「合成にしか見えない」 世界的ファッションウィークでひと際話題になった2着

現地時間2022年9月30日、ファッションブランド『LOEWE(ロエベ)』の2023年・春夏コレクションのショーがフランスのパリで開催されました。

毎年、多くのファッションブランドがショーを開催する、パリのファッションウィークは、世界中の注目を集める一大イベント。

中でも、ロエベのショーは、ひときわ話題を呼んだといっても過言ではないでしょう。

観葉植物であるアンスリウムの花をモチーフにしたドレスをはじめ、色とりどりの服に身を包んだモデルが歩く中、多くの観客の目を引いたのが、こちらの2着です。

ゲームでよく見るピクセル風のデザインは、ゲームファンを中心に「なんだこれは!」「おもしろいデザイン」とネット上で絶賛の声が飛び交うほどの反響に。

その発想はもちろん、立体的な作りの服を平面のように見せるデザインにも、多くの注目が寄せられました。

・二次元?三次元?脳がバグるデザイン!

・めっちゃ面白いし、日常で使う用にも普通に欲しい。

・合成にしか見えない。

これまで数多くの名作が生まれてきた、パリのファッションウィーク。ロエベのピクセル風ファッションもまた、長いファッションウィークの歴史に、強いインパクトを残したことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?