『どん兵衛』の思わぬ食べ方 日清食品のレシピに「まさか!」「これ絶品」

どん兵衛を使用して作る鶏つくねレシピに挑戦 旨みが口の中に広がりジューシー

記事まとめ

  • 人気カップ麺『どん兵衛』を使用して作る鶏つくねレシピが、公開されている
  • 麺を砕き、おあげを細かくカットし、鶏ひき肉、ショウガ、卵、粉末スープを混ぜていく
  • 形を整えて、鶏つくねのタネをフライパンで焼いたら、水を入れ、蒸し焼きにすれば完成

『どん兵衛』の思わぬ食べ方 日清食品のレシピに「まさか!」「これ絶品」

焼き鳥で人気を誇るメニューである、鶏つくね。口に入れた瞬間のふわっとした食感に、お肉の旨みがギュっと凝縮されて、たまらない一品です。

タレや塩だけでなく、卵黄やチーズ、ポン酢といったソースと合わせてもおいしいところが魅力ですよね。

「焼き鳥店に行ったら絶対に注文する!」という人も多いのではないでしょうか。

根強いファンが多い鶏つくねですが、なんと日清食品株式会社(以下、日清食品)のウェブサイトでは、人気カップ麵『どん兵衛』を使用して作るレシピが公開されています!

気になったので、実際に作ってみることにしました。

■日清食品が公開!『どん兵衛鶏つくね』

日清食品のウェブサイトに記載されている分量は、以下の通りです。

材料

日清のどん兵衛 きつねうどん 1個

鶏ひき肉 200g

卵 1個

しょうが 少々

油 少量

水 適量

日清食品株式会社 ーより引用
つくねの材料の写真

まずはじめに『どん兵衛 きつねうどん』の蓋を開け、中から麺と粉末スープ、おあげを取り出します。

どん兵衛の写真

次に取り出した麺を食品用ポリ袋の中に入れて、細かく砕いていきましょう。

筆者はすりこぎ棒がキッチンにあったので、それ使用して叩いてみました。軽く叩くだけで簡単に砕け、細かくすることができます。

カップ麺を砕く写真

続けて、おあげを細かくカットしていきます。今回筆者は包丁を使用しましたが、キッチンバサミなどを使用してもよさそうです。

刻んだおあげも、砕いた麺の食品用ポリ袋の中に入れましょう。

おあげをカットした写真

麺とおあげの準備ができたら、取り出しておいた粉末スープを入れ、軽く振っておきます。

振っておくことで、粉末スープの素がまんべんなく麺に絡み、味が均一になりますよ。

粉末スープを袋に入れる写真

軽く袋を振り終わったら、次はいよいよ鶏ひき肉の出番!

食品用ポリ袋の中に、鶏ひき肉、ショウガ、卵を入れてよく混ぜましょう。少し揉むように混ぜていくと、上手に仕上げることができます。

つくねの材料をまぜる写真

混ぜ合わさったら、鶏つくねのタネの完成です!『どん兵衛』と鶏ひき肉を混ぜるだけで用意ができるなんて、簡単で嬉しいですね。

つくねの材料の写真

それでは早速、形を整えて調理をしていきましょう。

面倒くさがりの筆者は、洗い物が増えるのがイヤだったので、食品用ポリ袋の端で、スプーンを使用して丸く形を作っていきました。

つくねの材料の写真

丸く形を整えた鶏つくねができ上がったら、フライパンに油をひき、焼いていきます。

両面にこんがりと焼き色が付いてきたら、次のステップの合図!水を入れ、蒸し焼きにしましょう。

つくねを焼く写真

水がなくなり蒸し焼きができ上がったら、『どん兵衛鶏つくね』の完成です。

つくねの写真

実食してみると、ジュワッと旨みが口の中に広がり、とってもジューシー!

食べる前は「粉末スープの素だけで、味がしっかりつくのかな?」と半信半疑でしたが、いい意味で期待を裏切ってくれました。

食べ進めていくと、あの『どん兵衛』のおあげの甘い汁や、つるんとしたうどんの食感も時折、感じられます。これはただの鶏つくねじゃない…!

このままでもとてもおいしかったのですが、つくねには卵黄が欠かせない筆者。

無論、用意をして一緒に食べてみました。

つくねに卵を付ける写真

おあげの出汁と、粉末スープのしっかりした味が卵黄に絡み付いて絶品です!

『どん兵衛』を砕いて混ぜて、焼くだけという時短料理でもある『どん兵衛鶏つくね』。

「家にどん兵衛があった!」という人は、今夜のおかずに作ってみてはいかがでしょうか!


[文/キジカク・構成/grape編集部]


出典
日清食品株式会社

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?