スタバカードの使い方を徹底調査 みんながギフトに使う金額は? 登録や残高の確認方法も

コーヒーはもちろん、魅力的な季節限定メニューやおしゃれなタンブラーなどで、多くの人に愛されているコーヒーチェーン店『スターバックス コーヒー(以下、スタバ)』。日頃から愛用しているという人も少なくありません。

そんなスタバで使える、プリペイド式の便利なカード『スターバックス カード(以下、スタバカード)』をご存じでしょうか。

店員も愛用しているというスタバカードの作り方や使い方、チャージ(入金)方法や残高の確認方法などをご紹介します。

■スタバカードを作るには? 選べるデザインは季節限定も

スタバのようなおしゃれなカフェには、ほとんど行かない筆者。ドキドキしながら、直接店舗に行ってスタバカードを作ってきました!

店舗に入ったものの、どうやってスタバカードを作ったらいいのかが分からない筆者は、そのまま店員に相談。

すると「すぐに作れますよ」とのことなので、うながされるままにレジへ向かいました。

まず、スタバカードのデザインを選びます。

こちらの2種類は、スタンダードなデザインのため、いつでもどの店舗でも選べるとのこと。

こちらは季節限定や店舗限定のデザインです。10月ということもあり、限定デザインにはハロウィンにちなんだものも。

限定デザインも捨てがたいですが、「いつでも使いやすいように」とスタンダードなデザインを選びました。

そして、スタバカードはプリペイド式のため、まず初めに入金する金額を支払います。千円から3万円までなら1円単位で入金が可能です

初めてなので、とりあえず千円を払ってカードを作って貰います。

レシートをもらうと「もう使えますよ」とのこと。

え、もう終わり?会員登録とか何もやってないじゃん!?

と、口に出してしまいそうになり、スタバ慣れしていないことが店員にバレてしまうところでした。

どうやら『ただ使うだけ』ならこれで終わりのようです。

早速、作ったスタバカードをレジで渡し、ドリンクを注文。レシートとスタバカードを返却されたら、受け取りカウンターへ移動します。

財布からお金を出して、お釣りをもらうという行為がないだけで、かなりスマートに会計が済みました。

また、スタバカードを作る時に支払う金額は、そのまますべて支払いに使うことが可能です。つまりスタバカード自体の発行は無料でできるということ。

日常的にスタバを使っている人は、作ったほうが確実にストレスが減りますよ。

ちなみに、スタバカードを持っていると、ドリップコーヒーのおかわりが通常150円のところ、100円になるようです。

ドリップコーヒー(カフェ ミストを含む)ご購入時のレシートを当日営業終了までに持参すると、2杯目のドリップコーヒーを100円(税抜)またはカフェ ミストを150円(税抜)でお楽しみいただけます。

スターバックス コーヒー 公式サイト ーより引用

■スタバカードの使い方 登録するとめっちゃお得

簡単に作ることができて、すぐに使えるスタバカード。そのメリットは「おかわりが安くなること」だけではありません。

面倒ではありますが、やはり会員登録をしたほうが、かなりお得に使えます。

■スタバカードの恩恵を受けるには、登録は必須!

会員情報の登録は面倒なものですが、その場でなくてもできるのがスタバカードの強み。時間の空いている時に、チャチャッと済ませてしまいましょう。

まず、スタバの会員登録をしていない人は、スタバカードに記載されているQRコードを読み込むか、スタバの公式サイトから『My Starbucks会員登録』を行います。

スターバックス コーヒー 公式サイトのスクリーンショット

スターバックス コーヒー 公式サイト

登録するメールアドレスを入力すると、登録確認のメールが届くので指示に従って進みましょう。

ログインメールアドレスやパスワードなどを設定して、会員登録は終了。登録情報で『My Starbucks』にログインをしたら、『カード登録』を行います。

スターバックス コーヒー 公式サイトのスクリーンショット

カードを登録するには、カード番号とPIN番号が必須です。カード番号とPIN番号はスタバカードの裏側に記載されている番号を入力します。

なお、PIN番号は隠されているため、登録する時に削って番号を確認しましょう。

その他の情報を入力し『規約に同意する』にチェックを入れ、確認画面で問題がなければ登録が完了します。

これでスタバカード本来のメリットを、十分に活かすことが可能に!会員登録は面倒でしたが、ちょっとテンションが上がりました!

