲れ切っている犬のために日陰を作ってあげたのです。

チューダーズさんは「この犬が僕を信頼してくれるまで、そばに座っているよ」といったのだそう。

その言葉を聞いたケイさんは感動して、泣いてしまったといいます。

犬は保護された後、獣医師の診察で腰を骨折していることが分かりました。

しかし、悪いニュースだけではありません。

その数日後、なんとチューダーズさんが犬の里親になったのです!

犬はプリンセスと名付けられ、ケガが治ったら、チューダーズさんの家で暮らし始める予定です。

『テネシー・ハイウェイ・パトロール』はFacebookで、チューダーズさんとプリンセスのほほ笑ましい写真を紹介。

投稿には「なんて心温まる話だ」「プリンセス、よかったね!」「チューダーズさん、ありがとう」などの声が上がっています。

プリンセスが保護された日は、気温が35度以上だったそう。そんな暑さの中で、ケガをしたプリンセスは動くことができなかったようです。

優しい人たちに見つけてもらい、さらに家族までできたプリンセス。

これからはチューダーズさんの家で、名前のとおり『お姫様』のような幸せな生活が待っていることでしょう!


[文・構成/grape編集部]


出典
Tennessee Highway Patrol/The Dodo

関連記事(外部サイト)