女子高校生に声をかけた男性 その正体に戦慄「怖すぎる」「気を付けたい」

美容師のヘアカットの練習台となる、カットモデル。

適当な髪の長さなどがあれば、街中で美容師に話かけられカットモデルをお願いされるケースも多いです。

無料でプロにヘアカットをしてもらえることもあり、魅力的ですよね。

■『カットモデル不審者の話』

エッセイ漫画を描いている稲(inasan_mainichi)さんは、フォロワーから寄せられたカットモデルにまつわるエピソードを漫画化。

高校生のラオさんは、帰宅途中にある男性に話しかけられ…。

男性にどこでヘアカットをするのかを尋ねるラオさん。

今家には誰もいないことを伝えると、男性は「あなたの家で切りましょう」と提案します。

普段なら疑うところですが、試験の疲れから通常の判断力を失っている状態のラオさんは…。

母親の原付バイクが家の前にあるのを発見し、ラオさんは「お母さんが帰っているかも」と男性にいいます。

それを聞いた男性は、なぜかとても焦っている様子。

ラオさんは母親にカットモデルの話をして、2人で玄関へ向かうと…。

男性の正体は、カットモデルの勧誘を装い女性に近付く不審者だったようです。

ラオさんは母親が家にいたため無事でしたが、もしも家に誰もいなかったら、犯罪に巻き込まれていたかもしれません。

すべての人が怪しいわけではないが、知らない人から声をかけられた時は注意してほしい」との思いから、ラオさんは恐ろしい体験を語ってくれました。

読者からも「怖すぎる」「自分も気を付けたい」などの声が寄せられています。

・怖すぎますね…。話かけてくる人すべてが悪い人ではなくても、おかしいと思ったらその場から離れるようにしたいです。

・「自分は絶対大丈夫」と思わず、明日は我が身だと思って気を付けたい。

・この体験を打ち明けるのも、勇気がいることだったでしょう。自分の子供に気を付けるよう、教えたいと思います。

もちろん、カットモデルの勧誘がすべて怪しいということではありません。

カットモデルの場合、話しかけた美容師は身元を明かし、美容院でヘアカットを行うことが一般的。

知らない人から声をかけられたら、言動に不審な点がないか要チェック。少しでも怪しいと思った場合は、すぐに逃げたり周囲に助けを求めたりしましょう。


[文・構成/grape編集部]


出典
inasan_mainichi

関連記事(外部サイト)

×