21日深夜に『火星食』が観測可能! 見られる地域はどこ?

21日深夜に『火星食』が観測可能! 見られる地域はどこ?

「火星食」深夜に観測可能

地球と同じく岩石でできた惑星である、火星

地球の約半分ほどの大きさといわれている火星は、夜に地上から観測すると、赤く輝いて見えるのが特徴です。

2022年7月21日の深夜、月が火星を隠す現象である『火星食』が起こることをご存知ですか。

■『火星食』とは?見られる地域

国立天文台によると、同日深夜に観測できる『火星食』は、東の低空で観測ができるとのこと。

関東の大部分や中部、近畿、中国、四国の各地方では、火星が月に隠れた状態で昇ってくるため、火星の出現のみ地平線上で見られます。

また、日本の北東側の仙台や札幌など、全過程を見られる地域もあるのだとか。

しかし、九州以西では、火星がすでに出現した後に月が昇るため、火星食が観測できないそうです。

※写真はイメージ

なお、次回火星食が見られるのは2024年5月5日。

白昼の際に発生するため、次回の観測は極めて難しいといわれています。

2022年7月21日の深夜に観測できる地域の人は、夏の夜空を見上げてみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]


出典
国立天文台(NAOJ)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?