『ぐりとぐら』挿絵・山脇百合子さんが逝去 「素敵な絵をありがとう」と感謝の声

2022年10月6日、画家の山脇百合子さんが亡くなったことが分かりました。80歳でした。

絵本『ぐりとぐら』シリーズや絵本『そらいろのたね』など、いろいろな絵本の挿絵を担当してきた、山脇さん。

中でも、姉であり絵本作家の中川李枝子さんとのコンビから生み出された『ぐりとぐら』シリーズは、1963年に発表されて以来、多くの人から愛されています。

2013年には、文化分野において業績をあげた個人や団体を表彰する菊池寛賞を、中川さんとともに受賞しました。

ぐりとぐら|福音館書店 スクリーンショット

温かみのある絵を通し、たくさんの人に笑顔を届けてくれた、山脇さん。

『ぐりとぐら』シリーズをはじめ、山脇さんの挿絵を見て育った人たちからは、「素敵な絵をありがとうございました」という感謝の声が上がっています。

今後も、山脇さんが描いた数々の作品は残り続け、絵本の素晴らしさを伝えてくれるでしょう。

山脇さんのご冥福をお祈りいたします。


[文・構成/grape編集部]


出典
サンケイスポーツ

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?