ある日を境に、小学生の私物が盗難に…その『理由』に言葉を失う

デザイナーやイラストレーターとして活躍する、しばたま(shibatamaa)さん。

フォロワーから寄せられた実体験をもとに描いた漫画を、Instagramに公開しています。

しばたまさんの作品はこちら

今回紹介するのは、ある女性が小学生だった頃のエピソード。当時、よく公園で遊んでいた女性は、ほかの小学校に通う『あいちゃん』など広い交友関係を持っていたといいます。

しかし、ある日を境に女性の家では不可解な出来事が起こるようになったのです…。

■『あいちゃん』

玄関に飾ったウェルカムボードやカギを挿したままの自転車がなくなった理由…それは、あいちゃんが盗んだ犯人だったのです。

「友達だからもらってもいいと思った」と主張し、ウソをついてまで女性の自宅に侵入しようとした、あいちゃん。

彼女は家に侵入し、女性の私物を盗み出そうとしていたのでしょうか。確かなのは、あいちゃんの考えがゆがんでいるということだけです。

以前紹介したエピソードにも、『友達』についての考えがゆがんでいる女性のエピソードがありました。

『気前のいいママ友』の自宅に絶句…暴かれた本性に恐怖で震える

「彼女たちの心のゆがみは一体なぜ生じてしまったのか」と考えると、複雑な気持ちになりますね。

■しばたまさんの単行本が発売中

しばたまさんの作品が収録された単行本『1万人がいいね!した 心ゆさぶる本当の話』が発売中です。

単行本でしか読むことのできない、未公開の漫画も多数収録されているとのことです!


[文・構成/grape編集部]


出典
shibatamaa

関連記事(外部サイト)

×