日本語ができない両親からの仕送り 段ボールに書かれた『文字』に「笑わせてくれる」

日本語ができない両親からの仕送り 段ボールに書かれた『文字』に「笑わせてくれる」

日本語ができない両親からの仕送り 段ボールに書かれた『文字』に「笑わせてくれる」の画像

親のほとんどは、離れて暮らしている子供のことが心配なもの。

「きちんと食べられているだろうか」と考え、野菜などを段ボールに詰めた仕送りをすることは、よくあります。

■ほぼ日本の反対側!ブラジルから届いた仕送り

日系ブラジル人のCarolギマ(eclaircarol)さんも、両親から仕送りをもらっています。

ある日、ブラジル在住の両親から、食料が詰まった段ボールが届きました。

Carolさんは20年ほど日本に在住。そんな娘に合わせたかったのか、ダンボールの中身について、ブラジルポルトガル語と日本語が併記されていました。

娘想いな行動に、ジンと胸が熱くなりそうですが…日本語を読んだCarolさんは、思わず笑ってしまったのです!

@eclaircarol そんなことなる??いつも笑わしてくれるブラジル両親に感謝。#ブラジル人 #ブラジル #ブラジル人あるある #親は日本語ができない #日本に20年は住んでるけど #こういうのも可愛い #ブラジルの食材 #brasileirospelomundo #aprendendojapones #両親 #天然 #日本語勉強中 #おもしろ #面白い間違い ♬ オリジナル楽曲 - Carol ギマ🇧🇷🇯🇵

日本語に不慣れな父親は、苦労しながら訳したのでしょう。

書かれた文字を読んでいくと、『カボチャン(KABOTIAN)』や『トロコモシ(TOROKOMOSHI)』など、ところどころおかしなことになっていました!

書き間違いがツボにはまってしまった人たちからは、こんな反響が上がっています。

・笑いながら泣くやつ。

・『カボチャン』がかわいい…!

・送料を考えても、どれほど大きな愛が詰まっているかが分かるな。

・うちは方言が強い手紙が仕送りについて来ますが、それ以上にクセが強いですね!

愛情が詰まった仕送りは、Carolさんだけでなく、多くの人たちに笑いを届けてくれました。

今後の仕送りも、楽しみで仕方がないですね。


[文・構成/grape編集部]


出典
eclaircarol

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?