「相当好きなんだな」 新幹線で出会った高齢女性、車内販売のアイスを2個買うと?

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 新幹線で乗客と出会い、アイスを2個買った高齢女性の思いやりが描かれた。
  • 車内販売が今後なくなる一方、新幹線を舞台にした温かな人間模様が語られた。
  • このエピソードの作者はSNS上で気軽に漫画を公開しており、興味のある人はチェックすることを勧めた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

新幹線を利用した際、駅弁などを食べるリラックスタイムは楽しみの1つ。

車内販売のおつまみやアイスなどを選ぶのも、非日常感があってワクワクするものです。

しかし、JR東海は2023年10月31日に、東海道新幹線の『のぞみ』と『ひかり』で60年近く続いてきた、普通車での車内販売を終了しました。

停車駅の自動販売機で購入するか、同年11月1日からグリーン車で始まるモバイルオーダーを利用することとなり、同列車でワゴン車を押す客室乗務員(パーサー)の姿は見られなくなったのです。

■『新幹線の思い出』

日常漫画をX(Twitter)に投稿している、楠あやと(@Kusunoki_Ayato)さんは、新幹線での思い出を紹介しました。

帰省を終え、1人で東京都に向かう新幹線に乗っていた楠さん。

すると、高齢女性が空いた席を探していて…。

新幹線車内販売漫画
新幹線車内販売漫画
新幹線車内販売漫画
新幹線車内販売漫画

打ち解けて、話が弾んだ楠さんと高齢女性。

車内販売が来た時、高齢女性は『シンカンセンスゴイカタイアイス』の愛称で知られる『スジャータアイスクリーム』を2個買うと、1個を楠さんにプレゼントしました。

出会いを大切にする、高齢女性の振る舞いは、温かな思い出として楠さんの中に残っています。

【ネットの声】

・忘れられない思い出ですね。

・こうしたエピソードが今後はなくなると思うと、ちょっとさびしいな。

・温かな出会い!私も隣になった女性から、玉子サンドをもらったことを思い出しました。

・東海道新幹線の車内販売が、最後の日に新幹線に乗りました。感謝のアナウンスに、込み上げるものがあります。

・新幹線で働いていました。こういった思い出話、嬉しくなります!

人との出会いは一期一会。

「いつまでも変わらない」と思うようなサービスも時代とともに変化し、思い出深い光景は次々と消えていきます。

それでも、新幹線に乗っている短い間に生まれる、人々の温かな交流は消えることがありません。

サービスが変化した新幹線で、今度はどんな素敵な物語が生まれるのか、楽しみになりますね。

なお、この漫画を描いた楠さんは、上記SNSアカウントでさまざまな漫画を公開しています。気になる人はチェックしてくださいね。


[文・構成/grape編集部]


出典
@Kusunoki_Ayato

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?