「感動して涙が出た」 獣医が安楽死を勧めた、病気の子猫 世話を続けた結果…?

「感動して涙が出た」 獣医が安楽死を勧めた、病気の子猫 世話を続けた結果…?

thekittyandmarley

動画共有アプリ『TikTok』ユーザーのKitty(thekittyandmarley)さんは、犬と猫とのにぎやかな暮らしを動画でシェアしています。

2021年の春、Kittyさんは生後10週間の2匹の子猫の仮里親になりました。

子猫たちは姉妹で、『小脳低形成』という先天性疾患をもっていました。この病気は『ふらつき症候群』とも呼ばれ、重症度によって、頭の震え、体のバランスの低下などが症状として現れるそう。

そのため2匹とも、常に頭の震えが止まらない状態でした。

■獣医に安楽死を勧められるも…

当時、Kittyさんは2匹を診た獣医から「安楽死させたほうがいいですよ。この子たちは見ていてつらいし、充実した生活は送れないでしょう」といわれてしまいます。

しかし、彼女の選択は違いました。子猫たちに『ウープシー・デイジー』と『タイニー・ティナ』という名前を付けて育て始めます。

Kittyさんは2匹の猫の筋肉を鍛えるため、おもちゃなどを使ってたくさん遊んであげました。

そんなふうに楽しく毎日を過ごすうちに、2匹の頭の震えが少しずつ治まってきます。

さらに3か月後には、2匹とも健康な猫と変わらないほど、症状が落ち着いてきたのです!

そして2022年7月、Kittyさんは2匹が変わりゆく姿を振り返った動画を投稿しました。

@thekittyandmarley Sometimes, vets don’t know best. CH cats can live quality lives - they just need a little more help #chcat #chkitten #cerebellarhypoplasia ? original sound - Nick

Kittyさんの家にやってきた当初は、頭の震えに加えて、バランスを崩して倒れることもあったウープシー・デイジーとタイニー・ティナ。

今では2匹とも、健やかな毎日を過ごしています。

この動画は350万回再生され、Kittyさんへの称賛と、喜びの声が殺到しました。

・感動して涙が出た。猫たちが素晴らしい生活を送っていることが分かる。

・2匹とも立派に成長したね。猫たちを助けてくれてありがとう。

・私はいつも獣医にこういうわ。「この子たちが闘うつもりなら、私はその闘いを手助けする」って。

@thekittyandmarley As a responsible pet owner - educate yourself, advocate for your pet, and find a vet who will work with you as a team to provide the best care for your pet. #chcats #cerebellarhypoplasia #responsiblepetowner ? Living My Best Life - Ben Rector

動画のコメントでKittyさんは、次のようにつづっています。

時に、獣医は最善が分からないこともあります。小脳低形成の猫は質の高い生活を送ることができます。彼らはもう少し助けが必要なだけなのです。

この投稿は決して、獣医の分野を非難する意図はありません。私は、いい獣医の皆さんにとても感謝しています!

獣医は人間であり、間違いを犯すこともあります。優れた獣医は、自分がよく知らない病状に対して、それを認め、学ぶことをいとわず、あなたに専門医を紹介してくれるでしょう。

thekittyandmarley ーより引用(和訳)

猫の小脳低形成は進行性ではなく、猫自身も痛みはまったく感じていないため「飼い主がサポートをすれば幸せで健康的な生活が送れるだろう」ともいわれます。

Kittyさんの愛情と献身的なケアのおかげで、奇跡的な回復を遂げたウープシー・デイジーとタイニー・ティナ。

今こうして元気に過ごす2匹の姿は、同じ病気の猫と暮らす人たちに希望を与えてくれることでしょう。


[文・構成/grape編集部]


出典
thekittyandmarley

関連記事(外部サイト)