■スタバカードを登録するメリット

スタバカードを登録すると、『Starbucks® Rewards』に参加して、『Star』を貯めることができます。

『Star』は、スタバカードを使った支払いで、税込み54円ごとに1つ貯まります。1年間で『Star』の数を250集めると、『Green Star会員』から『Gold Star会員』に昇格!

そこからさらに『Star』の数を150集めるごとに、ドリンクやフード、コーヒー豆などの商品1つと交換ができる『Reward eTicket』が1枚貰えます

頻繁にスタバを利用している人なら、簡単に『Star』を貯めることができるでしょう。

ほかにも、サプライズでドリンクに使えるチケットが貰えたり、新商品の先行購入ができたりと特典がいろいろあります。

スタバカードを作ったら忘れずに登録することをおすすめします!

スタバカードを登録するメリット

・『Starbucks® Rewards』に参加でき、『Star』を集めることができる。集めることで、ドリンクやフードなどと交換できる『Reward eTicket』がもらえる。

・サプライズでドリンクに使えるチケットがもらえる。

・新商品を先行購入できるeTicketをサプライズでもらえる。

・公式アプリから事前に注文、支払いをすることができる。

・『Gold Star会員』になるとサプライズでプレゼントがもらえる。

※1年で『Star』の数を250集めないと、0にリセットされます。Gold Star会員になっても1年ごとに『Star』の数を250集めないとGreen Star会員になり、0にリセットされます。

■スタバカードのチャージ方法 残高を確認するには?

スタバカードはプリペイド式なので、残高によっては、事前にチャージしておく必要があります。

ただ、スタバカードに残高が記載されているわけではないので、見た目では金額がいくら残っているのかが分かりません。

ここでは、残高の確認方法やチャージの仕方を見ていきましょう。

■スタバカードの残高確認

残高を確認したい時は、『My Starbucks』にログインして、『登録済みカードの残高照会・管理画面』を開きましょう。『前回照会残高』の欄で残高を確認することができます。

スターバックス コーヒー 公式サイトのスクリーンショット

また、未登録のスタバカードは『未登録カードの残高照会』から、カード番号とPIN番号を入力することで確認が可能です。

スターバックス コーヒー 公式サイトのスクリーンショット

店舗にいる場合なら、直接店員にカードを渡して確認してもらうとよいでしょう。

スタバカードを使って商品を購入した場合なら、レシートにも残高は記載されています

■スタバカードのチャージ方法

スタバカードにチャージする方法は2通り。

店舗に直接行ってレジでチャージをするか、『My Starbucks』にログインして『オンライン入金』を行うかです。

スターバックス コーヒー 公式サイトのスクリーンショット

千円から1万円の間であれば、1円単位でチャージすることができます。

また、残高が少なくなったら自動的にチャージしてくれる『オートチャージサービス』もあります。こちらはクレジット情報の登録が必要です。

スターバックス コーヒー 公式サイトのスクリーンショット

残高を気にせず、いつでも使える状態にしておきたい人は活用するといいかもしれません。

■スタバカードはプレゼントにも最適 ギフトで選ばれやすい金額は?

使うだけなら会員登録も必要なく、誰でもすぐに利用できるスタバカード。

ちょっとしたプレゼントにも最適で、ギフトとして購入する人も少なくないようです。

店員に聞いたところ、千円〜3千円のスタバカードが選ばれやすいとのこと

持っていてかさばるものでもありませんし、使用期限も特にないので人を選ばずプレゼントしやすいかもしれませんね。

初めてスタバカードを作ってみましたが、やはり手軽に使えるのは嬉しいところ。

垣根が高く感じていたスタバも、これでスマートに使いこなすことができるでしょう。

まぁ、筆者はあたふたしてスタバカードを登録する前に使ってしまい、『Star』を貯められなかったんですけどね…。次回…頑張ろう!

スターバックス コーヒー 公式サイトのスクリーンショット

※スタバカードの仕様や金額などは、2020年10月現在の情報を参考にしています。


[文・構成/grape編集部]


出典
スターバックス コーヒー 公式サイト

関連記事(外部サイト)